安い除湿機おすすめ15選!自分に合ったコスパ優秀モデルとは?

moovoo編集部
2021-05-17

湿気の多い時期は快適に過ごしにくいものですね。何より困るのが洗濯物。部屋干しを考えて除湿機を購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、3万円以下の機種に絞ったおすすめの除湿機をご紹介します。

低価格モデルの中にも機能性に優れた除湿機は豊富です。用途に応じて上手に選ぶことで財布にも優しく、しかも効率的に室内の除湿をすることができるので、部屋干しも気軽にできます。

正しい除湿機の選び方について、ぜひチェックしてみてください。


安い除湿機とは?毎月の電気代にも注目

除湿機は機能性はもちろん、どれだけ広い部屋に対応しているかの目安になる「対応畳数」によっても価格帯は異なります。

価格.comの除湿機人気ランキングを見ると、一人暮らしや寝室などに使える10畳以下の広さに対応したモデルであれば1〜2万円ほどで人気上位のモデルを購入できますが、10畳以上の広さに対応した除湿機では3万円以上が一般的です。

リビングなど広い空間で使いたい方は、やや高価格になってしまうことは理解しておいた方が良いでしょう。

ただ値段が安くても、搭載されている機能にはこだわりたいものです。衣服乾燥機能や静音性などに注目すれば、便利で使い心地の良さも実感できることでしょう。また、消費電力を意識すれば電気代の節約にもつながります。

では、コストを抑えるための選び方をご紹介します。

Moovoo編集部より

  • 実際に検証して確かめました

  • Moovoo編集部では、除湿機の選び方を実際に最新商品を使って確かめました。詳しい検証結果をお知りになりたい方は、こちらの記事をご覧ください。

除湿方式で選ぶ

まずは除湿方式に注目しましょう。一口に除湿機と言っても除湿をするための仕組みに違いがあり、それぞれメリット・デメリットがあるので、慎重に選ぶ必要があります。

電気代を抑えて除湿できる「コンプレッサー式」
空気を冷やして水分を除去するタイプです。除湿力で決めるなら、コンプレッサー式一択となるでしょう。梅雨の時期や夏場などには、特に威力を発揮します。消費電力も比較的少なく、室温の上昇も最低限に抑えられます。

デメリットは、コンプレッサーの作動音や本体サイズが大きめになる傾向があるので、置き場所を決めてから商品を選ぶようにしましょう。

衣類乾燥に優れた「デシカント式」
吸い込んだ空気を、ヒーターの熱によって乾燥させて放出します。ヒーターを使用するので室温の上昇は大きめですが、冬場の使用には適しています。衣類乾燥の能力にも優れているのも特徴です。比較的コンパクトな機種が多いので、置き場所で悩んでいる方にもおすすめ。

デメリットとしては、ヒーターを使うので消費電力が大きく、ランニングコストが高くなりがちです。

小型で軽量「ペルチェ式」
半導体式とも呼ばれます。コンプレッサーを使わないので静音タイプが多く、夜間の除湿に最適です。コンパクトな設計が可能なため、どこにでも置けるというメリットもあります。

除湿能力は他のタイプに比べると弱くなりますが、2台目の除湿機として使う場合や、とにかく安い除湿機が欲しいという方にはおすすめです。排水タンク容量が少ない機種が多いので、排水頻度が増えてしまうことには注意。

用途に応じて選ぼう

安い除湿機でも衣類乾燥に対応している機種もありますが、できるだけ除湿能力が高い機種を選ぶようにしましょう。デシカント式ならヒーター熱によって、効率的に衣類を乾燥させることができます。

消臭機能が搭載されている機種や風向きを自在に変えられるタイプを選ぶと、より利便性が高まります。風をダイレクトに衣類へ送ることができれば効率的な乾燥ができるため、乾き残しもなく、電気代の節約にもなるでしょう。

置き場所に悩んでいる方は、コンパクトタイプの選択を。中には、机の上に置けるほど小さなサイズの除湿機もあります。5,000円以下の安いコンパクトタイプでも、排水タンクが満水になると自動停止する機能が搭載されている商品もあるので、合わせてチェックしてみてください。

排水タンクの容量もチェック

外出時や睡眠時に使う機会が多いなら、タンク容量が大きいタイプがおすすめです。排水頻度が少なくなるので手間が省けるうえ、長時間の運転も可能になります。

限られた範囲の除湿に使用する場合には、排水タンク容量が1リットル以下でも十分な機能を発揮します。水を捨てる頻度は増えますが、タンクの容量が増えるほど本体のサイズも大きくなるので注意が必要です。

お手入れのしやすさにも注目

フィルターと排水タンクのこまめなお手入れは欠かせません。頻度としては約2週間に1度が理想です。

少しでも手入れの手間を軽減するために、フィルターの清掃が容易な構造や、排水タンクの取り外しが簡単な機種を選びましょう。なかには、お手入れがしやすいように工夫された吸入口を採用しているタイプもあるので、各機種の特徴をよく見ながら、比較検討してみてください。

3万円以下、安い除湿機おすすめ15選

2万円台の機種には、ハイスペックモデルにも劣らない機能を持つ除湿機もあります。一方、5,000円前後のコンパクトタイプは、どうしても機能が限られてしまいますが、押し入れの湿気取りや机上で使ったり、2台目として活用するなど用途によって十分能力を発揮してくれるでしょう。

使用する場所や使いたい機能を意識しながら、お気に入りの機種を見つけてみてください。

おすすめ①
  • SHARP(シャープ)
  • 衣類乾燥除湿機 2020年モデル CV-L71

  • 税込み20,888円
  • プラズマクラスターで生乾き臭にならない!

  • 横幅30cmで、設置面積がほぼA4サイズと変わらないコンパクトな除湿機です。小型なので洗面所に置いても邪魔にならず、洗濯乾燥時に重宝します。

CV-L71のうれしい機能は、3~6時間運転することにより衣類の生乾き臭・汗臭を消す約8畳分のプラズマクラスターを搭載していること。天気の悪い日が続くシーズンに、大活躍する除湿機です。コンパクトサイズながら、本体のガード付ルーバーから広い範囲に風を送ることができるので、効率的に衣類を乾燥します。

部屋に置いた場合も、タバコやカビの付着臭を分解・除去します。除湿・乾燥で爽やかな空気に変えながら、嫌な臭いを消してくれる優れた機能です。本体重量9.4kgのハンドル付きで、場所の移動が楽に行えます。排水タンクにはハンドルがあるのでお手入れも簡単。1日の除湿量は約6.3~7.1Lです。

おすすめ②
  • トヨトミ
  • デシカント式除湿機 TD-Z80J

  • 税込み23,463円
  • 冬の洗濯物もパワフル速乾!

  • 衣類を素早く乾燥させるパワフルな除湿器です。メーカーテストでは、2㎏の洗濯物を約108分で乾燥。冬場も除湿能力が落ちないデシカント式です。

除湿能力は1日8ℓと高く、木造戸建てで10畳、鉄筋住宅は20畳までの除湿に対応しています。パワフルでありつつ、コンパクトなサイズもポイント。高さ47.6cm×幅21.2cm×奥行き32cmの縦長フォルムはせまいすき間にも収まり、押入れの除湿にも最適です。

衣類乾燥は、多めと少なめ、2つのモードを乾かす衣服の量によって選択可能です。パワフルに乾かす多めモードは、どうしても室温が高くなるため、暑い時期に衣類乾燥する場合は、少なめモードの選択をおすすめします。目的に合わせて風向きを選べるオートルーバー機能を搭載。衣類乾燥・押入れ除湿・窓の結露対策と、シーンに合わせて効率よく除湿できます。

おすすめ③
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 衣類乾燥除湿機(デシカント式) IJD-H20

  • 税込み9,480円
  • 冬場の強い味方!カビや湿気対策にもおすすめのデシカント式

  • 空気を熱で乾燥させるデシカント式の衣類乾燥除湿機です。ヒーター熱で乾燥風を吹き出すため、効率よく衣類を除湿・乾燥させます。

タンク容量2L・除湿能力1日2.2Lに加え、1時間10円の省電力がうれしいポイント。使用頻度が高くても、コスト面は安心です。風向きは自在にコントロールできるため、衣服量に応じて効率的に乾かせます。

置き場所を選ばない縦型のシンプルなデザインで、しかも4.4kgと軽量タイプ。革靴のカビ予防や窓の結露を取りたいときも、持ち運びの手間なく使えます。運転音が約34dbの静音設計なので、睡眠時に使うのもおすすめです。蓋付きの排水タンクで水がこぼれず、2階の部屋へ運ぶときも扱いやすいでしょう。

おすすめ④
  • ZepSon
  • 除湿機

  • 税込み4,599円
  • 押し入れや靴箱にも使えるコンパクト設計

  • 直径14.5cmの円柱形で、高さも21.7cmとコンパクトな除湿機です。小さいながらも約10畳の部屋を除湿するパワーがあります。

パワフルでリーズナブルな価格がうれしい除湿機です。除湿能力1日300ml・タンク容量900mlのコンパクトタイプで、押し入れや靴箱といった狭い場所でも活躍します。大切なファッションアイテムや布団を、カビから守りましょう。運転音の大きさは図書館より静かな35dbなので、夜間でもうるさくありません。お気に入りの服も朝にはカラッと気持ちよく着れますよ。

排水や運転操作など、すべての機能はシンプルです。機械が苦手な方でも戸惑わず使えるでしょう。安くて使いやすい除湿機を探している方に最適です。

おすすめ⑤
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • セット衣類乾燥除湿機 DDB-20 × 洗濯物干し 約5人用

  • 税込み12,305円
  • 洗濯もの干しにうれしいセット品!

  • 除湿機と洗濯物干しのセット品。どちらもコンパクト&機能的で、雨の日の洗濯に活躍する商品です。使わないときも収納スペースを取らないので邪魔になりません。

除湿機は幅29cm×奥行19cmのスリムな縦型で、洗濯物干しは畳めるタイプです。どちらも使わないシーズンはちょっとした隙間に収納できるおすすめセットです。除湿能力は1日6L前後・タンク容量1.8Lと大容量。家族5人分の洗濯ものでも力を発揮します。

洗濯もの干しも同様に、5人分の衣類を掛けることができます。何度も洗濯と干す作業を繰り返さなくてOK、一気に洗っても大丈夫です。運転音は安眠を妨げない34db。4時間と8時間のオフタイマー付きで、消し忘れを避けられます。

おすすめ⑥
  • KOHINS
  • 除湿機

  • 税込み9,028円
  • 最大14畳まで対応のコスパ◎除湿機

  • コンパクトながら1日の除湿量400~450ml、タンク容量1000mlの大容量です。14畳ある部屋にも対応できて低価格。魅力たっぷりの除湿機です。

コンプレッサーを使わないベルチェ式で、消費電力の低い省エネタイプです。家計にやさしく、頻繁に除湿機を使いたい方に向いています。操作もプラグを繋いでワンタッチ式だから簡単です。

カビを防止しタンクが満タンになったら自動で停止する機能が付いています。ほかにも静音・空気清浄といったうれしい機能があり、十分満足できる製品です。

おすすめ⑦
  • ベルソス(VERSOS)
  • ミニ除湿機 VS-513

  • 税込み4,400円
  • すっきりおしゃれなデザイン

  • 押し入れやクローゼットの狭い空間にぴったり。ワンタッチの楽な操作も魅力的です。

またまた4,000円台で手に入る破格の除湿機。お部屋のインテリアにも調和するシンプルなデザインで、寸法は14.5×14.5×21.8cmと机にも置けるコンパクトさ。

本体が小さいため、タンク容量は900ml、1日の除湿量は250mlと少なめですが、どこにでも置きやすい小さな除湿機が欲しい人には、ぴったりでしょう。

おすすめ⑧
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 除湿機 IJC-J56

  • 税込み14,800円
  • コンパクトだけどパワフル

  • 消費電力の少ないコンプレッサー式。水を湿度設定を60%、50%、40%の三段階の中から選ぶことができます。

コンプレッサー式にもかかわらず、サイズは25×23×38.3cmとコンパクトな大きさなので、リビングだけでなくクローゼット等に置くことも可能。

オートオフ機能がついているので、外出時などにうっかり切り忘れていても設定しておけば12時間、または24時間で自動停止するので安心です。また、除湿すると水タンクに水が溜まり排水がめんどうなこともありますが、 IJC-J56なら市販のホースで連続排水ができとても便利です。

おすすめ⑨
  • パナソニック
  • 衣類乾燥除湿機 F-YZT60

  • 税込み22,345円
  • 高機能を妥協したくない人に

  • デシカント方式で小さめなコンパクトサイズ。ハンドルがついているので、女性でも持ち運びがカンタンです。

コンパクトな除湿機は送風範囲が狭いことがほとんどですが、こちらのF-YZT60は110cmまで届くので、洗濯物を乾かすのにも最適です。デシカント方式なので静音性の高さもGOOD。

独自の「カラッとキープモード」機能により、定期的に温度・湿度とその変化度合いを確かめてくれるので、衣類のジメジメ感も軽減されるでしょう。

お値段は安めとは言い難いですが、高機能をベースに考えるとコスパは高いと言えます。

おすすめ⑩
  • SUNGYIN
  • 除湿機

  • 税込み5,380円
  • Amazon限定ブランドのペルチェ式除湿機

  • 小さく可愛らしい除湿機。特徴的なRGBライトは、夜間照明などにもぴったりです。

静音設計や省エネ機能に優れたペルチェ式の除湿機。24.5×14.5×14.5cmの小さめな除湿機なので、押し入れやクローゼットが狭くても安心。ワンタッチ操作で、お年寄りや子どもでも簡単に使うことができます。

除湿能力は1日250ml、タンク容量860mlで、15㎡までの除湿に対応しています。

リビングなどの広い空間ではなくピンポイントに除湿を行いたい人や、とにかく安い除湿機が欲しいという人におすすめです。

おすすめ⑪
  • Corlitec
  • 除湿機 衣類乾燥機

  • 税込み22,950円
  • しっかり除湿でカラッと空気に!

  • 大きな吸収口が湿気や臭い・細菌・花粉を取り除きます。1日に12L分の湿気を取り、ジメジメしない清潔な空気になって放出する優れものです。

気になる電気代も1時間5円の省エネタイプ。鉄筋の建物なら30畳分の威力がある同等品と比べて、約半分の安さです。

また衣類乾燥モードがあり、吹き出し口の向きが直接洗濯ものにあたる設計です。効率よく洗濯ものが乾き、うっとおしい雨の日もストレスフリー。カラッと洗濯ものを乾かせませす。除湿量に比べてタンクが2Lと小さめなので、湿気の多い日は連続排水ホースを活用してください。

おすすめ⑫
  • 山善(YAMAZEN)
  • 衣類乾燥除湿機 YDC-C60

  • 税込み13,000円
  • 湿度設定や送風方向など機能が充実

  • コンプレッサー式で高温時に除湿力が高く、夏場にもぴったりな除湿機です。

湿度の設定は、40%~70%の間で5%単位ごとの7段階に細かく調節できます。送風方向は90度までの3段階に切り替えられるので、洗濯物を乾かす時などは直接風を当てられて便利。消費電力も180Wと省エネ効果も高めです。

本体重量は11.68kgとやや重めですが、除湿効果の高さを求める人にはおすすめな除湿機です。

おすすめ⑬
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 衣類乾燥除湿機IJD-I50

  • 税込み15,781円
  • 単独運転ができるサーキュレーターで時短乾燥!

  • 洗濯ものの乾燥に特化した機能付きの除湿機です。上部に角度が変えられるサーキュレーターがあり、直接風をあてることができます。

衣類の乾燥速度は95分と、自然乾燥よりも大幅に短縮できるのがうれしいポイントです。しかもサーキュレーターは左右・上下に首を振ります。洗濯ものが多くて広範囲に部屋干している家庭でも、問題なく使える商品です。

除湿能力は1日5Lで、タンクは2.5Lの水を溜められます。運転音は29㏈と静かなので、夜中のうちに洗濯ものを乾かしたい方にぴったりです。

おすすめ⑭
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H65

  • 税込み13,110円
  • 湿気を飛ばしてスピード乾燥!

  • コンプレッサー方式の衣類乾燥除湿機です。洗濯ものを乾かしながら、部屋の空気をカラリと快適にします。洗濯ものの湿気を部屋に充満させない優れものです。

洗濯ものの前に除湿機を置き、強力な乾燥風をダイレクトにあてます。洗濯ものからでる湿気は乾燥風の流れに乗り、大きな吸湿口が吸い込む仕組みです。メーカーの調べでは、通常の部屋干しより乾燥時間を約70%カットできるとのこと。2kgの洗濯ものなら110分で乾きます。

乾燥風が出るオートルーバーは、90°の範囲で上下に動きます。カーテンレールや物干しスタンドの高低差を気にせず、洗濯ものをムラなく乾かせる除湿機です。1日の除湿量は5.5L、タンクの大きさは2.5L。1時間あたりの電気代は約5円の省エネタイプです。

おすすめ⑮
  • ディーマ ミニ除湿機DEM-CS10M

  • 税込み3,980円
  • 半永久的に使える次世代除湿機

  • Absorballという除湿ペレットを使い、電源不要な状態でカラリとした空気にします。市販の使い捨て除湿剤を超える能力があり、繰り返し使える次世代型です。

除湿能力は約75mlで、15日間連続使用できます。仕組みはペレットがオレンジからブラックに変わったら、電源を入れて乾燥。12~15時間でペレットはオレンジ色に戻ります。半永久的に繰り返し使える、エコな製品です。

吸湿口は360°なので置く向きにかかわらず活躍しますが、広さは約3畳のため部屋や洗濯ものの除湿には向いていません。下駄箱・食品庫・押入れといったスペースで使いましょう。毎年湿気取りを買い変えている方なら、繰り返し使えてお得です。

価格以上の除湿機を選んで室内を快適に!

白いカーテンと花瓶

機能と用途を絞って選べば、安い除湿機でも十分に活躍してくれます。コスパの高さと機能性を天秤に掛けながら、最適な除湿機を選んでみましょう。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

家電

>

安い除湿機おすすめ15選!自分に合ったコスパ優秀モデルとは?


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!