moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

パナソニックのビデオカメラおすすめ厳選6選!人気の4Kモデルも!

中間睦月
2018-12-03
  • LINE友だち追加


パナソニックのビデオカメラの特徴

あらゆる角度に対する精密な手ブレ補正

パナソニックのビデオカメラは、初めて利用する人が動画撮影する際の失敗を防ぐ機能が付いているので初心者におすすめです。手ブレ補正機能は5軸対応になっていて、あらゆる方向に対しての手ブレ補正機能が自動で働くようにオートモードが標準になっています。

好みに合わせてマニュアル操作を行えば、手ブレ補正の強度を変更することも可能です。傾き補正も付いているので運動会シーズンに大活躍。手を伸ばして人混みを避けた撮影に役立ちます。

パナソニックの傾き補正は、カメラが少しくらい傾いていても、撮影時は自動的に水平になるよう調整されるので、後で録画内容を確認した時に斜めになっていたという問題を避けられます。他のメーカー製品では斜めのまま撮影されてしまうために、一度パナソニックのビデオカメラを購入した人は次もパナソニックを指名するケースが増えています。

逆光を気にせず撮影できる

パナソニックのビデオカメラの特徴として、カメラに詳しくない人が失敗しがちな逆光撮影を助けてくれるHDR動画撮影機能が挙げられます。HDRボタン1つ押すだけで、ハイダイナミック動画撮影ができます。

この機能は、Long露光とShort露光で2枚の画像を撮影して1枚に合成する仕組みです。これにより白飛び部分は暗く、黒くつぶれる部分は明るく撮影されるわけです。各フレームで連続してHDR撮影を繰り返すことで、逆光シーンでありながらも順光撮影に近いコントラストで撮影出来ます。

ワイプ機能の可能性が無限大

パナソニックのビデオカメラは、ホームビデオ撮影機種の多くにワイプ機能が付いています。これは子どもの運動会や試合時の応援撮影をしたい人におすすめの機能です。メインカメラとサブカメラを同時撮影して、ピクチャーインピクチャーの形で1つの動画に仕上げることが出来ます。

実はこのサブカメラ、モニター部分に付いていて角度調整が出来るため、メインカメラで子どものシーンを撮影しつつ、サブカメラで応援している両親や家族を撮影することだって出来てしまいます。家族全員で参加している一体感が生まれます。

また、Wi-Fi接続機能やテレビメーカーでもあるパナソニックならではのVIERAとの接続機能により、ビデオカメラ撮影映像を大画面テレビやスマートフォンでも視聴可能です。家族全員で参加したイベントを後日の鑑賞会で思い出として蘇られることが出来るからこそ、家族に支持されるモデルとなっているわけです。

上級者でなくとも本格的な4K映像が撮れる

パナソニックの4Kモデルの中には「あとから補正」という機能が付いた機種があり、4Kモデルでは、広角撮影と高解像度を活かしてフレームアウトしない程度に被写体を撮影すると、後から再編集してブレている失敗動画を感動動画に作り変えることが出来ます。

パナソニックのビデオカメラの中でも4K機種は、広角撮影モードで追いかけたい被写体を1つ選択すると、顔・色・動きを認識して手ブレ補正をかけながらズーム映像を再編集出来ます。

撮影したままの映像がフレームアウトしそうで手ブレしていても、新・あとから追っかけ機能が付いた機種なら被写体を追いかけた映像として残せます。これなら撮影が苦手な人でも安心して撮影できます。

パナソニックのビデオカメラのおすすめ

HC-WZXF1M-K パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

ワイプ撮りが可能なHC-VX985M-Kは、2つのカメラを搭載した広角25mmレンズ採用の4Kビデオカメラです。運動会撮影時にも大活躍しますが、ピクチャーインピクチャーにより被写体と家族の様子を同時に記録に残したい人におすすめ出来ます。

実際の利用シーンを想定し、撮影に不慣れな人が失敗しがちな逆光撮影や階調が少ないシーンでコントラスト調整を自動で行うインテリジェントコントラスト搭載です。黒つぶれや細部がボケる状況を回避出来るので、初心者におすすめの機能です。

4K時にもAF撮影出来る4KハイプレシジョンAFを採用しているので、ピント合わせが苦手な人におすすめです。パナソニックのビデオカメラは、従来から5軸補正が特徴になっていますが、補正レベルは事前に設定が必要だったものをアダプティブO.I.Sにより自動的に補正モードが切り替わるようになりました。レンズユニットの手ブレ補正を従来のシャフトタイプからボールタイプに変更することで、さらに手ブレ補正に幅を持たせることに成功しています。

WX970M パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

WX970Mは、民生用ハンディービデオカメラとして世界初の4K撮影に対応したモデルとして、高画質撮影に関心が高い人におすすめの製品です。世界初のHDR動画モードも搭載しており、4Kカメラへの力の入れ方が感じられます。

HDR動画モードは映像の明暗差を補正して自然な明るさに合成する技術で、逆光撮影に慣れていない初心者におすすめしやすい製品です。パナソニックならではの5軸手ブレ補正は、HD撮影モード時と4K撮影モード時で効き目に違いがあるので、パナソニックのビデオカメラに慣れていない人は試し撮りしておくと良いでしょう。これからハンディービデオカメラを使いこなしてみたいと考えている人におすすめの高画質モデルです。

V360MS パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

初めてビデオカメラを手にする人におすすめしたいのがV360MSです。光学50倍ズームとiA90倍ズームを採用し、バッテリパック込みで約256gという軽量モデルです。

5軸手ブレ補正機能に加えて傾き補正が付いているので、運動会の撮影で腕を伸ばして撮影しても安心。カメラが傾いていても水平に補正して撮影出来ます。

また、おまかせiAモードで撮影すれば最大5人の顔を認識して露出とピント調整を自動的に行なってくれます。ビデオカメラの知識をさほど持っていなくても、手軽に撮影出来る点が初めての人におすすめな理由です。

W580M パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

パナソニックから同時期に発売されているシリーズモデルの中で上位となるW580Mは、光学50倍iAズーム90倍の運動会撮影におすすめな機種です。HDR動画撮影に対応しているので、逆光撮影でも失敗せずに綺麗に撮れます。

HD画質でありながら素早くピント調節が出来るHDハイプレシジョンAFにより、人物と風景の違いを認識してピント合わせしてくれます。また、パナソニックならではのWi-Fi接続によるモニターとスマートフォンの2つの画面表示が出来る子画面ツイン表示に対応しています。

HC-VX985M-K パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

HC-VX985M-Kは4K撮影が可能なだけでなく、最大の特徴である新・あとから追っかけ機能により、撮影失敗を取り消し出来る点がおすすめ出来ます。

広角撮影と4K撮影という2つの機能を同時にいかした撮影が可能です。広角ズームによりフレームアウトしないよう撮影し、被写体をタッチすると後から追尾してブレない映像として残すことが出来ます。これまで手ブレやフレームアウトに悩んでいた人に、おすすめしたい製品です。

HC-V520M パナソニックビデオカメラ

パナソニックのビデオカメラの画像

HC-V520Mは、光学光学50倍・iAズーム80倍・デジタルズーム150倍から最大500倍という高解像度を誇り、5軸対応手ブレ補正と傾き補正が付いた初心者に扱いやすい製品です。

スマートフォンや動画配信サービスとの連携機能があり、Ustreamライブ配信機能も付いています。スマートフォンと接続すると遠隔操作による撮影が可能で、Panasonic Image Appによりスマートフォンがライブビューリモコンになります。NFC対応なので設定も簡単に出来ます。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!