おすすめのドラレコ10選!高画質な商品が人気!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おすすめのドラレコ10選!高画質な商品が人気!

おすすめのドラレコ10選!高画質な商品が人気!

moovoo編集部
2019-01-02
×

シェアする


高画質なドライブレコーダーが人気!

車内のドライブレコーダー

高価なイメージもあったドライブレコーダーですが、現在では比較的安く、高性能で高画質なタイプが手に入ります。ますますコンパクトにもなってきているので、画質の良さだけではなく用途やサイズも意識した商品選びをしてみましょう。

2018年おすすめドライブレコーダーの選び方

せっかくドライブレコーダーを付けていても、画質の悪さが原因でナンバープレートが読み取れなければ意味がありません。最低でも200万画素以上の製品を選んで、いざというときに備えましょう。画角や補正機能も重要です。

高画質なドラレコを選ぼう!

ドライブレコーダーは200万画素、解像度フルHD(1920×1080)のタイプが主流となっています。ナンバープレートの数字が読み取れない程度のスペックでは、ドライブレコーダーを付けている意味はあまりありません。フルHDレベルのスペックならばナンバープレートも読み取ることができるため、事故などが発生した場合でも証拠能力が高くなります。

このスペックを超えるハイエンドモデルもありますが、基本的にはフルハイビジョンの録画をすることができれば問題ないでしょう。ただし、画質が良いというだけでは明るさが変わったときなどに逆光映像が不鮮明になってしまう可能性があるので、さらなる機能を意識して選びます。

自転車の飛び出しなどにも対応できる画角をチェック

飛び出しなどがあった場合のことを考えれば、カメラの撮影範囲は広いに越した事はありません。最近では100度以上の画角があるドライブレコーダーが多くなっています。120度を超える商品も珍しくありません。画角には、横の撮影範囲を表す水平画角、縦の撮影範囲を示す垂直画角、斜めの撮影範囲を表す対角画角がありますが、ドライブレコーダー選びで重要なのは水平画角です。

水平画角の角度が広ければ広いほど、予期せぬ飛び出しの一部始終を撮影することができます。万が一に備えて、できるだけ広い画角の製品を選びましょう。

夜間でも撮影できる画像補正機能の確認も忘れずに

時間帯や天候によって明るさは変わるため、トンネルの出入り口など突発的に明度が変わる場所の明るさ補正や、夜間のクリアな撮影が可能かどうかをチェックしましょう。WDR(ワイドダイナミックレンジ)やDHR(ハイダイナミックレンジ)が搭載されていれば自動的に明るさを補正してくれます。

明るさの変化に対応できない機種は、暗い場所の黒つぶれや、明るい部分の白とびなどが発生して映像が見づらくなってしまいます。場合によってはナンバープレートの認識ができなくなることもあるので、ドライブレコーダー選びでは特に注意したいところです。

さまざまな機能をチェックしてみる

多彩な機能もドライブレコーダーの魅力です。エンジン始動と同時に録画を開始する常時録画モードが装備されているドライブレコーダーは多いですが、中には、駐車中の振動を感知して自動的に撮影を開始する「衝撃センサー」が付いている製品もあります。車上あらしの対策にもなりますので、製品選別時には機能をしっかりと確認してみましょう。

最近ではLED式の信号機も増えてきたため、LEDの点滅周期と重なることで、信号機が無点灯の状態で記録されてしまうことがあります。これを防ぐために、撮影周期の調整がされている製品もあるので合わせてチェックしてみてください。

おすすめのドライブレコーダー10選

ここからは、おすすめのドライブレコーダーを10商品紹介します。画質の高さはもちろん、画像補正や駐車中の自動録画などの機能も確認しながら、安心して運転するための1台をみつけてくださいね。

取り付け位置に困らないコンパクトサイズ「コムテックドライブレコーダー ZDR-012」

手頃な価格ながら、フルHD (1920×1080)を実現。フレームレートや画角などの基本性能も十分なうえ、コンパクトで軽量なので取り付けも容易です。新開発の「高速起動システム」によって、エンジンをかけた直後から自動的に録画を開始、走り出した瞬間の映像も逃しません。

明度差がある場所や逆行などにも強いWDR/HDR機能を搭載。夜間でも綺麗な映像を残すことができます。さらに、Gセンサーが内蔵されているので衝撃を自動で検知、「衝撃録画データ」として自動的に記録します。画角は水平109度です。

1台2役のレコーダー「ASUS RECO Sync Car and Portable Cam」

ドライブレコーダーとしてだけではなく、外出先でアクションカメラとしても使うことができる楽しさも併せ持った、持ち運び自在なカメラです。クリアな画質を残すために、SONY製のCMOSセンサーを搭載。動画はもちろん、静止画もクリアで彩度の高い画質を実現しています。

WDR技術によって、逆行や黒つぶれ、白飛びなどを防ぎ、綺麗な画像を残します。レンズ画角は150度を実現。突然の飛び出しにもしっかりと対応できます。駐車中でも前方の動体検知で自動的に録画する監視モードも搭載しているので、車上荒らしなどの防止にも役立ちます。

フルHDの高画質で鮮明な画像を記録「ユピテル DRY-V2」

エンジンのオン、オフに連動した「常時録画」のほか、記録ボタンを押すことによって専用のフォルダに映像ファイルを記録する「ワンタッチ録画」、衝撃を検知した場合にその瞬間の映像を保護する「Gセンサー記録」の3種類の録画補法でドライブ中に活躍します。

バックアップ機能が搭載されているので、重大な事故によって電源が切れても映像をしっかりと保護します。悪天候時や夜間でもクリアな映像を記録できる300万画素のCMOSをレンズ部に採用、旅の思い出記録にも役立ちます。HDR搭載、最大画角120度を実現しています。

後方も見やすいルームミラータイプ「PAPAGO! GoSafe 268 ルームミラー型ドライブレコーダーGS268-16G」

16GBのMicroSDHDカード付属、最大で64GBまで対応しています。突然の明るさの変化に対応するためのHDR機能を搭載。夜間やトンネルの出入り口などでも白飛びや黒つぶれを軽減して綺麗な映像を残します。また、「SONY CMOSイメージセンサー」の採用によって、夜間撮影にも強いドライブレコーダーを実現しました。

常時録画のほか、衝撃録画と手動録画にも対応。防眩加工処理が施されたワイドミラー式なので、視認性の高さは抜群。カメラのアングルも簡単に調節することができます。水平画角110度です。

GPS機能を搭載した200万画素フルスペック「ユピテルドライブレコーダー WD300」

手頃な価格ながら、200万画素の映像とGPSの搭載など、多彩な機能が搭載されています。HDRも機能搭載されているので、逆光などによる白飛びなどを抑え、綺麗な映像を記録することができます。幅62mm、高さ48mm、奥行38mmというコンパクトサイズで、運転中でも邪魔にならず、視界への入りにくさも実現。

高画質撮影時に発生する地デジノイズを軽減するほか、全国のLED式信号機もしっかりと撮影可能です。モニターは2インチの液晶を搭載しています。最大画角130度、サポート範囲の広さも魅力です。

内蔵バッテリーでエンジン停止後も監視続行「ケンウッド ドライブレコーダー DRV-325」

エンジンスタート共に自動で録画を開始する常時録画機能を搭載しているので、初心者でも操作は簡単です。HDRを採用して、急激な明るさの変化にも対応、あらゆるシーンで鮮明な映像を記録します。フルハイビジョン録画によって、クッキリとした綺麗な映像で旅行の思い出を楽しむこともできます。

コンビニなどでのちょっとした買い物で電源がオフになった場合でも、約25分間、動体や衝撃を監視します。感知した場合には、約10秒間の自動録画の後、映像が保存されます。長時間の記録にも対応することができる32GBのmicroSDカード付き。

高性能なフルHD200万画素タイプ「ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST6000d」

最大154.8度の画角で、広い範囲の映像を200万画素のフルHDで記録することができます。ハイダイナミックレンジ機能で逆光やトンネルの出入り口などに生じる黒つぶれ等を軽減、鮮明な映像を記録します。録画は安心の常時録画をはじめ、撮影中の映像上書きを防止するワンタッチ記録、衝撃を検知した場合に上書きを防止するジーセンサー記録の3種類を搭載しています。

全国のLED信号対策済み。なお、駐車監視機能に特化したシステムは別売りとなっていますので注意が必要です。16GBのmicroSDカード付き。

高速起動と駐車監視で初心者でも安心「コムテックドライブレコーダー ZDR-014P」

駐車監視機能に特化した直接配線コード付属。駐車中でも衝撃を検知して映像を記録したり、常時録画をすることができます。駐車監視機能を通常オフ状態に設定していても簡単に使用できるワンタイム駐車監視モード搭載。逆に、機械式の立体駐車場などに停車する場合には、駐車監視モードを一時的に解除することもできます。

3分の1インチイメージセンサー搭載。イメージセンサーを大型化することによって、夜間の明るさ向上や、より鮮明な映像を実現させています。また、地デジによるノイズ対策や全国のLED信号機にも対応しています。水平画角は120度です。

ハイスペックなワンボディ「パイオニア カロッツェリア ドライブレコーダー ND-DVR10」

207万画素の高解像度MOSセンサーを搭載、フルHDにも対応しています。なお、画質は「1920×1080p」か「1280×720p」のいずれかを選択することが可能です。記録の開始はエンジンと連動、衝撃を感知した場合には映像を自動的に保存する「イベント録画機能」を搭載。衝撃検知の瞬間から10秒間と、検知をする前の10秒間を記録します。

写真撮影機能が付いているので静止画を取りたいときにも活躍。また、音声の記録も可能なので、ドライブの思い出記録としても使うことができます。音声記録はオン、オフの切り替えが可能です。駐車中でも動体を検知して自動録画する駐車監視機能搭載。水平最大視野角は105度です。

画質の高さは業界トップクラス「ケンウッド WideQuad-HD DRV-630」

WQHD(2560×1440)搭載モデルです。フルハイビジョンの1.8倍の解像度で、ナンバープレートの細かい部分までしっかりと記録します。高画質なフルハイビジョンモードとWQHDモードの切り替えも可能。録画のエラーを防止するためのSDカードフォーマット警告機能付きで、大切な映像をしっかりと残します。

常時録画や手動録画のほか、衝撃を検知して録画するイベント記録や、駐車中の車を監視する駐車監視モードなど、シーンに合わせた多彩な録画モードを搭載しています。また、「前方衝突警告」や、「車線逸脱警告」「リフレッシュ通知」といった運転支援機能が搭載されているため、運転のサポートと同時に、事故防止にも役立ちます。HDR搭載モデルです。

おすすめのドライブレコーダーで安心のドライブを!

女性とドライブレコーダー

いろいろなメーカーから発売されているドライブレコーダーですが、それぞれに特徴や機能の差が存在します。自分の用途を改めて確認したうえで、最適な機種を選んでくださいね。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!