おすすめ筆ペン10選!初心者でも使いやすい筆ペンが人気!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おすすめ筆ペン10選!初心者でも使いやすい筆ペンが人気!

おすすめ筆ペン10選!初心者でも使いやすい筆ペンが人気!

moovoo編集部
2018-12-28
×

シェアする


初心者でも使いやすい筆ペンがおすすめ!

ペンとコーヒーとノート

筆で宛名を書いたり、年賀状を書いたりできるようになりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、毛筆を使いこなすのは、なかなか難しいものです。筆ペンを使えば、初心者でも毛筆で書いたような美文字を、手軽に表現することができます。

筆ペンは、毛先の硬さや線の細さが異なる、多彩なタイプが発売されています。各商品の特徴をチェックしながら、使いやすい筆ペンを見つけましょう!

おすすめ筆ペンの選び方

ペン先の強弱は書き心地に直結します。ペン先の性能やコシの強さが自分の理想と一致しているかどうかを確認しながら、最適な1本を選びましょう。なお、筆ペンのペン先には、硬筆タイプ、軟筆タイプ、毛筆タイプの3種類があります。

初心者におすすめの「硬筆タイプ」

硬筆タイプはサインペンやマジックに近い書き心地が特徴です。手軽に扱うことができるので、筆ペン初心者は、硬筆タイプから選択するのがおすすめ。

硬めの筆先で安定した文字が書けるだけではなく、ハネ、トメ、ハライを意識した美文字を比較的容易に表現することができます。硬い芯材なので、力の加減による線の太さは調節できませんが、文字の太さを、簡単に維持できるのはメリットといえるでしょう。

年賀状や招待状の宛名や、ご祝儀袋の表書きなど、年に数回しか筆ペンを使う機会がないという場合も、硬筆タイプが最適です。

個性的な文字や絵に最適な「軟筆タイプ」

サインペン感覚で使うことはできますが、多少の練習や技術が必要になるのが軟筆タイプです。硬筆タイプに比べると柔らかめのペン先は、ある程度の力の加減が必要になります。難易度はあがりますが、表現の幅は広がりますよ。ただし、美しいハネやハライを表現するためには、練習が必要になるでしょう。

太い線の書きやすさも特徴、封筒やのし袋などの宛名書きにも最適です。また、イラストを描くときには「ベタ塗り」の作業に使用できるため、仕上げ用の1本としても役立ちます。

筆の扱いに慣れている人は「毛筆タイプ」

毛筆に近い書き心地が特徴。ハネやハライのほか、線の強弱も自在に表現することができます。書道の経験者にもおすすめです。毛筆の扱いに慣れている方なら、墨を用意する手間が省けるのもメリットになるはずです。

使い方によっては、プロも顔負けの美文字を再現できます。綺麗な筆文字にこだわりたい方や、アート用として活用したい方には最適な1本となるでしょう。ただし、筆ペンの中ではもっとも難易度が高いタイプなので、サインペンと同じ感覚で使える手軽さはありません。初心者が使いこなすには練習が必要です。

インクの種類をチェック

筆ペンには、主に染料インクと顔料インクの2種類が使われています。使われているインクによって、文字やイラストの仕上がりだけではなく、書き心地も変わってきます。

染料インクは発色の良さと伸びが特徴です。墨汁に近く扱いやすいので、初心者でも手軽に綺麗な筆文字を表現することができます。にじみやすいというデメリットはありますが、ハガキに書く程度であれば染料インクでも問題はありません。ただし、イラスト用としての使用には不向きなので注意しましょう。

顔料インクは、速乾性の高さが魅力です。画材として筆ペンを使いたいときにも顔料インクが最適。毛筆タイプを使っているときに多めにインクが出てしまっても、にじむ心配がありません。文字だけではなく、イラストや重ね塗り用にも適しています。

筆ペンの使い方

筆ペンと箸の持ち方は同じですが、筆ペンは穂先から3センチから4センチほどの場所を持ちます。

サインペン感覚でサラサラと書いてしまうと、筆文字に見えない可能性もあるので気をつけましょう。文字を書くときには、硬筆タイプであっても、線の強弱を意識して筆を走らせるのがポイント。トメ、ハネ、ハライに意識した文字を書けば、より綺麗な筆文字を表現することができます。

筆で書いたというアピールをするために「あえて崩した文字を書く」というのも、ひとつの方法です。温かみが伝わる筆文字ならではの表現を楽しんでみましょう。

なお、筆ペンには、細字、中字、太字などの太さがあります。写経や画材なら「細字」、普段使い用としてなら「中字」、書初めなどには「太字」が適しています。ただし、線の太さは、文字を書くときの力加減によっても大きく変わるので、各商品の太さは目安にする程度にしておくのが無難です。

おすすめの筆ペン10選!

書道の経験者向けから、初心者に適したものまで、多様な筆ペンが発売されています。筆ペンはそれぞれ書き心地が全く異なるので、実用性を重視するのか、本格的に筆を練習したいのかなどの目的を考慮しながら、自分にピッタリな1本を見つけていきましょう。

普段使いにも最適「プラチナ万年筆筆ペン双筆跳ね小筆武田双雲」

独自に開発したコシのある穂先が特徴。線巾をコントロールしやすく、サインペンのように使える初心者向けの筆ペンです。

穂先のコシによって、トメ、ハネ、ハライを簡単に表現できるのも魅力。進化を続けている穂先は、小筆にもかかわらず、中筆の表現力を獲得しています。

ほどよいコシとインクの量で、水分が吸収されやすい紙面でもスムーズな筆記を実現。また、耐水性や対光性の高い顔料インクを使用しているので、長期保存も問題がありません。安定感もあるので日常使いの筆ペンとしても活用できます。

初心者でも扱いやすい本格派筆ペン「あかしや筆ペン新毛筆」

江戸中期の筆問屋から続く、長い歴史をもつ「あかしや」の筆ペンです。約300年の伝統が作り出す本格的な毛筆タイプの筆ペンは使いやすさ抜群。弾力に富んでいる特殊な繊維を穂先に使用しているのでコシが強く、見事なトメ、ハネ、ハライを容易に表現することができます。

筆に近い書き味なのに、手軽に使えるのは大きなメリットといえるでしょう。書くたびに墨を用意する必要もありません。筆に慣れているベテランはもちろん、これから筆ペンを練習したいと思っている初心者にもオススメの1本です。

招待状や宛名書きにも使える「フデペンフデマカセ」

美しい文字を書きたいときに最適でありながら、気軽に使える新感覚の筆ペンです。穂先には超硬筆チップを採用しているので、筆を使った経験がほとんどない初心者でも、サインペン感覚で使うことができます。

本体のデザインもボールペンに近く、筆に慣れていなくても、違和感なく美文字を書けるのが魅力。極細タイプにもかかわらず、太さの強弱を表現できるので、本格的に使いこなしたいベテランにもおすすめしたい筆ペンです。

習字の練習や写経にも活用できる「呉竹筆ペン万年毛筆」

サインペン感覚で毛筆の味わいが楽しめる、本格的な毛筆タイプの筆ペンです。習字の練習にも使えるほどの書き味で、写経などにも最適。細すぎず太すぎない書きやすさは、必要もないのに字を書きたくなるほど。

インクや毛先の交換ができるので、長く使い続けることができるのも魅力です。トメ、ハネ、ハライが綺麗に表現できる書き心地の良さは、初心者にも扱いやすく、毛筆タイプの入門用としてもオススメです。

コンパクトなのに本格派「ぺんてる筆ペン携帯用きらり」

携帯用コンパクトサイズでありながら、本格的な書き味を楽しめる毛筆タイプです。精密な技術で穂先まで1本1本が細く処理された質の高さが、味のある文字を実現します。

染料インクを使っているので、吸収力のあるインクジェット紙に書いた文字は、光沢のある綺麗な書きあがりに。筆記具のように違和感なく使うことができるので、本格的な筆ペンの入門用としてもおすすめ。

手軽なコンパクトサイズで、メモ書きや挨拶状に使えるだけではなく、ほどよい太さなので冠婚葬祭用としても活用できます。場所を問わず綺麗な字を書きたいという方には、欠かせない1本になるでしょう。

玄人向けの太字筆ペン「三菱鉛筆筆ペン新毛筆太字」

毛筆と変わらないベテラン向けのカートリッジ式筆ペンです。なめらかな書き味をコントロールできるようになれば、太字も細字も自在に表現できるようになります。

穂先には、筆ペンに最適な弾力のある特殊繊維を採用して、毛筆タッチを実現しています。インクは墨で、乾くと水に流れません。少しずつ筆の練習をしていきたいと思っている方にもおすすめです。

年賀状にも使える1本「呉竹筆ペン美文字完美王」

柔らかい穂先が、まるで本物の筆のような毛筆タイプの筆ペンです。

ペン先には初心者でも使いやすい形状を採用しているので、扱いやすさは抜群。固めのボディーは変形しにくく、握る場所や力加減を意識する必要もありません。

インクフローにも優れているため、適量のインクで黒々とした文字を書き続けることができます。安定度の高い穂先で、大きな文字も手軽に表現可能。宛名書きや年賀状には最適です。

本格的な筆ペン入門にもおすすめ「パイロット新毛筆中字」

書道の経験者向けともいえる本格的な使い心地でありながら、穂先にコシがある毛筆タイプ。コシによって、柔らかい筆に慣れていない人でも容易に太さのコントロールが可能です。

本物の筆と比べて違和感の少ない書き味と仕上がりは、本格的に筆ペンの練習をしたいという人にもおすすめ。使いこなせれば、活用できるシーンも増えてくるでしょう。

ハガキに綺麗な文字が書ける「ぺんてる筆中字」

ナイロン製の穂の1本1本が、少しずつ細くなっている毛筆タイプの筆ペンです。イタチの毛の書き味を再現しているので、なめらかでありながら、質の高い書き味を楽しめます。

まとまりやすい穂先は、なめらかな書き味を実現。染料インクを使っているので、プリンターで出力したハガキでも、綺麗な文字を書くことができます。耐久性や弾力性にも優れているため、本物の筆に匹敵する品質も満喫できます。

イラストも書ける初心者向けの1本「ぺんてる筆文字サインペン」

サインペン感覚で気軽に筆文字が書ける硬筆タイプです。短い穂先には強いコシがあるため扱いやすく、筆ペンの初心者でも線の強弱を表現できます。

文字だけではなく、イラスト用としても役立つ1本です。インクジェット用のハガキにも対応しているので、筆文字で年賀状を書きたいという初心者には最適な1本です。書きやすいので筆記具としても活用できる、利用価値の高い筆ペンといえるでしょう。

手軽に使える筆ペンで年賀状を書いてみよう!

ベンとノートブック

手軽に使えるのが筆ペンの魅力です。ぜひ、使いやすい筆ペンを見つけて、年賀状や宛名書きに使ってみましょう。宛名が筆で書かれていると嬉しいものですよね。サインペン感覚で使える初心者向けの筆ペンもあるので、温かみのある宛名を表現してみてくださいね!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!