軽量で持ち運べる!折りたたみ自転車のおすすめ車種を人気メーカーからご紹介します!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

乗り物

>

軽量で持ち運べる!折りたたみ自転車のおすすめ車種を人気メーカーからご紹介します!

軽量で持ち運べる!折りたたみ自転車のおすすめ車種を人気メーカーからご紹介します!

presstock
2019-03-19
×

シェアする


折りたたみ自転車の魅力

落ち葉と折りたたみ自転車

一台持っていると何かと便利な折りたたみ自転車。ちょっとした距離の移動から、通勤通学、アウトドアシーンでのお供など、活躍の場も拡がってきています。折りたためばサイズが小さくなりますので、オフィスの片隅に置いたり、電車の中に持ち込めたりするので大変人気があります。ワンルームマンションのような狭いお部屋の中におけるというのも魅力ですね。インテリア装飾としても成立してしまうようにカタチがおしゃれなものも増えてきました。セカンドバイクとして利用されてる方も多いですね。

さて、この折りたたみ自転車ですが、人気カテゴリーゆえに、各メーカーもこぞって発売しているので、かなり多くの車種が市場に出ています。いざ新規購入しようとなると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

輪行するなら軽量折りたたみ自転車が最適

折りたたみ自転車のメリットとして大きいと思われるのが「持ち運び可能」というところです。持ち運びできれば、車にも積めますし、電車にも持ち込めます。この持ち運びというところに着目しますと「折りたたみ状態でのサイズ」「重量」というのが折りたたみ自転車選びの基準になってきますね。電車やバスなどの公共の交通機関で自転車を運び、それら交通機関から降りたら自転車に乗って移動することを輪行と呼びます。輪行することで、自転車だけでは行けないような長距離の旅が可能になり楽しみが広がりますよね。今回は輪行を目的とし「軽量」「コンパクト」をキーワードに折りたたみ自転車を探していきましょう。

折りたたみ自転車を発売している人気メーカーをご紹介

折りたたみ自転車は現在、様々なメーカーから発売されています。自転車メーカーはもちろんのこと、アウトドアのメーカーや雑貨メーカー、クラウドファウンディングで資金募集しているインディーズメーカーなどからも発売されています。さまざまなメーカーが独自のアイディアを盛り込んでいるので魅力的な商品が多いのも事実ですが、構造欠陥から事故が起こるケースなどもごく稀に見受けられます。自転車選びの基準としては、やはり安全性も重要ですよね。そこで、ここでは絞り込み要素として、折りたたみ自転車で一定の評価を受けているメーカーをご紹介していきます。

DAHON(ダホン)

折りたたみ自転車の開発から始まったDAHON。折りたたみ自転車専門メーカーです。日本仕様のDAHONとインターナショナル仕様のDAHON INTERNATIONALの2ラインが市場に出ています。専門メーカーだけあって安価なものから高級車までラインナップが豊富です。輪行しやすい軽量車も数多く発売しています。全世界35か国で販売実績があり、折りたたみ自転車に正面から向き合っているメーカーですので信頼性は高いです。また、クセのないデザイン・カラーリングはどなたにも受け入れやすいとも言えます。迷ったらDAHONをおすすめします。

RENAULT(ルノー)

自動車メーカーとして知られるルノーからも折りたたみ自転車が発売されています。比較的安価で手に入りやすいので、街で見かけることの多い人気メーカーです。折りたたみ自転車をはじめとしたミニベロ(小径車)を主力商品に据えているため、そのラインナップも豊富です。そして超軽量ともいえる10Kg以下の折りたたみ自転車が多いのも特徴として挙げられます。もともとがフランスのメーカーでおしゃれなイメージがありますので、女性からの支持も高そうです。

HUMMER(ハマー)

大型SUVの有名自動車ブランドの名前を冠したHUMMER(ハマー)。そのブランドイメージのように自転車も極太タイヤのいかついフォルムが人気です。そんなHUMMERからも折りたたみ自転車が発売されています。軽いもので15Kg前後ということで、超軽量とまではいきませんが、男性の方なら問題なく持ち運べるのではないでしょうか?全体的に自動車同様濃い目のテイストですので、折りたたみ自転車に精悍さや武骨さを求める方におすすめです!

ブリヂストン

信頼の日本メーカーであるブリヂストンも折りたたみ自転車のラインナップを用意しています。1980年代に、日本での折りたたみ自転車のパイオニアとなったワンタッチピクニカは、当時の技術を結集した名車と呼ばれ、今でも高い人気を誇っています。その精神は現在にも引き継がれており、シンプルながらもこだわりの設計がされた折りたたみ自転車が発売されています。日本のメーカーは、出先でトラブルにあっても対応できる自転車屋さんが多いのが安心ポイントですね。安心感を求めるのであれば、ブリヂストンをおすすめします。

Jeep(ジープ)

前述のHUMMERと同じく自動車ブランドの名を冠したJeep(ジープ)。こちらのブランドも武骨な印象の折りたたみ自転車を発売しています。HUMMERと比較すると、若干スマートな印象ですが、溶接などはしっかりしているとの評価があります。一般社団法人自転車協会の安全基準BAAに適合しているのも安心ポイント。17Kg前後なので軽量といっても男性向きでしょうか。カモフラージュ柄など個性的なカラーリングがあるのも特徴です。

おすすめ軽量折りたたみ自転車4選

折りたたみ自転車の定番メーカーをいくつかご紹介してきましたが、実際のおすすめ車種も併せてご紹介していきたいと思います。今回は輪行しやすい15Kg以下の軽量モデルを中心にピックアップしていきます。写真をタップすることで購入サイトにもリンクしますので参考にしてみてください。

DAHON(ダホン) SUV D6

DAHONのエントリーモデルになります。手ごろな価格(実勢価格3万円台)なので、折りたたみ自転車は初めてという方におすすめです。13.4kgと超軽量というわけではないですが、女性にも持ち運べる重量ではあります。デザインもシンプルなので、どんなファッションにも違和感なくマッチします。街乗りに最適な一台といっていいでしょう。前年度モデルもまだ残ってますので、さらにお安く購入したいという方にはそちらもおすすめです。

RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT6

RENAULTからはPLATINUM LIGHT6をセレクト。この自転車のおすすめポイントはなんといってもその重量。なんと本体重量6.8kg!超軽量といってもいいかと思います。この重さであれば女性でも軽々と持ち運べますし、電車での輪行も邪魔になりにくいです。各部品を軽量化することでここまで重量を落とすことに成功したとのことです。超軽量となると極端に小さなホイールのものが多いのですが、こちらは14インチ確保されていますので、走行にも支障がありません。

DAHON(ダホン) K3

DAHONの超軽量モデルもご紹介します。こちらはRENAULT PLATINUM LIGHT6の競合モデルとも言えます。こちらの特徴としてはクランクが大きいこと。そのため14インチサイズでありながら、高速走行も可能になっています。本体重量はRENAULT PLATINUM LIGHT6より少し重い7.8Kgとなっていますが、非常に軽く感じます。コンパクトでありながら、そこそこスピードのある走りも楽しみたいという方におすすめします。お値段は少々張りますがとてもバランスのいいモデルです。

ブリヂストン グリーンレーベル シルヴァ6F6

ブリヂストンからはシルヴァシリーズのベーシックモデルF6Fをピックアップしました。ベーシックモデルというだけあり、そつのないつくりです。タイヤが太めなので安定した走行が期待できます。重量は12.4kgとまずまずの軽さです。走行中に外れることのない2重ロック機構など、安全面の配慮もされた優等生。ライトが標準装備というのは地味にうれしいポイントですね。オプションも充実してますし、手抜きのない感じが好感度高いです。安心安全を重要視される方には特におすすめしたいです。

まとめ

今回は「輪行しやすい」という基準でおすすめ折りたたみ自転車を紹介してきました。自転車を電車や車に乗せられるとなると行動範囲も拡がりますし、週末遠出もしたくなりますよね。楽しみの幅がぐんと広がるかと思います。通勤や通学にも使えますし、日本の住宅事情にもあった、とても便利なものだと思いますので、いちどご検討してみてもいいかもしれません。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!