折りたたみ自転車のおすすめ商品10選!人気ブランドや自分に合った選び方を紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

乗り物

>

折りたたみ自転車のおすすめ商品10選!人気ブランドや自分に合った選び方を紹介

折りたたみ自転車のおすすめ商品10選!人気ブランドや自分に合った選び方を紹介

moovoo編集部
2018-10-24

折りたたみ自転車があれば日常生活や通勤・旅行先でも大活躍!

オシャレな降りたたみ自転車の写真

折りたたみ自転車はメーカーや車種も幅広く、安全性や機能性に優れた商品が多数販売されています。デザイン性も豊かですので、購入の際は迷われる方が多いのではないでしょうか。今回は、失敗しないための選び方を詳しく解説していきます。信頼できる人気ブランドから厳選のおすすめ10商品も紹介しますので、自分好みのデザインを探してみましょう。折りたたみ自転車があれば、普段の生活でも旅行先でも、様々な楽しみ方ができるはず。ぜひ乗り方をイメージしながらご覧ください。

折りたたみ自転車を選ぶ時のポイントを紹介

街乗りや通勤はもちろん、旅行先や、海や山などのアウトドア!車や電車に載せて、どこでも一緒に行ける折りたたみ自転車。どんなシーンで利用したいですか?失敗しない選び方を詳しく解説しますので、参考にしてください!

女性でも扱いやすい軽量さが魅力!本体の重量で選ぶ

収納がコンパクトな折りたたみ自転車ですが、重いと気軽には持ち運べません。フレーム素材などを確認して、手持ちなら10kg前後、車に積み込むなら20kg以下のものというように、状況に合わせて選んでください。フレームやパーツなどの材質が、軽さと丈夫さの両立に影響するので、必然的に製品の値段にも反映されます。なので、軽くても極端に値段の低いものには注意してください。

収納のしやすさにも影響!折りたたみ方で選ぶ

折りたたみ方には3タイプあります。2つ折りタイプ・後輪を下に折りたたむタイプ・縦型タイプで、それぞれ折りたたんだ時のサイズや形状が異なります。折りたたみタイプは、奥行きと高さがほとんど均等になるので、狭いスペースにも収納しやすいのが魅力。縦型タイプの場合は、縦長で幅をとらないので、電車やバスに持ち込むのにおすすめです。事前に収納する場所のサイズを計測しておくと安心でしょう。

持ち運びやすい小径orスピードが速い大径?タイヤサイズで選ぶ

モデルによってタイヤのサイズは多岐に渡ります。8インチ・16インチなど、18インチ以下の小径モデルでは、タイヤが小さい分だけコンパクトです。持ち運びやすいというメリットがある一方で、段差に弱かったり、スピードが出にくかったりというデメリットもあります。乗り方や乗る場所によって、適したタイヤのサイズを選んでください。

変速ギア数・電動アシスト機能で選ぶ

折りたたみ自転車には、変速ギアが搭載されているモデルがあります。坂道や長距離での走行の快適さを左右するので、ぜひチェックしてみてください。また、変則ギアには外装式と内装式があります。外装式の場合、段数は多いですが、チェーントラブルが起こる可能性が高く、こまめなメンテナンスが必要です。内装式の場合は、段数は少ないですが、メンテナンスは手軽で、チェーントラブルが起こることも稀でしょう。また、中には電動アシストが搭載されている折りたたみ自転車もあります。上り坂での運転は楽になりますが、重量が増えるのはもちろん、充電する手間もかかるので注意が必要です。

購入前に知っておこう!折りたたみ自転車を安全に使うための注意点

折りたたみ自転車には、通常の自転車とは違う注意点があります。まず、タイヤの空気入れですが、コンパクトなだけに、通常のタイヤと比べて若干空気が抜けやすいです。空気圧を調整しながらきちんと空気を入れる必要があります。パンクしたときのために、専用の予備チューブを用意しておくと安心でしょう。また、外出先の自転車店では規格にあったチューブがない場合があります。最後に、折りたたみ自転車は普通の自転車に比べ、部品点数が多いので、故障のリスクを減らすためにも、年に1度は購入店に出して点検するのがおすすめです。

折りたたみ自転車の人気定番ブランド・メーカーから10商品を紹介!

手軽に乗れる折りたたみ自転車ですが、安全性は重要です。そこで、信頼できる定番の折りたたみ自転車ブランド・メーカーから選んだ、おすすめの10商品を紹介してきます。

1. ダホン(DAHON) イージー D3

折りたたみ時のコンパクトさが魅力の「ダホン(DAHON) イージー D3」。フレームとフォークにアルミ素材を使用した、重量は9.8kgと軽量な16インチの折りたたみ自転車です。ダホンオリジナルの3段変速機を搭載しており、タイヤ幅が1.35インチと細めで路面抵抗が小さいため軽快な走りを楽しめます。そして、一番の魅力は折りたたみ時のサイズです。高さ640×幅620×奥行き270mmというコンパクトさなので、たたんで持ち歩くことが多い方にぴったりです。

2. ダホン(DAHON) ミューSLX

折りたたみ自転車でも速く走りたい方は「ダホン(DAHON) ミューSLX」を選べば満足できるでしょう。特徴はシマノ製の11段階変速ギアで、抜群の加速性能があります。走行重視におすすめの20インチタイヤで、重量8.6kg、折りたたみ時のサイズは高さ650× 幅770× 奥行き350mmです。この軽量化は、持ち運びの時だけでなく、走行時にも威力を発揮します。

3. ブロンプトン(Brompton) S6L

スポーティー走行に向いている「ブロンプトン(Brompton) S6L」。6段変速機を装備した16インチの自転車です。ストレートハンドルのデザインは、自然な前傾姿勢をとれます。重量11.5kg、折りたたみ時のサイズは、高さ580×幅300×奥行き600mmで、ほぼ完全な真四角状態になります。重量は特別軽いというわけではありませんが、 ブロンプトンの自転車ならばキャスターが付いているので、折りたたんだ状態で転がせ、携帯性に優れています。

4. ルノー(RENAULT) マグネシウム6

2018年新作モデルの「ルノー(RENAULT) マグネシウム6」は、リーズナブルな価格が魅力です。フレームにマグネシウムを使用することで、重量7kgにまで重さを抑えました。折りたたみ時、高さ660×幅300×奥行き570mmになるコンパクトサイズもポイントです。タイヤは14インチで幅は1.75インチと太めなので、段差の衝撃を吸収してくれます。変速はできませんが、アルミハンドルの高さを調整できるので好みのポジションで走れます。

5. ルノー(RENAULT) カーボン6

「ルノー(RENAULT) カーボン6」は、カーボンファイバー製のフレームを使用して本体重量6.7kgという超軽量化を実現。折りたたみ時のサイズは高さ600×幅380×奥行き600mmと、かなりコンパクトな自転車です。タイヤは14インチで幅が1.35インチと細めなのですが、ペダルに力が入りやすい設計で、タイヤの小ささを気にせず走りが楽しめます。変速機能はありませんが、持ち運びに便利なので、旅先での行動範囲を広げる際におすすめです。

6. ドッペルギャンガー (DOPPELGANGER)ブラックマックス ベステンダンクバージョン202-S-DP

Blackmaxシリーズの2018年モデルの「BLACKMAX besten dank202」はロードバイクの名にふさわしいアクティブに走れる折りたたみ自転車です。身長150~180cmまで幅広く対応でき、ロングシートは高身長でも楽に運転できます。アルミフレームを使用し、重量12.3kg。折りたたみ時のサイズは高さ660×幅400×奥行き820mmと、高い機能性の割にコンパクトです。フレームにはドリンクホルダーなどのカスタムパーツがつけやすい工夫がされています。

7. バーディ(birdy) モノコック Air

2015年にフルモデルチェンジした「モノコック Air」。前後にサスペンションが付いた乗り心地の良さで、長距離走行もこなせます。9段変速機や低重心化されたデザインにより、走行性能が高く、スポーツバイクともいえる優れた設計になっています。タイヤサイズは細いので、路面抵抗が少なく軽快な走りが楽しめます。重量9.87kg、折りたたみ時のサイズは、高さ600×幅720×奥行き340mmとコンパクトでスマートなデザインですが、剛性の高い丈夫な自転車です。

8. ナノー(NANOO) FD-1408

見た目のインパクトが強い「ナノー(NANOO) FD-1408」。最大のポイントは、約15秒で折りたたみできる簡単操作です。14インチの小径自転車でありながら、8段変速機と、雨の日にも制動力が高いディスクブレーキが前後に装備されており、走行性能に優れています。フレームやハンドルバーにアルミ素材を使用して重量12.5kg。折りたたみ時のサイズは高さ1000x幅700x奥行き260mm。フレームバッグ、輪行バッグの付属品があり、収納面も安心です。

9. パナソニック(Panasonic)トレンクル PEHT423

コインロッカーにも入るコンパクトな「パナソニック(Panasonic)トレンクル PEHT423」。軽さにこだわった14インチの折りたたみ自転車です。重量6.9kg、折りたたみ時のサイズは高さ550×幅580×奥行き350mmです。トレンクルという製品名は、トレインとサイクルの掛け合わせで、その名の通り列車と自転車二つの移動手段を気軽に叶える、持ち運びに優れた自転車です。

10. ブリヂストン(BRIDGESTONE) グリーンレーベル シルヴァ F6F

コスパの良さでおすすめのは、「ブリヂストン グリーンレーベル シルヴァ F6F」です。6段変速機を装備し、タイヤサイズは20インチ幅1.5インチと太めで、段差が多い道も安定した走りが可能です。通勤通学から、アクティブな走行も楽しめます。重量は12.5kg、折りたたみ時のサイズは、高さ752×幅835×奥行き440mmです。ランプやベルそして前後リフレクターなどのオプションパーツが標準で装備され、3年間自転車盗難補償もついています。

折りたたみ自転車のある生活を楽しもう!

降りたたみ自転車でサイクリングしている写真

折りたたみ自転車の選び方や、おすすめの商品を紹介しましたが、いかがでしたか?折りたたみ自転車は、置き場所にも困ることもなく、小回りの利くとても便利で身近な乗り物です。折りたたみ自転車で行動すると、普段の街の中や、旅行先でも、新たな発見に出会う機会が増えるかもしれませんね!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!