HOME

>

グッズ

>

コーヒー豆のおすすめ10選!専門店の美味しい本格コーヒーを家庭で楽しもう

コーヒー豆のおすすめ10選!専門店の美味しい本格コーヒーを家庭で楽しもう

moovoo編集部
2018-12-28
2020-05-10

コーヒー豆から淹れるレギュラーコーヒーの味わいは格別

お湯が注がれるコーヒー

食後や仕事の合間に飲むコーヒーは美味しいですよね。ほっと一息つける感覚が得られるのもコーヒーを飲む楽しみではないでしょうか。インスタントコーヒーも悪くありませんが、コーヒー豆から淹れるレギュラーコーヒーの味は格別です。この記事を参考にして、ぜひご家庭で本格的な味わいを堪能してみてください。

自分好みの味に出会うためのチェックポイント

コーヒー豆は同じ種類であってもメーカーによって味も様々です。レギュラーコーヒーを飲み慣れていないと、どれにすべきか迷うかもしれません。そこで、コーヒー豆の産地・風味・自分の飲み方の3つにポイントを絞って選んでみましょう。

育った地域で味は異なるので、気に入った産地を見つける

コーヒー豆は「コロンビア」や「ブラジル」など、産地がそのまま名称になるくらい、育つ地域によって味が変化するものです。嗜好品なので「この産地を選べば間違いなし」というアドバイスはできませんが、いろいろ飲み比べてみて自分が気に入った味の産地を覚えておき、次に購入するときの参考にすると良いでしょう。

南米産のイメージが強いコーヒー豆ですが、近年ではアジア産のものも増えてきました。インドネシアやベトナムのコーヒー豆はブレンド用にされたり、インスタントコーヒーの原料になったりすることが多いようです。もし豆を入手することができたなら、南米産と味の違いを比べて楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。

豆の種類と煎り方の組み合わせから好みの風味を見つける

コーヒー豆ごとに苦味や酸味の強さは様々です。その2つのバランスによって、「優しい」「爽やか」「甘い」「チョコレート風」「フルーティ」など多種多様な風味が生み出されます。お店では単純に苦味や酸味をそれぞれ5段階くらいで表しているだけのことが多く、このような風味は実際に飲んでみないとわかりません。

また、同じ豆であっても焙煎の仕方で大きく風味は変わってきます。基本的には浅煎りは軽い味わいで、深く煎るほど苦味が増して重い味わいに。焙煎の程度を選べるお店もあるので、浅煎りから深煎りまで試してみるのも良いでしょう。

コーヒーがあまり得意ではないという人も、いろいろ飲んでみると、おいしく飲める自分に合った風味のものが見つかるかもしれません。

豆の種類や煎り方など、自分の飲み方に適したものを選ぶ

コーヒーの飲み方は人それぞれです。ミルクたっぷりのカフェオレが良いという方もいれば、コーヒーそのものの繊細な風味を楽しめるブラックが好みの方もいます。入れる砂糖も、グラニュー糖からコーヒーシュガーまで千差万別です。

どんな飲み方をするのも自由なのがコーヒーの良いところですが、その飲み方に合ったコーヒー豆があることをご存知でしょうか。

エスプレッソ用などと書かれたものはよく目にするかもしれませんね。エスプレッソ用のように飲み方のおすすめが明記された商品はなかなかありませんが、特定の飲み方で最も美味しくなるコーヒー豆や煎り方は確かにあります。お店の人に相談しながら自分の飲み方にあった豆を見つけてみましょう。

初心者から上級者まで試していただきたいコーヒー豆のおすすめ10選!

クセはそれほど強くないものの、個性をしっかり持っているコーヒー豆を紹介します。どのコーヒーも自信をもっておすすめできるものですが、味の好みは人それぞれです。ここで紹介するものを実際に試してみて、ご自身の味覚とベストマッチするコーヒーを見つけてください。

最高品質の豆をふんだんにブレンド!加藤珈琲店「ゴールデンブレンドコーヒー」

加藤珈琲店「ゴールデンブレンドコーヒー」は、ホンジュラス産とコロンビア産のコーヒー豆を使ったブレンドコーヒー。苦味がアクセントとなっており、特にブラック派からの評判が良い商品です。コーヒーの苦味を敬遠する人もいますが、柔らかい口当たりなので嫌な感じはなく、コーヒーを本格的に飲んでみたい人の入門用にもおすすめの味でしょう。 コーヒー豆にはコーヒー品質協会が認定しているグレードがあるのですが、この商品は最高品質のQグレードを獲得した豆が3割以上ブレンドされています。品質の点でも折り紙つきなので、ぜひ一度味わってみてください。

スーパーの売り場でおなじみ!UCC「炒り豆 ゴールドスペシャル リッチブレンド」

コーヒー豆は小規模メーカーやコーヒーショップの小ロット製品が多いジャンルですが、どこでも手に入りやすい大手企業の製品としてはのAGFの「ちょっと贅沢な珈琲店レギュラーコーヒー」がベストチョイスといえるでしょう。コクがあって酸味を抑えた味はどのような人にも受け入れられる安心感があります。 ブラジル産をメインにした「スペシャル・ブレンド」、エチオピア産のモカを使った「モカ・ブレンド」、タンザニア産のキリマンジャロが贅沢な「キリマンジャロ・ブレンド」がラインナップされ、好みに応じて選べるのも大手企業製品の強みといえるでしょう。

チョコの香りがただよう!ジニスコーヒー「スペシャルティコーヒーケニアレッドマウンテン」

ジニスコーヒー「スペシャルティコーヒーケニアレッドマウンテン」は、購入してから焙煎が行われるので、一番新鮮な状態で風味を楽しめるのが魅力です。 同シリーズは10種類のラインナップが用意されているのですが、その中で特におすすめしたいのがケニアレッドマウンテン。シトラス系とチョコレート系の香りがバランスよく漂い、コーヒー豆本来の甘みを感じられるので、初心者にもおすすめです。 コーヒーが苦手という人もきっとコーヒーへの印象が変わるはず。カプチーノやカフェオレなどの飲み方にも合っているので、モーニングコーヒーとして飲むと良いでしょう。

コスパの良いキリマンジャロコーヒー!国太楼「アバンス徳用キリマンブレンド」

国太楼「アバンス徳用 キリマンブレンド」は、コーヒーを常飲する人に特におすすめしたいコーヒー豆です。一見すると輸入物に見えますが、アバンスは国太楼という日本の茶葉製品メーカーのコーヒー豆ブランド。国外加工に抵抗がある人も安心して飲めるでしょう。 一番の注目ポイントはキリマンジャロでありながらリーズナブルな価格設定。しかし決して、安かろう悪かろうではありません。キリマンジャロ独特の豊かな酸味と飲んだ後の余韻を充分に感じることができます。クセもないので、どのような飲み方でも楽しめるオールマイティーなコーヒー豆と言えるでしょう。

スタバの味なのに安い!コストコ「カークランドシグネチャースターバックスローストハウスブレンドコーヒー」

コストコ「カークランドシグネチャースターバックスローストハウスブレンドコーヒー」は、昨今話題になっている外資系チェーン店コストコがシリーズ化して販売しているショップブランド商品。商品名にスターバックスの名前が冠されていることからもわかるように、家庭で手軽にスターバックスコーヒーの味が楽しめると人気を博しています。 コストコの商品なのでリーズナブルなのが魅力。風味もスターバックスで馴染みの濃い系統なのでブラック派には嬉しいでしょう。もちろんカフェオレやアイスコーヒーにしても安定した美味しさで、さまざまな楽しみ方をすることができます。

京都老舗の味を通販で!小川珈琲店「有機珈琲フェアトレードモカブレンド」

小川珈琲店「有機珈琲フェアトレードモカブレンド」は、京都老舗コーヒー店の味を家庭で楽しむっことができるコーヒー豆です。フルーツを連想させる酸味が特徴なので後味が爽やか。苦味よりも酸味の強いコーヒーを好む人におすすめします。 売上が途上国の生産者へ正当な報酬として届くフェアトレード商品であることも特徴。良質なコーヒーを作る生産者を応援する意味でも、選んでいきたい商品です。 価格は少々割高な印象がありますが、その分、満足感が得られる味であることは間違いありません。贅沢を味わってみたいという人はぜひお試しください。

カフェオレにピッタリな深煎り豆!コーヒー白豆屋・黒豆屋「深煎りブレンド」

コーヒー白豆屋・黒豆屋「深煎りブレンド」は、豆の声を聞きながらの手作り焙煎にこだわり、50年間も焙煎に携わってきた匠が仕上げたコーヒー豆です。味わいは酸味が少なく、程よい苦みが特徴。 中深煎りのコクにより、ミルクを入れてもコーヒーの主張が消えることなく活かされるため、カフェオレにピッタリと言えるでしょう。もちろん、ブラックで飲んでもキレが良く飲みやすいですよ。

豆の単品購入もできる!デロンギ「ムセッティーエボリューションコーヒー豆」

デロンギ「ムセッティー エボリューションコーヒー豆」は、エスプレッソマシンで有名なデロンギ社が販売するコーヒー豆です。マシンにセットで付いてくるので、同社のエスプレッソマシンを買った人には馴染みのあるコーヒー豆かもしれません。この豆が単品でも売られていることをご存じない人は多いのではないでしょうか。 アラビカ種の豆を100%用いてエスプレッソ用に焙煎しているので、味と香りのバランスが丁度良く仕上がっています。もちろんデロンギ社のエスプレッソマシンがなくても美味しく飲めるのでぜひお試しください。薄めに淹れてブラックコーヒーで飲むのもおすすめです。

通販で手に入る専門店の味!澤井珈琲「コーヒー豆2種類セット(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルティシモ)」

澤井珈琲「コーヒー豆2種類セット」は、コーヒー通の中でも名高い澤井珈琲の商品です。 ビクトリーブレンドは旨味をしっかり感じられるようにブレンドされているコーヒーです。ナッツのような香ばしい香りが感じられながらも、後味はスッキリと爽やか。その味わいが、気分をリフレッシュさせてくれるでしょう。 ブレンドフォルティシモはビクトリーブレンドとは対象的に、深い味わいが特徴で飲みごたえがあります。風味がしっかりしているのでそのままブラックで飲んでも良し、ミルクを入れてカフェオレにしても良し。様々な飲み方を楽しむことができるでしょう。

世界初のダイヤモンド味覚賞!キーコーヒー「LPプレミアムステージスペシャルブレンド」

キーコーヒー「LPプレミアムステージスペシャルブレンド」は、酸味と苦みのバランスが丁度良く調和されたコーヒー。アーモンド・青りんご・モルトの香りを感じられる深い味わいとなっています。そのアロマを逃がさないために、外気を完全に遮断できる「ライブパック」を採用するなど、パッケージにまでこだわっています。 7年連続で三ツ星を受賞し、コーヒーで世界初となる「ダイヤモンド味覚賞」を与えられた、世界に通用するコーヒーと言えるでしょう。

自分好みの味を見つけるのもコーヒーの楽しみ

コーヒーを両手で持つ

ここで紹介した商品以外にも美味しいコーヒー豆はたくさん存在します。コーヒーのような嗜好品は、自分が美味しいと感じるものを選ぶのがベスト。他人におすすめされたものが自分にも合うとは限らないのが嗜好品の難しいところですが、この記事の情報を参考にして、いろいろなコーヒーを飲み比べて、自分だけのお気に入りを見つけてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!