HOME

>

アウトドア

>

キャンプの朝ごはんにおすすめ。手軽に作れるカートンドッグ!【グピコズの初心者キャンプ術!#18】

キャンプの朝ごはんにおすすめ。手軽に作れるカートンドッグ!【グピコズの初心者キャンプ術!#18】

Kodai Watanuki
2019-02-21
2019-07-05

よしもと興業所属・グッピーこずえさんのYoutubeチャンネル『こずちゃんネル。』とmoovooのコラボ企画!毎週木曜日にアウトドアのコンテンツを配信します。
今回はグッピーこずえのキャンプ道具BOXを大公開!キャンプに必要なアイテムを紹介していきます!!

こずちゃんネル。 アウトドアとか、旅とか、DIYしながら楽しくやってまーす。毎週月・木・金・土の19時に更新〜♪ チャンネル登録はこちらから!
moovoo LINE@ こずちゃんネル。のコラボ企画など、週1〜2回程度でオススメ記事を配信しています。 友だち追加

家の中では作れない料理を楽しむことができるのもキャンプの醍醐味の一つです。
今回紹介する「カートンドッグ」は、なんと牛乳パックを燃やして作ることができるんです!
他の燃料もいらず、手軽にホットドッグを作ることができるので朝ごはんにもぴったりです。

カートンドッグとは

カートンドッグとは

牛乳パックを燃料として火を通すホットドッグです。
準備をするのに面倒な炭や薪を使わずに調理することができます。

作り方は簡単で、ホットドッグをアルミホイルで包み、それを牛乳パックに入れて、牛乳パックに火を通すだけ。
牛乳パックが焼けきったらアツアツのホットドッグが完成されています。

「牛乳パックを燃やす」という斬新さから見ている方も楽しくなること間違いなしです!!

用意する材料/道具

▪️コッペパン
▪️キャベツ(レタス)
▪️ウインナー
▪️塩
▪️ケチャップ
▪️マスタード
▪️チーズ(必要であれば)

▪️焚き火台
▪️牛乳パック
▪️アルミホイル
▪️ガスバーナー
▪️トングor防熱手袋

直火はNGのキャンプ場が多いため、調理する際は焚き火台を使うようにしましょう。

カートンドッグの作り方

コッペパンに切り込みを入れ、キャベツを挟みます。

その上から塩を振り、ウインナーを挟んだらホットドッグの準備は完成です。

アルミホイルで巻く

次にアルミホイルで2回ほど優しく包み込むように巻いていきます。

きっちり詰めすぎず、中に空気が入るように包むことがポイント。
全体を程よく蒸し焼きにすることができ、表面の焦げ防止にも繋がります!


アルミホイルで巻くことができたら、牛乳パックに入れて口の方から火をつけましょう。

牛乳パックを焼く

あとはパックが焼けきるのを待つだけ!
時間もあまりかからないので何かと準備のかかる朝にはちょうどいいでしょう。

ただし、直接火を使っているため、小さい子供がいる場合は十分に注意してください!

カートンドッグ完成

アルミホイルを開けたら完成です!
少し焦げ目が付いているくらいが美味しく出来上がっている証拠です。

お好みでケチャップやマスタードをかけていただきましょう。

まとめ

家庭で出てしまう牛乳パックを利用した調理の紹介でした。

美味しさ以上に、アルミホイルを開けた時のワクワク感がたまらないです...。

親子や友達とも楽しく作ることができるため、キャンプでの朝ごはんにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!