電動歯ブラシの選び方について!おすすめ商品も紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

電動歯ブラシの選び方について!おすすめ商品も紹介!

電動歯ブラシの選び方について!おすすめ商品も紹介!

中間睦月
2019-01-29

歯や歯茎の病気に近年注目が集まっており、電動歯ブラシは予防に向けての効果を含め期待がされています。
一度購入すると長く利用したいと考えることから、重要になってくるのが電動歯ブラシの選び方です。
ここからは、適切な電動歯ブラシの選び方とはどの様な点を意識するのか。そして、おすすめの商品についても解説していきます。

電動歯ブラシのメリット

電動歯ブラシが発売されている理由として、メリットがいくつか挙げられます。
今まで電動歯ブラシを使ったことがない方も、メリットを知ることで必要性を理解することができます。
まずは電動歯ブラシのメリットについて理解するところから始めます。

時間短縮

代表的なメリットとして挙げられるのが、歯磨きの時間短縮です。
やはり、しっかりと歯を磨こうとする上で、自分の手で行う場合どうしても時間がかかります。
電動歯ブラシであれば、細かく毛先が振動をすることで汚れをきちんと除去し、手動で行う歯磨きに比べて大きく時間短縮に繋がります。

歯垢除去率が高い

そして、電動歯ブラシを使うことで歯垢の除去率は圧倒的に高くなります。
手で行う歯磨きでは、電動歯ブラシによる毛先の振動を表現することは不可能と言えます。
手動の歯磨きでは届かなかった汚れも電動歯ブラシを使うことで除去できる様になり、さらに奥深くにある汚れにも細かな振動により落とすことが可能となります。
電動歯ブラシは1秒間で2万回振動する商品もあり、本来取り除くことができなかった汚れまで確実に落とすことが出来ます。
このことから、歯垢の除去率は歯周病予防にも繋がるため、健康な歯や歯茎のキープに効果が期待できます。

疲れない

そして、最後となるメリットは疲れないという点です。
手動で行う歯磨きは、自分の手を一生懸命動かさなければいけないため疲労が蓄積されます。
しかし、電動歯ブラシであれば手をゆっくりとスライドさせるだけで良いため、疲労度の違いは雲泥の差です。
それでいて、汚れを除去する効果も高まるとなれば、圧倒的に電動歯ブラシの方が良いと言えます。

電動歯ブラシの選び方とは

電動歯ブラシには、手動と比較してメリットがあることがわかりました。
では、電動歯ブラシを購入するとなった際、選び方としてどの様な点に注意するべきかを紹介していきます。

駆動方式

電動歯ブラシには「音波ブラシ」「超音波ブラシ」「回転歯ブラシ」と大きく3種類の駆動方式があります。
音波ブラシとは、振動回数が多く小さな隙間に入り込んでいる汚れまできちんと落としてくれる製品です。毛先の振動だけでなく、水を使って汚れを落とすことが特徴です。

そして、超音波ブラシは最も新しい電動歯ブラシの駆動方式であり、音波ブラシと比較するとさらに毛先の振動回数は多くなります。
そのため、歯垢を除去する力は最も強く、汚れを浮かして取るイメージです。
細かい動作となる駆動方式のため、自分で手を動かす必要があります。

回転歯ブラシは、上記二つより振動回数こそ少ないですが、しっかりと汚れを除去することができるタイプです。
1分間におよそ3,000回の振動をする商品が多く、最も歯を磨いている感覚を味わえる駆動方式と言えます。
磨き終わった後の歯の感触は、3つの駆動方式の中では一番良いという声が多いです。
基本的な選び方の知識として、まずは押さえておくべき点と言えます。

ヘッドの大きさ

ヘッドとは毛がついている部分のことで、これは通常の歯ブラシでも意識をする点となるため、イメージしやすい選び方です。
大きいヘッドの方が歯の磨きやすさはありますが、奥歯などを磨く際は届きづらくなる傾向があります。
その場合は、小さめにするなど自分の口のサイズに合わせた選び方をすることが大切です。

バッテリー

電動歯ブラシは当然ですがバッテリーで動きます。
自宅で使うためだけとして購入をするのか、もしくは、自宅だけでなく外出先でも使用するかで選び方は変わってきます。
そのため、どの様な方式で動かすのかを把握しておく必要があります。
電動歯ブラシには、充電式のタイプと乾電池式のタイプがあり、選び方として家庭で使用する場合は、充電式の電動歯ブラシの方が経済的です。
金銭的な要素も選び方として意識する必要があります。

子供が使う場合

電動歯ブラシを使うのは大人だけでなく、子供でも使う場合があります。
子供用として電動歯ブラシを購入する場合、選び方として歯や歯茎を傷つけない商品を選ぶことが大切です。
電動歯ブラシの種類によっては、力を入れすぎてしまっている場合押しつけ防止センサーが働くタイプがあります。
子供も使う電動歯ブラシの選び方として、むやみに傷つけない様この点には注意が必要です。

電動歯ブラシのおすすめ

電動歯ブラシを使うことのメリットや適切な選び方を理解できたところで、おすすめの商品を紹介していきます。
現在では数多くの電動歯ブラシが販売されており、選び方を理解した上でもどれにするか悩んでしまうことも多いです。
参考になる様、人気の高い商品をピックアップしていきます。

BRAUN D5015132XBK オーラルB PRO2000

電動歯ブラシの画像

電動歯ブラシの中でも人気のメーカーでBRAUNの商品で、ブラシの形が丸くなっており歯と歯茎の隙間まで綺麗に汚れを落としてくれます。子供用の電動歯ブラシの選び方で紹介した、押しつけ防止センサーが搭載されているモデルになるため、大人だけでなく子供にもおすすめです。価格はおよそ6,000円で販売されており、選び方として価格面も意識する方にとっても購入しやすい金額と言えます。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン

電動歯ブラシの画像

こちらも人気メーカーであるフィリップスの電動歯ブラシで、こちらの商品の選び方として、初めて電動歯ブラシを購入する方に最も人気があります。テレビコマーシャルも流れていたりと認知度が高いことも理由として挙げられます。動き出しはゆっくりと始まり、徐々に振動が早くなるため、初心者でも使いやすいです。最大で、1秒間に31,000回の振動を行い、しっかりと汚れを除去してくれます。
価格はおよそ4,000円と安く、購入しやすい点が人気の理由にも繋がっています。人気のメーカーという理由も選び方として正解です。

パナソニック EW-DL43-P

電動歯ブラシの画像

パナソニックの電動歯ブラシも高い人気を誇り、こちらの商品は女性から人気があります。
選び方としてポイントになっている点が、ヘッドの中心部分にあるステインオフブラシで、女性が気にするコーヒーやお茶などによって付着するステインをしっかりと除去してくれる電動歯ブラシです。歯の隙間にある汚れまで細かい毛が落としてくれるため、歯周病予防にも効果が期待できます。

まとめ

電動歯ブラシは選び方を把握しておくことで、自分に合った商品を購入することができます。
選び方の基準として、価格やデザインなど違う部分もありますが、機能や目的別によっては押さえておくべきポイントは同じです。
数多くの商品があるため、適切な選び方を知っておかなければ迷ってしまいます。
大人でも子供でも使える電動歯ブラシはあり、今後さらに商品展開が広がることを期待されています。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!