moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

大人気のクラフトビールとは?人気の種類についても紹介

中間睦月
2019-02-12
  • LINE友だち追加


様々な種類のお酒が登場しておりブームを巻き起こしている現代で、非常に注目されているのがクラフトビールです。
ビールはお酒の定番であり、20代の若者から50代・60代まで幅広い世代に好まれています。
では、クラフトビールとは一体どのようなお酒なのか。
ここからは、クラフトビールについて特徴や製造方法を説明し、さらに人気があるおすすめのクラフトビールとはどの銘柄かを発表し解説していきます。

クラフトビールとは

クラフトビールとは、小さな醸造所で作られている個性的な味わいのビールのことです。
大量生産されているビールと違い、クラフトビールとは職人が作ることが名前の由来となっており、今からおよそ20年前頃から製造が開始されています。最近になり、クラフトビールを専門に扱う醸造所が増えてきており、日本のクラフトビールは世界でも高く評価されています。
日本は世界に比べビールの種類が元々少なく、多様性がないお酒のジャンルでしたがクラフトビールの登場により印象が変わってきています。

クラフトビールとはどんな特徴があるか

クラフトビールとはこだわりが強いお酒であることがわかりましたが、主な特徴とは何なのか。
さらに詳細を詳しく知るために、クラフトビールの味や原料などについて解説していきます。

クラフトビールの種類

クラフトビールとは、種類は大きく分けて3つあります。
一つはラガービールで、飲みやすい口当たりをしており多くの人に選ばれている種類です。
名前にもなっているラガー酵母を使用しており、およそ5度でじっくりと発酵させて作られています。
そして、続いての種類がエールビールとなります。
エールビールは海外のクラフトビールに多く見られ、味の特徴としては甘味があり色にも特徴のある銘柄が多いです。
上面発酵酵母を使用しており、およそ20度で発酵をさせて製造されています。
最後になるクラフトビールとは自然発酵系と言われる種類です。
自然の酵母をそのまま使用しており、味の特徴としては酸味が非常に強く、香りも個性的なビールとなります。
海外のクラフトビールには多く見られる種類で、ビール特有の苦味が得意でない方にとっても飲みやすい種類です。

クラフトビールとは地ビールと同じ?

クラフトビールとは、個性的な味わいで大量生産はされていないビールとなります。
では、クラフトビールとは地ビールと同じなのでしょうか。
混同されやすい両者ですが、実はクラフトビールとは地ビールと意味は同じです。
クラフトビールとは世界的に呼ばれている名称になるため、日本も標準をあわせて地ビールという名前からクラフトビールに変えたとされています。職人がこだわりを持ち、個性を活かした少量生産のお酒という観点には違いがなく、定義としては同じ種類のお酒であると言えます。

クラフトビールのポイントとは

クラフトビールとは、わかりやすく例えるのであれば希少なビールと言えます。
クラフトビールとは製造される時期や量が事前に決められていることが多く、入手することは大量生産をされて一般的に出回っているビールに比べて難しいです。
さらに、一般的なビールに比べてクラフトビールとは味に多様性があり、苦味が強いものから甘味があるもの、また、酸味があるものまで特徴が様々です。
そして、クラフトビールとは主にバーや専門店など、大衆的な居酒屋では取り扱いがないため口にできる場所も少なくなっています。
大手のビールメーカーとは違い、クラフトビールは専門性を持ったお酒と言えます。

クラフトビールとは料理との相性はどうなのか

ビールは食事とあわせて楽しむ人も多くいます。
大手ビール会社が製造している銘柄は、基本的にこだわりはなくビールが好きでとりあえず飲んでいるという印象です。
しかし、クラフトビールとは料理との相性を非常に重んじる傾向があり、料理によってクラフトビールの種類を変えて提供されます。
例えば、魚料理に合わせるのであればエールビールがよく合います。そして、塩気のある料理に合わせる場合は辛味があるクラフトビールと相性が良いです。
ワインに近い感覚でクラフトビールとは料理に対して選ばれており、お店によっては大量生産のビールは置かず、クラフトビールのみを扱い提供しているところもあります。

人気のクラフトビールとは

ここまで、クラフトビールとはどのようなものかを説明してきました。
では、気になる人気のクラフトビールとはどの銘柄かを紹介していきます。

南信州ビールりんごの発泡酒 アップルホップ

クラフトビールの画像

リンゴを使い製造されている珍しいクラフトビールで、甘味があり飲みやすいことが特徴として挙げられます。
女性からの人気が高く、ビール特有の苦味が苦手な人にとってはおすすめです。
アルコール度数は6.5%で、大量生産されているビールに比べると若干高い数値となります。
価格は500円ほどで販売されており、数あるクラフトビールの中でも人気がある有名な銘柄です。

銀河高原ビール 小麦のビール [ 350ml×24本 ]

クラフトビールの画像

岩手で製造されている人気のクラフトビールで、スーパーでも扱われていることもあり、比較的手に入れやすいクラフトビールです。
甘味がある味が特徴で、泡も含めて口当たりが良く、クラフトビール初心者でも飲みやすくなっています。
価格も280円ほどと非常に安いため購入しやすく、アルコール度数も5%となるため通常のビールとほぼ変わらない銘柄です。

サントリー クラフトセレクトIPA

クラフトビールの画像

お酒の製造で有名なサントリーが製造しているクラフトビールで、柑橘系の味わいとなっており、酸味もありつつビール特有の苦味も表現しています。
アルコール度数は6.5%となるため、ビールにしては少し強い数値です。
クラフトビールの中でも味が個性的なため、上級者向けの銘柄と言えます。

よなよなエール

クラフトビールの画像

エールビールとなる種類で、レモンを使った柑橘系の味わいとなるクラフトビールです。
日本だけでなく世界的にも評価されている銘柄であり、苦味も絶妙で初心者でもビールが苦手な方でも飲みやすくなっています。
価格はおよそ250円で、アルコール度数は5.5%です。色も綺麗で、見ているだけでも癒されます。

伊勢角屋麦酒 ペールエール

クラフトビールの画像

三重県の伊勢で製造されている人気のクラフトビールです。
苦味があまりなく、ビールが苦手な人も飲みやすい味わいとなっています。
絶妙な甘味があり、特に女性からは高い人気を集めているクラフトビールです。
香草系の料理と相性が良いため、バルスタイルのお店では扱われていることがあります。
価格は480円で、アルコール度数は5%と飲みやすい数値です。

まとめ

クラフトビールは大量生産されているビールとは違い、小さな醸造所が製造しているため少量生産となります。
個性的な味が特徴で、変わったビールを飲みたい時はおすすめです。
流行りのクラフトビールは、幅広い世代に愛されています。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!