HOME

>

家電

>

【最新版】電気シェーバー、おすすめ10選!肌質や駆動方式で選ぼう

【最新版】電気シェーバー、おすすめ10選!肌質や駆動方式で選ぼう

moovoo編集部
2018-10-23
2020-11-26

髭を剃るのに電気シェーバーを使っていますか?買い替える方も、初めて購入する方も、選び方をご存じの方は少ないのではないでしょうか。今回は、電気シェーバーを選ぶ前に抑えておきたいこと、おすすめ商品を紹介していきます。

電気シェーバーの選び方

電気シェーバーの選び方は、肌質・3種類の駆動方式・電源タイプ・防水機能などを選ぶことで、ピッタリなものが見つかります。

まずは肌質や髭の質を把握しておこう!

電気シェーバーを選ぶ前に、肌質や髭の質を把握しておくことが大事です。

敏感肌の方は、コスパの良さよりも肌に優しいタイプのものを選ばないと、剃った後に腫れた感じが残ってしまいます。
一方で、髭が濃い・太い方は、切れ味がいいものでないと、青くなったり剃り残しが目立ってしまいます。

電気シェーバーは安いものから高いものまで様々

シェーバーを使う男性の画像

電気シェーバーは、1,000円台の安いものから、丸洗いできるものは3,000~5,000円ほどの間で購入できます。1万円ほどになると、ハイエンド同等の網刃を使用しているメーカーもあるので、切れ味の良さを求めるなら、予算を1万円前後に設定することをおすすめします。

このように、電気シェーバーの値段は幅広いです。肌や髭にトラブルを抱えている方は、電気シェーバーの中でも最高峰と言われる、20,000円~30,000円台のモデルを思い切って購入してみるのも良いかもしれません。

深剃りには往復式、回転式は肌にピッタリ!駆動方式で選ぶ

電気シェーバーの駆動方式は、主に3種類あります。

往復式

パナソニック・ブラウンなど、多くのメーカーで採用されているスタンダードな駆動方式。名前の通り、刃を往復させる形で髭を剃ります。使用される刃の枚数が多いほど密着する部分が増え、切れ味がいいです。

メーカーにこだわりがなければ、バリエーションが豊富なので、選べる選択肢も多くなります。エントリーモデルやミドルクラスでも、深剃りできるので初めて電気シェーバーを購入する方におすすめです。

回転式

フィリップスに多い、丸い形状の駆動方式。ヘッド部分が円形で、肌に密着しやすい設計になっており、凹凸になっている顎の細部までを剃ることが可能です。円形の刃の部分は、数十枚の刃が組み合わさり、深剃りを可能にします。

肌が敏感な方・剃り残しなく仕上げたい方は、回転式をおすすめします。ただし、エントリーモデルでは、濃く・太い髭の方ではパワーが足りず少々不向きです。濃く太い髭の方は、よりいい刃・モーターを使用している上位モデルをおすすめします。

ロータリー式

ロータリー式の電気シェーバーは、円状のロータリー刃が髭をキャッチして剃るタイプの駆動方式。肌の密着感がよく、滑らかな剃り心地が特徴的です。

各商品のホームページには、ロータリーシェーバーの上手な剃り方が掲載されており、メーカー側も少々コツがいるということを分かってるようです。しかし、その分剃り心地がいいためファンが多いのも事実です。

電気シェーバーの性能は刃の多さやモーターの性能で決まる!

電気シェーバーの刃の画像

電気シェーバーの性能は、使用される刃の枚数・刃の形状・モーターの性能で決まります。特に刃の切れ味はもちろんですが、肌に接する面が多ければ剃り心地の良さにも繋がります。モーターの性能は、1分間に振動する回数が多いほどスピードが速いです。

ブラウン シリーズ9
刃の種類:5カット(4枚刃)
モーター性能:1分間/4万回転(音波振動テクノロジー)

ブラウン シリーズ8
刃の種類:4カット(4枚刃)
モーター性能:1分間/3万回転(音波振動テクノロジー)

フィリップス S9000プレステージ
刃の種類:24枚×3/合計72枚
モーター性能:1分間で15万カットが可能

切れ味がよく、モーターの回転性能がいいものは、ハイエンドモデルに採用されることが多いです。もちろん、回転数が多ければ剃り心地は良くなりますが、予算とのバランスを考えるとエントリーモデルやミドルクラスといった、コスパのいいものを選んでもいいかもしれませんね。

自宅なら交流式、出張・旅行に持ち歩くなら充電式と電源タイプで選ぶ

出張先で電気シェーバーを使う画像

電気シェーバーは、電源タイプの種類でも選べます。自宅での使用がメインであれば、充電タイプや交流式、出張や旅行など外出先で使うことが多い方は電池式・充電式をおすすめします。

充電式

リチウムイオン電池が内蔵されて繰り返し充電して使える電源タイプ。急速充電に対応していると万が一電池が切れたりしても、3~5分の充電で1回分の髭剃りが可能です。時間のない朝や出張先・旅行先で活躍します。

交流式

コードにつなげて使用するタイプ。多くは充電式と併用できるものが多く、突然電池が切れても充電を待たずに使えます。

電池式

主に乾電池を使用するタイプ。電池交換がその都度必要ですが、電源を取る必要がないうえに、ケーブルがなく、すっきりとコンパクトに持ち運べるため出張・旅行で活躍します。

全自動洗浄機能がついてるとお手入れがしやすい!

全自動洗浄機付きの電気シェーバーの画像

電気シェーバーを使った後のお手入れのしやすさも選ぶうえで欠かせないポイントです。全自動洗浄機能などがあれば、手間のかかる洗浄・乾燥・充電がすべて自動で行ってくれます。ただし、エントリーモデルでは、自動洗浄機能が付いていることは少ないです。最低でも、本体を丸洗いできるタイプはマストといえます。

本体の丸洗いができれば風呂でもシェービングができる!

風呂の電気シェーバーの画像

100%防水の本体丸洗いに対応していると風呂場での使用が可能です。使用後のメンテナンスも比較的簡単で、カバーを取り外してヘッド部分を丸洗いします。エントリーモデルでは、丸洗いできないこともあるので、メーカーの製品特徴や仕様書をよく読んで、チェックするようにしましょう。

ウェットシェービングに対応しているとジェルやフォームが使える!

ジェルやフォームで髭剃りをする男性

ドライシェービングのほか、ウェットシェービングに対応しているとシェービングジェル・フォームが使えます。気を付けたいのが、丸洗いに対応していても、ウェットシェービングには対応していないものもあるので注意が必要です。

メーカー一覧

フィリップス

フィリップスは、ヘルスケア商品を取り扱っているオランダの企業です。髭剃りのほかにも、電動歯ブラシなどが有名。特に電気シェーバーは回転式にこだわり、80年間形状を変えていません。回転式の電気シェーバーを選ぶのであれば、フィリップスをおすすめします。

ブラウン

ブラウンは、脱毛製品・ヘルスケア製品を取り扱うドイツの小型家電製品メーカーです。電気シェーバーはもちろん、女性用脱毛器・バリカンなどが有名。髭のスタイリングにこだわる男性には、ヒゲトリマー・マルチグルーマーなども人気です。

パナソニック

日本の大手家電メーカーであるパナソニック。テレビ・洗濯機・冷蔵庫など、大型生活家電のイメージがありますが、電気シェーバーのような美容家電・健康家電や小型家電も多く取り扱っています。電気シェーバーは、往復式をメインに開発しており、看板製品は5枚刃のラムダッシュです。

マクセルイズミ(maxell IZUMI)

マクセルイズミは、電設工具や家電製品を取り扱う日本の企業。電気工事に従事している方は、おなじみのメーカー。一般家庭向けの製品では、電気シェーバーのほかに、ヘアバリカンなどが有名なメーカーです。電気シェーバーは、往復式がメインですが、回転式も取り扱っています。

日立(HITACHI)

日立は世界でも有名な日本の家電メーカー。冷蔵庫・電子レンジなどのキッチン家電、洗濯機・掃除機の生活家電で有名です。電気シェーバーは、スタンダードの往復式のほか、回転式・ロータリー式も取り扱っています。

上記メーカーが、電気シェーバーで有名なメーカーになります。

AmazonなどのECサイトなら、ランキングや価格の比較もできます。購入前にもう一度考えたい方は、価格などで並び替え検索をすることをおすすめします。

メンズの髭剃りにおすすめの電動シェーバーを10商品紹介!

ここからは、毎日の髭剃りにおすすめの電動シェーバーを10商品紹介していきます。

1.パナソニック メンズシェーバー ES-RL15

「パナソニック メンズシェーバー ES-RL15」は、硬いヒゲでも根元からしっかりと剃ることができる、「30°鋭角ナノエッジ内刃」を搭載した3枚刃の電気シェーバーです。さらに、アゴの下など剃り残しやすい場所にもしっかり密着して剃り上げることができる「マルチフィットアーク刃」を採用。価格は安いですが、ストレスのないシェービングが可能です。風呂剃りにも対応しています。

2.イズミ S-DRIVE IZF-V558

「イズミ S-DRIVE IZF-V558」は「早剃り4枚刃」を採用した往復式シェーバーです。独立して交互に駆動する内刃で振動を抑え低騒音化。大容量のリチウムイオン電池を搭載しているので、一度充電をすれば4週間程度は使用可能です。クセがあって剃りにくい髭やモミアゲのお手入れにも最適な「ポップアップトリマー」も備えています。

3.ブラウン シリーズ3 3080s

「ブラウンシリーズ3 3080s」は3枚刃で往復式のシェーバーです。3つの外刃と内刃が浮き沈みすることで肌に密着し、肌に負担をかけず深剃りすることができます。ヘッド中央の内刃脇に搭載されている「マイクロコーム」が髭をしっかり取り込むことで、効率的な髭剃りが可能に。また、お風呂の中でも使える仕様になっているので便利です。

4.フィリップス 5000シリーズ S5050/05

「フィリップス 5000シリーズ S5050/05」は、「コンフォートカット刃」を採用し、肌への負担を抑えながら滑らかなシェービングができる回転式のシェーバーです。ヘッドは5方向に独立して動き、肌にぴったり密着。剃りにくい首やあごの髭を素早く深剃りすることができます。また、防水対応なので風呂に持ち込んで髭剃りが可能です。

5.パナソニック ラムダッシュ ES-LV9DX

「パナソニック ラムダッシュ ES-LV9DX」は肌にしっかりと密着し、5枚刃で長い毛やクセ毛までしっかり素早く深剃りをすることができる最新モデル製品です。また「ヒゲセンサー」が搭載されていて、髭が濃い部分はパワフルに・薄い部分はソフトに自動でパワーを調節してくれるので肌への負担が少なく敏感肌の男性におすすめ。さらにセットしてスイッチを押すだけで洗浄・除菌・乾燥の全てを行う全自動洗浄充電器が付属しています。

6.フィリップス 9000シリーズ S9731/33

「フィリップス 9000シリーズ S9731/33」は、ダブルV トラック刃を採用した回転式シェーバー。寝ている毛や長さの違う毛も逃がさずキャッチし、深剃りをすることが可能です。ヘッドは8方向に可動する「輪郭検知ヘッド」で肌にしっかりと密着してくれます。また、ボタンを押すだけで洗浄・乾燥・潤滑化・充電までを行ってくれるスマートクリーンがとても便利。常に清潔に保つことができる充電式シェーバーです。

7.イズミ Z-DRIVE IZF-V938

「イズミ Z-DRIVE IZF-V938」は、一度に広範囲の髭を素早く剃ることができる「スイングヘッド4枚刃」を採用した往復式のシェーバーです。「Turboモード」では、毎分10,000ストロークに達する高速モーターを搭載し、効率の良い髭剃りが可能。耐久性の高いステンレス刃を採用しているので、鋭い切れ味が持続します。一度の充電で4週間使用可能です。

8.ブラウン シリーズ5 5147s

「ブラウン シリーズ5 5147s」は人工知能テクノロジーを搭載した高機能シェーバー。髭の濃さを読み取り、自動でパワーを調節することが可能です。「3連サスペンションシステム」や「密着3Dヘッド」により、あごの下など細かい部分にもぴったりフィットし、剃り残しを防ぎます。

9.ブラウン シリーズ9 9292cc

「ブラウン シリーズ9 9292cc」は使用後にセットする充電スタンドが洗浄器にもなり、自動アルコール洗浄を行ってくれる商品。99.999%の除菌率で常に清潔に保てるので、安心して使えるところが最大の魅力です。充電と洗浄のレベルはデジタル表示してくれるので、必要か否かを判断するのも簡単。

ターボ音波の振動によって1回のストロークで多くのヒゲをキャッチし、ハイブリッド5カットシステムによって寝たヒゲもしっかりカット。何度も往復させなくてもスッキリと剃ることが可能です。

10.日立 ロータリージーソード RM-LX10D

「日立 ロータリージーソード RM-LX10D」は、長い髭やクセのある髭でもしっかりと深剃りすることができる2種類の刃を搭載した、ハイブリッドロータリー式シェーバーです。LED光乾燥器が付属していて、シェーバーをセットすると刃に温熱とLED光を照射。約1.5時間でシェーバーを乾燥・除菌・防臭して、清潔な状態を保ってくれます。

まとめ

髭のあるお父さんと娘

ここまで、電気シェーバーの選び方やおすすめ製品を紹介してきましたが、お気に入りの1台は見つかりましたか?

まだ見つかっていないという方も、選び方さえおさえてしまえば、ある程度は絞り込めるはずです。予算の都合もありますが、よりいいものを購入したいという方は、思い切ってハイエンドの電気シェーバーを選んでみるのもいいかもしれませんね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!