HOME

>

アウトドア

>

【最新版】使いやすい一人用テント、おすすめ20選! 売れ筋から厳選

【最新版】使いやすい一人用テント、おすすめ20選! 売れ筋から厳選

中間睦月
2020-10-29
2020-11-19

今回は一人用テントを選ぶうえで欠かせない基本的な情報と、売れ筋のおすすめテントをご紹介します。

一人用テントは、ソロキャンプ・登山・ツーリングなど、様々な用途で活躍します。夏のレジャーでの着替え用や野外フェスにも持ち運びやすいため、一人用テントがあると便利です。選び方を参考に、目的にあう一人用テントを見つけてください。

一人用テントは実用性が高い!

アウトドアの人気が年々高まっている昨今。コンパクトな一人用テントは、キャンプ・登山・ツーリング以外にも様々な用途で使えるとあり、注目を集めています。

海の家がない海水浴場では、日除けや脱衣所のかわりに。野外フェスや屋外イベントでは休憩スペースになり、こうした実用性の高さが人気の理由です。

しかし一人用テントは重さ・サイズ・組み立て方法に違いがあるため、目的にあわせて選ぶことが大切です。どのような形状のテントがいいのか、設営方法が簡単なのはどんな商品なのか、詳しく解説します。

一人用テントの形状

一人用テントの形状は、シングルウォールテント・ダブルウォールテントの2種類があります。

シングルウォールテント

1枚の壁(布)で雨風をしのぐ、シングルウォールテント。素材が1枚布のため、軽量でポールを含めた重量は、約700g~1.2kgほどです。宿泊をともなう長期間の縦走登山やトレッキングのように、より荷物を軽量化して行動するシーンで活躍します。

ちなみに世界最軽量のテントは、シングルウォールで500g台。収納サイズは500mlのペットボトルほどになります。これだけ軽量でコンパクトなら、荷物の悩みは解消されますよね。ただし、軽ければ軽いほどテントの値段は上がります

ダブルウォールテント

ダブルウォールテントは、テント本体のインナーとアウターのレインフライで構成されています。2つの壁になることで、シングルウォールテントよりも通気性がよく室内が快適です。ただし、インナー・レインフライと2枚構成なので重量があり軽くても約1.5kg~、重いものでは2kgを超えます。

ダブルウォールテントは、レインフライの形状によって、前室や荷室スペースが広々としたものもあります。荷物を寝室と分けておきたい方や、多少重くても荷物を運びやすいバイクや自転車でツーリングする方におすすめの形状です。


このように、持ち運びやすさで選ぶならコンパクトなシングルウォールテント、室内の快適さで選ぶなら、ダブルウォールテントがおすすめです。

一人用テントの設営方式

続いては、設営方式の種類をご紹介します。

自立式テント

自立式テントはポールを組み上げ、フライを張るだけで完成します。組み立ての簡単さと設営のしやすさから、初心者~中級者向けのテントです。ダブルウォールテントはさらに、レインフライを取り付けますが、その手間を入れても20分程度で終わります。

設営は簡単ですが、ポールの本数が多い分少々重くなります。ちなみに自立式テントは、ダブルウォールテントに多く採用されています。

非自立式テント

非自立式のテントは、1本~2本ほどのフレームを使って、張り網でペグを固定します。いたってシンプルですが場所によっては設営が難しく、岩場ではペグ張りが困難です。岩を使って固定しないといけない状況も考えられます。

どのような状況下でも、知恵をふり絞って設営することができる、上級者向けのテントです。主にシングルウォールテントに採用されていますが、最近ではシングルウォールテントも自立式が増えています。

一人用テントの選び方

テントの形状や設営方法の種類が分かったところで、選び方について解説します。

形状を選ぶ前には、移動手段・収納スペース・どんな目的でテントを使うかを考えます。目的によりシングルウォールテントか、ダブルウォールテントを選ぶのがポイントです。

まずは移動手段や使用するシーンを考える

テントを使うということは、食材・焚き火台・ガスバーナー・小物類・マット・寝袋(シュラフ)など、ほかの荷物を持ち運ばなくてはなりません。

テント単体を持ち運んで、河川敷で試すのも楽しいですが、今回は荷物があることを想定します。

移動手段や収納スペースは?

移動手段は、車・バイク・自転車・電車・徒歩など色々ありますね。車・バイク・自転車なら、そこそこ重量のあるダブルウォールテントでも十分と言えます。

しかし徒歩や電車はバックパックを背負っての移動になるので、出来るだけ軽いシングルウォールテントを選ぶのがおすすめです。

使用する目的やシーンは?

登山・ツーリング・バイクパッキング・キャンプなどは、ソロ(単独)で使うことも想定されます。特に登山では、あらゆる状況を想定しなければなりません。

本来なら、軽量でコンパクトな非自立式のシングルウォールをおすすめしたいところですが、設営できない状況も考えられます。あらゆるトラブルの想定から、自立式のシングルウォールテントを強くおすすめします。

それ以外のツーリング・バイクパッキング・キャンプでは、移動手段にあわせて自立式のダブルウォールテントか、持ち運びやすい自立式のシングルウォールテントから選ぶようにしましょう。

収納時・設営時のサイズを把握する

テントのサイズは収納サイズと設営サイズが特に重要です。

車を使って持ち運ぶなら収納サイズは気にしなくても大丈夫ですが、バックパックを使って持ち運ぶには、コンパクトなものでないと行動しづらくなります。

バックパックにテントを掛けられるストラップがある方は、どのようなサイズのテントでも持ち運びやすいです。ストラップホールがないバックパックを使っている方は、荷室に収まるサイズのテントを選びましょう。

ただし、バックパックの荷室に余裕がないと持ち運べないので、寝袋やほかの荷物のことも計算して収納サイズを選んでください。

設営サイズは、最低限の荷物が置けるサイズで十分です。しかしソロキャンプやツーリングなどで使う場合は前室や荷室があると便利なので、荷物を余分に置きたい方は二人用のテントを選んでもいいでしょう。

二人用のテントは必然的にサイズが大きくなり、重量が増えます。一人用でもダブルウォールテントなら、張り網の位置を変えて荷室や前室を作りやすいタイプもあるのでぜひ検討してください。

テントは使える季節で選べる

テントには使える対応シーズンがあります。春・夏・秋の3シーズン対応と、冬も入れた4シーズン(オールシーズン)対応の2種類です。

冬はシーズンオフと割り切っている方は、3シーズンのもので十分です。厳冬期にも登山やキャンプをする方は、4シーズン対応のテントを選びましょう。

対応シーズンは、メーカーの仕様や用途の項目で確認できます。春~秋の表記があれば3シーズン、春~冬の表記があれば4シーズン対応です。

一人用テントの人気メーカーで選ぶ

一人用のテントは、好きなアウトドアブランドや人気のあるメーカーでも選べます。

一人用テントを取り扱うメーカー
・モンベル
・コールマン
・LOGOS
・ダンロップ
・MSR
・キャプテンスタッグ

予算に余裕がある方は、上記のような人気ブランドから選ぶのも手です。一人用テントのほか、バックパックやマットも揃えるため低予算で抑えたい方は、Amazonや楽天などECサイトで売られている1万円以内の安いテントをおすすめします。

【シングルウォール】売れ筋の一人用テントおすすめ10選

Amazonや楽天など各ECサイトで売れ筋の一人用テントを、編集が独自集計して厳選しました。選択に迷っている方やキャンプがはじめての方でも選びやすいように、シングルウォール・ダブルウォールに分けてご紹介します。自分の用途や目的にあったテントを比較しながら選んでください。

はじめにシングルウォールの一人用テントからです。

おすすめ①
  • クローバー
  • FIELDOOR ワンタッチテント 150

  • 税込み5,400円
  • はじめてでも戸惑わない!ワンタッチで簡単に組み立て完了

  • ロープを引くだけで簡単に設営できるワンタッチテントです。あまりにも簡単に組み立てられて驚きだと、ECサイトの口コミでも高評価。組み立ての所要時間はわずか15秒の早さです。

組み立てはジョイントを上下隙間なく接合してロックし、テントを垂直に持ち上げ、2本のロープを左右に引っ張るだけで完了。テントの重量は2.8kgと軽量で、収納バッグも付いています。車のトランクに入れても邪魔にならないサイズなので、持ち運びに便利です。

テントの生地にはUVカット・シルバーコーティングが施され、夏場の強い紫外線から肌を守ります。遮熱性もあるため、暑い時期に快適なアウトドアが楽しめるテントです。日本国内の検査機関で試験済みなので、安心して使用できます。

強い雨にも対応する耐水性を誇ります。雨の侵入を防ぐ設計のトップシートもおすすめポイントです。いつも天気が悪くてキャンプへ行けないといと困っている方は、ぜひ検討してください。

おすすめ②
  • Sutekus
  • テント コンパクト 迷彩柄

  • 税込み2,680円
  • 迷彩柄がおしゃれ!ソロキャンプにぴったりのサイズ感

  • 自然に溶け込むおしゃれな迷彩柄の1人用テント。重量は920gと軽量なので、ツーリングや登山に抜群の携帯性を誇るアイテムです。

長さ200cm×幅100cmの、1人で利用するのにちょうどいいサイズのテント。折りたたむと10cm×40cmとコンパクトサイズになり軽量なので、自転車・バイクで移動する方におすすめです。ザックに入れても負担がないため、縦走登山やトレッキングにも向いています。

設営は専用の穴にペグを刺して、打ち付けて固定するだけと簡単。風があっても安心して使用できます。トップカバーを外した天井部は、通気性に優れたメッシュ素材を使用しています。入口にも一層のメッシュ素材を採用。生地にはUVカットコーティングが施され、夏場のキャンプに最適です。セット内容はテント本体と収納バッグ、ペグ4本と充実しています。

おすすめ③
  • 山善(YAMAZEN)
  • ワンタッチキャビンシェードフルクローズプラス CSE-6UPF

  • 税込み4,799円
  • 海でも活躍する!フロントエッジで砂の浸入を軽減

  • ワンタッチ式でスムーズに設営できるテントです。テントの入口は、砂が浸入しない設計のサンドプロテクト仕様。海や砂場での使用におすすめです。

キャビン型のフレームを採用しているので、空間が広くなり頭上の圧迫感を軽減します。生地には遮熱性の高いシルバーコートを採用し、紫外線を97%カット。強い日差しの下でも使用できるのがうれしいポイントです。山に限らず、海岸沿いでのキャンプにも向いています。

骨組みをひねって専用バッグに収納できるワンタッチ式。片付けが簡単なうえ、設営時も骨組みを持つだけでパッと開いてテントになります。面倒な組立がない形状は、レジャーシーンで活躍します。天井部はメッシュ棚付きで、小物を置けて便利です。

テント前後のメッシュ窓はスクリーンで隠せるため、プライベートを確保できます。付属のキャリーバッグは、分割するとクッションになるのもおすすめポイントです。カラーや柄は、5つのデザインから選べます。

おすすめ④
  • カンセキ WILD-1
  • tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) サーカスTC

  • 税込み34,980円(楽天)
  • 夏は涼しく冬は温かい、通年快適にすごせるテント

  • 遮光性と通気性を兼ね備えた、綿とポリエステル素材の綿混紡テント。撥水性に優れ夏は蒸れず雨にも強く、冬は暖かい空気を逃さないため一年を通じて使用できます。

1人でも2人でも快適にすごせるサイズ感で、アウトドア好きのカップルにもぴったりです。通年使える本体に加え、ファスナーにも丈夫なビスロンを採用しています。結露しにくく冬のキャンプでも開け閉めがスムーズです。

綿混紡は、遮光性も抜群です。出入り口が2か所あり、風通しがよく夏でも快適。中が広々使えて自由度の高さもうれしいポイントです。セット内容は、テント本体とスチール製のポール1本、ペグ・ロープと、持ち運びに便利な収納バッグです。自然の中によくなじむ、サンドカラーも目を引きます。使用感とデザインともに、快適にキャンプがしたい方におすすめです。

おすすめ⑤
  • カワセ
  • BUNDOK ソロベース BDK-79

  • 税込み24,656円
  • 味のあるヴィンテージ感がたまらないミリタリーテイスト

  • 軍人が使うバップテントのような設計が男心をくすぐります。ヴィンテージ感のあるデザインがおしゃれで、ミリタリーテイストが好きな方から人気を集めています。

通称、パップテントと呼ばれていて愛用者が多い理由は、収納性に優れたシンプルな設計と、軍用テントのようなデザインです。フロント部を跳ね上げると広々としたスペースになり、荷物がたくさん置けて長期のソロキャンプにも対応可能。日差しを避けるのにも、雨をしのぐのにもゆとりがあります。利用者からは、サイドファスナー付近にある控えめのロゴマークも好評です。

テント単品での購入だけでなく、床に敷くと快適にすごせるフォールディングマット付きのセットもあります。ほかにも薪置きセット品もあるので、焚火をするキャンパーにおすすめです。付属のインナーも取り付け可能な、好みでカスタマイズできるパップテント。設営場所にあわせてレイアウトしたい方に最適です。

おすすめ⑥
  • JIANG(ジアン)
  • 1人用 テントコット

  • 税込み32,000円
  • 雨でも安心!地面から28cm離れた高床式タイプ

  • 高床式のテントコット。地面から28cm離れているので、でこぼこした場所や濡れている場所でも安心して使用できます。川の近くでキャンプや釣りをするのにおすすめです。

210cm×80cm×120cmサイズの1人用。脚を広げてポールをサッと広げるだけで、組み立て完了の簡単設計です。コンパクトにたためて、車に積んでも場所をとりません。収納バッグ付きなので、持ち運びも便利です。

フレームには高強度と安定性に優れたアルミニウム合金を使用しています。耐荷重200㎏と、荷物を乗せてもへたらない作りです。レインフライを付属していて、120kgの張力に耐えることが可能な耐摩耗性生地を採用。雨風の強い急な悪天候でも安心です。4面にメッシュ素材を採用し、換気性を保ちながら蚊やアブなど虫の侵入を防ぎます。

テントを張らずに脚部分に生地を折りたためば、ラウンジチェアーとしても使える優れものです。バーベキューのときはチェアー、夜はテントとして使える便利な2way仕様。足を伸ばしてゆったりくつろげます。しかしECサイトの口コミでは「片側が上がる」との声も。荷物の配置は自分の反対側にすると、バランスよく快適に使えます。

おすすめ⑦
  • ビーズ
  • DOD ライダーズワンポールテント T1-442

  • 税込み18,516円
  • ダブルウォール構造でもバイクに積みやすいコンパクト収納が魅力

  • バイクに積みやすいパッキングサイズになるダブルウォールテント。収納時は全長50cm・重量2.6kgの軽量コンパクト設計で、バイクツーリングに携帯するテントとして最適です。

ダブルウォール構造のため、インナーテントを取り付けると、寝室と前室の2ルーム構造になるワンポールタイプのテントです。ペグを打ち込んでポールを立てれば、すぐに設営できます。別売りのポールを用いて入り口をひさしとして張り出すと、荷物が置ける広々スペースへ早変わり。テーブルとチェアーを置ける広さのため、景色を眺めながら食事を楽しむこともできます。

ポールは折りたたみ式で、コンパクトサイズになります。付属のバッグにテント本体も簡単に圧縮収納できるので、バイクツーリングでソロキャンプを楽しむライダーズにおすすめです。カラーはタンとブラックの2色。セット内容はテント本体とインナーテント、ペグ・収納バッグ・ロープです。

おすすめ⑧
  • カワセ
  • BUNDOK プライベートテント UV NT-51

  • 税込み4,164円
  • あっというまに組み立て完了!どこでもすぐ簡易更衣室に

  • ワンタッチで設置できるプライベートテント。海や川での差替えに大活躍します。メインのテントとは別にサブで1つ持っていると便利です。

骨組みを引くと、ぱっと開いてすぐに設営完了です。高さは180cmあるので、女性や子供は立ったまま着替えが可能できます。テント内上部には、スマホや財布が入る小物ポケットが付いています。側面はシルバーコーティングが施された生地で、紫外線をシャットアウトします。

アウトドアでテントとして使用するほかに、災害時にはトイレやシャワールームとして活用できます。内側にはリングが2か所あり、紐を張るとタオルやトイレットペーパーを掛けることが可能。ランタンをかけるフックも備わっているので、暗い中でも安心して使用できます。セント内容は、テント本体と収納ケースです。

おすすめ⑨
  • コールマンジャパン(Coleman Japan)
  • スクリーンIGシェード

  • 税込み9,999円
  • 虫の侵入を防ぐ、通気性に優れたアウトドア用テント

  • 独自開発の防虫素材を使用したテント。虫の侵入を防ぎつつ風を通す優れた技術により、快適にすごすことができます。アウトドアで使用するのに最適です。

生地には住友化学が独自開発した、防虫技術のテクノロジーブランドOlytec製のメッシュを採用しています。生地に触れただけで虫を撃退する優れもの。虫刺されが心配な、敏感肌の方に向いています。風に強いクロスポール構造で、キャンプに最適です。シート部は水の浸み込みを抑えるPEフロア素材を使用しているので、雨が降った後の濡れた地面でも使用できます。

フルオープン、フルクローズ可能な、快適にすごせる設計もおすすめポイントです。セット内容は、テント本体・フレーム・収納バッグ・ペグに、砂袋まで付いています。荷物が多めの方や、広々と快適にくつろぎたい方には3~4人用のテントがおすすめです。

おすすめ⑩
  • GRIP SWANY
  • FIREPROOF GS TENT GST-01

  • 税込み49,500円
  • ブッシュクラフト用に開発された、キャンプ中級者おすすめモデル

  • クラシックデザインで設営が簡単なパップテントスタイル。設置場所にあわせてレイアウトが自在に変更できる、より自然体でキャンプを楽みたい中級者におすすめのモデルです。 素材には、メーカー独自開発の難燃ファブリック、FIRESHIELDを使用しています。

ブッシュクラフトを好むソロキャンパーの間で人気の高いモデルです。跳ね上げ式のフロント部分は、ダブルジッパーで開閉が可能。眠るときは閉めて、くつろぐときは全開にして自然を感じてください。ポールを使ってタープにすれば、焚火で調理も可能。難燃性が強化された生地は、万が一炎に接触しても溶融せず、炭化して事故から守る安全設計です。撥水性もプラスしているため、小雨でも幕下で焚火を楽しめます。

カラーは落ち着きのあるオリーブで、セット内容はテント本体と持ち運びに便利な収納バッグ、ポール2本・ペグ12本・4mロープ×2本です。男らしくて無骨なデザインのテントにアンティーク調のランタンやナイフを揃えると、おしゃれな雰囲気がぐっと増します。

【ダブルウォール】売れ筋の一人用テントおすすめ10選

続いて売れ筋のダブルウォール一人用テントをおすすめ順にご紹介します。

おすすめ①
  • クローバー
  • FIELDOOR パップテント T/C 320

  • 税込み19,700円
  • テントの近くで焚火OK!メンズのワイルドなソロキャンプに最適

  • インナーテント付きのパップテント。自然な風合いのミリタリーテイストがおしゃれなアイテムです。難燃性があるT/C素材なので、テントの近くで焚火を楽しめます。

自然な風合いのシンプルなテントが好みの方におすすめです。二股ポール設計でテントの両脇に空間を生み出し、デッドスペースをなくしました。テントの隅々まで空間を有効活用できます。フライシートは、近くで焚火をしても大丈な、難燃性のあるT/C生地を使用。耐久性にも優れ、強い日差しや雨から守ります。

インナーテントは吊り下げ式で設置が簡単。フライシートのみでの使用も可能なので、自由自在なレイアウトでキャンプを楽しめます。インナーテント内にベッド代わりになる、別売りのコットを使用して就寝するのもおすすめです。インナーテントとフライシート、ポール・ペグ・ロープはセット品に含まれています。

おすすめ②
  • コールマンジャパン(ColemanJapan)
  • ツーリングドーム ST

  • 税込み13,381円
  • 高さのある前室で開放感抜群!動きやすい広々空間

  • 2人が並んで眠れるスペースがある、1~2人用サイズのドームテントです。前室が高い作りのため開放感があり、より広く感じます。

前室が少し高い作りで開放感がアップする、1人でも設営しやすいポールポケット式。インナーテントの四隅にメインポールを設置して、フックを引っ掛けていけば出来上がりです。収納時もフックを外して折りたたむとコンパクトになります。重さも約4.5㎏と軽量なので、バイクや自転車に積んでも負担があません。荷物を少なくしたいソロキャンパーにおすすめのアイテムです。

フライシートは耐水圧のある素材なので、雨の日でも安心して使用できます。風が通り抜ける構造で、夏も涼しくて快適。色も自然に溶け込む、グリーンとオリーブのツートンカラーです。セット内容はインナーテントとフライシートのほか、ポール×2本とペグ、ロープと収納バッグが付いています。

おすすめ③
  • Bears Rock
  • ハヤブサテント 2人用 TS-201

  • 税込み11,550円
  • 天窓付きのインナーテントで、星空を楽しもう!

  • 2人分の広さがある、前室スペース付きテント。インナーテントの両側上部には開閉できる窓が付いていて、テントの中から星空を眺めることができます。

雨風に強い頑丈な作りのテントで、初心者でも簡単に設営できるのが特長です。ポールとペグは軽量のアルミ製。収納後のサイズは45cm×20cmとコンパクトなため、バックパックを背負っての移動や登山で使用するのに適しています。

フライシートは防水性があり、つなぎ目にはシームテープ加工を施した雨に強いテントです。インナーテントは通気性を保つメッシュタイプ。風を通して涼しく快適にすごせます。セット内容は、インナーテントとフライシートのほか、ポール・ペグ×10本・ロープ×4本・収納バッグです。初心者は組み立てに困らないよう、取扱説明書を忘れずに持っていきましょう。

おすすめ④
  • ビーズ
  • DODワンポールテントS T3-44-TN

  • 税込み12,800円(楽天)
  • 3人でも寝られる!シンプルで組み立てやすいワンポールテント

  • ペグを打ち込んでポールを立ち上げれば完成のワンポールテントです。大人が3人寝ても十分な床面積ながら、軽量&コンパクト。長期滞在のキャンプにおすすめです。

三角屋根がかわいいティピー型のテントで、シンプルな設営スタイル。メインポールは丈夫なスチール製で、折りたたんでコンパクトに収納できます。組み立てサイズは、幅320cm×奥行270cm×高さ170cmの広々空間。インナーサイズも幅270cm×奥行230cmとゆとりがあります。荷物が増えても安心な、長期休暇にソロキャンプを予定している方におすすめのテントです。

インナーテントは全面がメッシュ素材で、テント上部2か所にはベンチレーターを装備。通気性が高いため、夏場のキャンプやアウトドアに最適です。カラーはタンとブラックの2色から選べます。セット内容はインナーテントとフライシート、ペグ×13本とロープ×6本、収納バッグです。

おすすめ⑤
  • カワセ
  • BUNDOK ソロティピー 1TC BDK-75TC

  • 税込み24,800円
  • スカート付きで夏の暑さも冬の寒さも問題なし!

  • ポール1本で自立し、簡単に設営できるワンポールテント。裾はスカート付きで、寒い時期は足元の冷気を軽減。暑い時期は巻き上げて、通気をよくできます。

フライシートは、前方・後方どちらからも出入りできる両面タイプです。フルクローズのほかに、前方のみをオープンしたり、両方を開け放ったりと3通りの使用方法が可能。自由な設置ができる、オリジナリティを求める方におすすめのテントです。フライシートは綿とポリエステルの混紡生地を採用しています。耐水・保温性に優れているほか、火の粉にも強いのが特長です。

付属のポール2本は、丈夫で軽量なジュラルミン製。テントはもちろん、大きなフラップを設置しても安定感を誇ります。収納バッグはコンプレッションベルト付きなので持ち運びに便利です。そのほかのセット品はインナーテント・フライシート・ペグ×10本・ロープ×4本。テント設営に慣れていない方でも戸惑いなくできる内容です。

おすすめ⑥
  • ノルディスクジャパン(NORDISK)
  • Asgard Tech Mini(アスガルドミニテント)

  • 税込み88,000円
  • おしゃれなデザインがグランピングにぴったり。新感覚ベルテント

  • 高い天井で、室内が広く感じるワンポールテント。三角屋根のモンゴルにあるゲルのようなおしゃれなデザインは、女性のソロキャンパーから人気を集めています。

テクニカルコットンとテクニカルポリエステル素材を採用したベルテント。メーカーによれば革新的な素材は、軽量さが特長です。軽くて扱いやすいうえ、テント本体のペグを打ち込むだけで自立するので、ドア用のガイロープを打ち込む必要もありません。高さは160cmあり、空間は広々としています。

別売りのロープは、マスタードイエローやチェリーピンク、チョコレートブラウンのかわいらしい3色ガーランド付きデザイン。ブランドのシロクママークも相まって、女性に人気のテントです。ペグやポールも同色で展開していてかわいさが増します。野外フェスやピクニックにぴったりなテントにラグやランプを持ち込んで、SNS映えするコーディネートをするのもおすすめです。

おすすめ⑦
  • コールマンジャパン(ColemanJapan)
  • エクスカーションティピー 325+ スタートパッケージ

  • 税込み39,800円
  • 日光を90%ブロック!テント泊の必須アイテム

  • シンプル構造のティピー型テント。日光を90%ブロックし温度の上昇を抑える素材を採用しています。木陰のないキャンプ場で滞在するのに適しています。

3~4人でも対応できる広さのテントは、体が大きめで窮屈なスペースが苦手な方におすすめです。ワンポールで立ち上がる簡単設営タイプなので労力はいりません。荷物やシューズ置場に便利な前室仕様。雨天時でも室内に直接雨が入り込まない設計なのもうれしいポイントです。

クリアルーフウィンドウからは室内へ光を取り入れられ、朝日の中まったりコーヒータイムという楽しみ方も。昼間に室内ですごす場合でも、程よい明かりが差し込みます。セット内容は、インナーテントとフライシート、ポールとロープ、ペグ×15本と収納バッグです。

おすすめ⑧
  • カワセ
  • BUNDOK ソロドーム 1 BDK-08

  • 税込み9,818円
  • 持ち運びに便利!ポールは軽くて丈夫なジュラルミン製のアルミ合金

  • 多機能で高性能な1人用テント。ポールは柔軟で強度の高いアルミ合金製で、軽くて丈夫な作りです。軽量&収納ケース付きのため、持ち運びに便利です。

ツーリングや登山に適したドーム型テントです。ロープを張り、地面に付属のペグでしっかり固定して設営します。フロント部はジッパーでフルクローズ可能です。外から見えず、プライベートを確保できます。ジッパーを開いて、ロープアップでの使用もOK。フライシートの耐水圧は3000mlと高く、急な雨もしのげて安心です。

インナーテントは、オールメッシュ素材で通気性抜群。室内にはランタン用フックや、スマホや財布、カギを入れるのに便利な小物用ポケットが備わっています。フレーム×2本とフレーム補正パイプ×1本に加え、ペグ×11本・ロープ×4本・収納バッグを含んだセット内容。リーズナブルで多機能、高性能な1人用テントを探している方におすすめです。

おすすめ⑨
  • ヘリテイジ(HERITAGE)
  • HI-REVO 1人用 スリーシーズン

  • 税込み49,302円
  • 軽量・快適・コンパクトの、3つが揃った次世代テント

  • ダブルウォール構造なのに軽量でコンパクトなテント。3カ所に配置されたベンチレーターによる効果的な換気が可能で、快適さも実感できます。

ダブルシートタイプのテントでは珍しい、軽量の960g。独特なアーチカットを施したポールスリーブは、軽量感に安定性をプラスした設計です。ベンチレーターは3か所に配置され、効率よく換気が可能。蚊よけ効果もあるので、虫が苦手な方も安心して使えます。

設営は簡単に行えるよう、ポールを通す部分が袋状でスリーブ頂点も連結しています。ポールを差し込むだけでセットが完了するテントなら、設営に時間を取られません。キャンプ場へ到着した日、も釣りやハイキングが楽しめます。セット内容は、インナーテントとフライシート、ポールとロープ、収納バッグです。春・夏・秋の3シーズン対応テント、バックパックを背負っての登山におすすめします。

おすすめ⑩
  • Naturehike JAPAN
  • 2人用 自立式テント PU3000 210T

  • 税込み10,900円
  • フライシートは耐水圧3000mm!急な雨でも安心ステイ

  • 簡単組み立て設計の、高耐水圧を誇るテントです。急な雨でも安心して使用でき、それでいて通気性にも優れています。

生地は通気性を保ちつつ防水加工を施した素材で、雨をはじいて空気だけを通します。内側は虫の侵入と結露を防ぐ作りなため、オールシーズン快適にすごせる環境です。2人でも使える自立式テントで、マットレスが2枚並ぶ広さです。ポールは高強度アルミ合金を採用し、耐風性&安定性に優れています。

4シーズン使える、コスパのよいテントを探している方におすすめの商品。セット内容は、インナーテントとフライシート、ペグ×11本・ロープ×5本・収納バッグです。カラーは自然にマッチする、ライトグリーンとグリーン、女性向きのグレーとオレンジ全4色から選べます。

テントには必ずマットを敷こう!

ごつごつとした河原や岩山では、テントの下にマットがないと、体を痛めてしまうことが考えられます。

マットは主に2種類あり、吸収力の高い素材が使われた折りたたみ式のマットと、コンパクトに収納できるエアーマットから選ぶことになります。

荷物が増えて収納できないという場合には、バックパックのストラップに取り付けるなどして、持ち運ぶこともできます。収納に場所は取りますが、300gに満たない重さなので、テントと合わせて購入しておきましょう。

まとめ

一人用のテントは、テントの形状と設営方法で、すべてが決まるといって過言ではありません。ソロキャンプをしたい・単独で長期間ツーリングをしたい・自転車で日本一周をしたい、といったあなたの旅をサポートしてくれます。次の週末に備えて、お気に入りの一張りを見つけましょう!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!