ハンガーのおすすめ商品10選!衣類に跡がつかないスリムタイプが人気

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

ハンガーのおすすめ商品10選!衣類に跡がつかないスリムタイプが人気

ハンガーのおすすめ商品10選!衣類に跡がつかないスリムタイプが人気

moovoo編集部
2018-11-28

収納に洗濯物干しに…毎日使うハンガー、あなたは満足している?

ラックにかかったハンガーの写真

クローゼット内の収納や、毎日の洗濯物干しで誰もが利用しているハンガー。使用頻度が高いものにもかかわらず、特にこだわりなく適当なものを使っているという人が多いのではないでしょうか。収納に合ったハンガー、洗濯干しに合ったハンガーをそれぞれこだわって選べば、日々の家事がもっと楽になるかもしれません。お気に入りの衣服も、ハンガーを変えるだけで型崩れを防ぎ、いつまでもきれいに着ることができるでしょう。

今回はハンガーを選ぶ際のポイントと、おすすめ商品10選を紹介します。ぜひ、こだわりのハンガーで日々の暮らしをもっと快適に変えましょう♪

ハンガーの選び方5つのポイント

早速、ハンガー選びの5つのポイントを解説していきましょう。収納用・洗濯用で選ぶポイントは変わるので、自分の用途に合った項目をしっかり確認してくださいね。

【共通】衣類がすべり落ちてこないことは基本!

収納用と洗濯用、両方で共通してチェックしたいポイントは、衣類がすべり落ちてこないかどうか。ハンガー選びの基本というべきポイントでしょう。

よくあるプラスチックや針金がむき出しの状態のハンガーは、表面がつるつるしていて衣類との摩擦が少ないので、ちょっとしたことですべり落ちてしまいストレスになります。衣類との摩擦が大きいベルベット・塩化ビニルなどの素材を使用しているハンガーは、衣類をしっかり止めてくれるので安心して使用できるのでおすすめです。

【収納用】衣類に跡やシワがつかず、型崩れしにくい

収納用ハンガーで最も重要なのは、衣類に跡やシワがつかず、型崩れしないこと。クローゼット内でずっとかけた状態で保管することになるので、大切な衣類を長く着るためには厳しくチェックしたいポイントです。

基本的には、スーツはスーツ用ハンガー、スラックスはスラックス用ハンガー、シャツはシャツ用ハンガーというように、衣類のジャンル別に専用のハンガーを使用すると安心です。それぞれのアイテムにぴったりな形状を計算して作られているので、衣類に負担をかけることなくきれいな状態で収納することができます。

また、バッグ用ハンガー・ネクタイ用ハンガーなど、アイテム収納に特化したハンガーも多く販売されているので、要チェック。クローゼット内を整理整頓するためにも、ジャンル別ハンガーを賢く利用してみましょう。

【収納用】スリムで省スペースなハンガーで統一感を

収納用ハンガーでもう1つ意識したいのが、ハンガーの厚さ。ハンガーそのものに厚みがあると、クローゼット内でかさばり、スペースが無駄になってしまいます。スリムタイプのハンガーを選べば、スペースを有効活用して、たくさんの衣類をきれいに収納することが可能に。見た目も統一感が出て、スッキリとした印象に整えることができます。

中には、ハンガーにフックがついていて、縦に連結できる商品もあります。縦のデッドスペースを減らすことができるので、クローゼット内の収納に悩んでいる方はぜひ取り入れてみてください。

【洗濯用】たくさんかけられるタイプがベスト!軽量だと家事の負担軽減に

洗濯用ハンガーで大切なのは、洗濯物がたくさんかけられること。家族の人数が多い家庭や、小さい子どものいる家庭では、どうしても毎日の洗濯物の量が膨大になりますよね。物干し竿や洗濯ラックの限られたスペース内で大量の洗濯物を効率的に干すには、10連ハンガーのように複数のハンガーを連結できる商品がおすすめです。

また、水を含んだ洗濯物は、見た目以上に重量があるもの。洗濯を干したり取り込んだりする作業の負担を軽減するには、ハンガー自体は軽量なものを選ぶのがポイントです。軽量なアルミ製やステンレス製のハンガーは、見た目も生活感が出にくくシンプルなので、外干し用に上手に活用すると良いでしょう。

【洗濯用】耐久性が重要!洗濯ピンチ付きなど、風で飛ばない工夫にも注目

洗濯は外に干すことが多いので、日光や雨風の影響でハンガーや洗濯ばさみは劣化しやすいものです。プラスチック製のハンガーを利用していて、ぱきっと折れてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。これを防ぐには、アルミ製やステンレス製など、日光や水分で劣化しにくく、丈夫な素材のハンガーを使用するのが一番です。

もう一点、外干しで困るのが、風で洗濯物が飛ばされてしまうことでしょう。これを防ぐには、ハンガーに洗濯ピンチが付いているものを活用すると効果的。また、物干し竿やラックからハンガーごと飛ばされることがないように、ポールに固定できるタイプのハンガーも人気です。

クローゼットの衣類収納におすすめなハンガー5選!スリムタイプやピンチ付きが人気

ここからは、おすすめのハンガーを厳選して紹介していきます。まずは衣類収納にぴったりな人気ハンガーからチェックしていきましょう。ポイントは、省スペースなスリムタイプや、服をしっかり留めることができるピンチ付きのものを選ぶことです。

1. 大人気♪MAWAハンガー(マワハンガー)エコノミック

大人気♪MAWAハンガー(マワハンガー)エコノミック

近年、ハンガー業界で大ブームを巻き起こしているのが、ドイツ発の「MAWAハンガー」。創業60年以上の老舗メーカーで、省スペース・機能性・耐久性全てにおいて優れていることから、世界中で愛用者のいるハンガーブランドです。独自のノンスリップコーティング加工で、どんな衣服もすべらずにきれいな状態で保管可能。複数の種類がありますが、特に人気なのが、弧を描いたデザインがユニークな「エコノミック」です。襟ぐりが広い衣服でもすべり落ちにくく、型が角ばっていないので型崩れしにくいのが特徴。また、約1cmの薄さで、クローゼット内の空間の有効活用に役立ちます。

2. MAWAハンガー シングルパンツ・スラックスハンガー

MAWAハンガー シングルパンツ・スラックスハンガー

MAWAハンガーの誇るもう1つのロングセラー商品が、「シングルパンツ・スラックスハンガー」。パンツやスラックスを1本かけることができる、シンプルながら計算された作りのハンガーです。パンツ以外にも、収納に困りがちなロングスカートやスカーフ・ベルトなどの整理にも使えるので、どんな家庭でもマルチに活躍してくれるはず。摩擦力の強さのあまり、ハンガーから服が外しにくいことがあるので、ハンガーを手で押さえて、衣類を少し浮かせるようにして外すのがポイントです。

3. 「すべらないハンガー」コラム・ジャパン ダッチハンガー

「すべらないハンガー」コラム・ジャパン ダッチハンガー

「すべらないハンガー」として日本でも定番商品となりつつあるのが、ドイツ発でアメリカやヨーロッパで累計2,800万本のロングセラー商品となっている「ダッチハンガー」です。ベルベット素材がシャツやブラウスなどもしっかりキャッチし、跡やシワを付けることなく、キレイに保管することができます。カラーバリエーションが豊富なので、家族でそれぞれ好きなカラーで統一したり、クローゼットごとに色を変えたりして楽しむことも可能。非常にスリムなので、狭いクローゼット内でも重宝するでしょう。

4. スーツの収納に!シンコハンガー ジャケット回転式42 F-Fit

スーツの収納に!シンコハンガー ジャケット回転式42 F-Fit

「シンコハンガー ジャケット回転式42 F-Fit」は、スーツの収納に最適な商品です。滑り止めの付いたバー付きで、ジャケットとスラックスを一緒にかけることができるようになっています。肩の作りが立体的なので、ジャケットの型崩れを防ぎ、肩のラインをしっかりキープ。回転式・肩のすべり止め付きと、細部まで使いやすさにこだわったハンガーなので、一本持っておいて損はないでしょう。

5. KiGesYo ズボンハンガー スカートハンガー

KiGesYo ズボンハンガー スカートハンガー

「KiGesYo ズボンハンガー スカートハンガー」は、その名の通り、パンツやスカートなどのボトムスの収納に特化したハンガー。クリップでしっかり挟む力をキープしながらも、衣類に挟み跡がつきにくいよう工夫されています。ステンレス製でさびにくいので、長い間使用することができるのも魅力です。

洗濯用におすすめなハンガー5選!丈夫な素材で実用的な商品を活用しよう

続いて、洗濯用としておすすめなハンガーも見ていきましょう。ベランダなどの屋外でも安心して使える、耐久性の高いタイプがおすすめです。

1. オーエ HOS ベランダ用 8連ハンガー

オーエ HOS ベランダ用 8連ハンガー

「オーエ HOS ベランダ用 8連ハンガー 」は、補助フックが付いており、安定感に優れた商品。風が吹いても飛ばされる心配なく、省スペースで8枚の衣類を干すことができます。キャッチフックを使用すれば、通常の物干し竿で干すことも可能です。干すものに合わせて、肩を伸縮させることができるので、衣類の型崩れを防ぎます。

2. ツウィンモール 洗濯 物干し アルミのびのび9連ガー TA-8

ツウィンモール 洗濯 物干し アルミのびのび9連ガー TA-8

「ツウィンモール 洗濯 物干し アルミのびのび9連ガー TA-8」では、ハンガーへ衣類をかける作業・外す作業が簡単に行えます。ヨレがちなTシャツの首元も、伸ばすことなくきれいに干すことが可能。とても軽量でたくさん干しても扱いやすく、コンパクトにたためるので収納にも場所をとりません。ハンガーはそれぞれ取り外して使用することもできるので、少量の洗濯物のときにも活躍してくれます。

3. 無印良品 オールステンレス角型ハンガー・大

無印良品 オールステンレス角型ハンガー・大

小物類をたくさん干したい方におすすめなのが、「無印良品 オールステンレス角型ハンガー・大」。28個のピンチ付きで、靴下・下着などの小物類を、程よい感覚をあけながらたっぷり干すことができます。ピンチの力が強すぎず弱すぎず絶妙な加減なので、衣類を傷めることなく、しっかり留めることが可能・本体もピンチもオールステンレス仕様なので、錆びる心配なく、屋外でもガンガン使えます。同じシリーズの小型はピンチ18個付き。家族の人数や洗濯ものの量に応じて、大きさを選ぶと良いでしょう。

4. Foccoe 304 ステンレスハンガー

Foccoe 304 ステンレスハンガー

シンプルながら、使い勝手抜群で無駄がない「Foccoe 304 ステンレスハンガー」。肩に緩やかなくぼみがついているので、タンクトップやキャミソールをしっかりかけることができ、また通常の衣類もすべり落ちにくくなっています。見た目もシンプルでおしゃれなので、ベランダもできるだけ生活感を出したくないという人におすすめです。

5. バスタオルハンガー

バスタオルハンガー

カラフルカラーがおしゃれな「バスタオルハンガー」は、毎日洗濯する機会の多いバスタオル干しに特化した商品。幅が69cmくらいまで伸ばせるので、大判のバスタオルもしっかり広げて効率的に干すことができます。また、コンパクトに縮めることもできるので、収納も場所をさほどとりません。通常のハンガーとしても使用できるので、洗濯物の多さや種類によって使い分けましょう。

おすすめのハンガーで日々の暮らしをもっと快適に♪

ハンガーとメンズアウターの写真

あまり普段は意識しないハンガー。使いやすさに焦点をあてて商品選びをすれば、日々の家事を楽にしてくれる可能性も十分にありえます。毎日使うものなので、自分に合った商品をしっかりと見極めることが重要です。使いやすいハンガーを手に入れて、日々の暮らしをもっと快適に変えていきましょう♪



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!