moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

カメラバッグのおすすめ選定!オシャレで機能性充実

moovoo編集部
2018-10-16
  • LINE友だち追加


オシャレなカメラバックが勢揃い!

オシャレなカメラバッグの写真

カメラを買って外へ出掛ける機会が増えたとき、カメラはどうやって運んでいますか。一眼レフやミラーレスのカメラの場合、衝撃が加わると壊れる可能性があるのでそのまま持って歩くわけにもいきません。カメラバックを持つことで衝撃からカメラを守ることができます。持ち歩くならオシャレに見えるバックがいいですよね。そこで今回は、オシャレで機能性のあるカメラバックを紹介していきます。

カメラバッグはここをチェックしよう!

カメラバックを選ぶポイントは全部で3つあります。ポイントを押さえておくことで自分に合ったカメラバックを見つけることができます。早速確認していきましょう。

自分の撮影スタイルに合わせて選ぼう!

撮影スタイルに合わせてカメラバックを選ぶことは大切です。たとえば、頻繁にカメラを持って遠出をする人であればリュックタイプにすることで、カメラを保護しながら最低限の荷物だけ持って旅行できます。反対に近所でしかカメラを使わないという場合はショルダータイプがおすすめです。両手が自由になることと、レンズの交換もしやすいこところがポイントです。デザインも女性向けのものから高級感のあるものまで豊富にあります。自転車やバイクでの移動が多い人はメッセンジャータイプがおすすめです。ショルダータイプとリュックタイプのいいとこ取りをしたようなカメラバックで、体に密着するので移動もしやすいでしょう。海外旅行やカメラを多く持って移動することが多い人にはキャリーバックがおすすめです。カメラを保護するという意味でもキャリーバックが優れているので、旅行が多い、機材が多い人にはピッタリです。

衝撃や防水加工も確認しよう!

衝撃や水、ホコリに弱いカメラにはクッション性の高いバックや防水加工が施されているものを選びましょう。1万円以上するバックではクッション性があるものは多いです。付属品としてレインカバーが付いているものもあります。もし安価なカメラバックを購入して防水加工がついていないようであれば、レインカバーを別で購入することをおすすめします。レインカバーは高くないので、カメラが壊れてしまう可能性を考えれば安いでしょう。

デザインも忘れずに!意外とオシャレなバックが多い

カメラバックというと落ち着いた色合いにゴツゴツとしたイメージを持っている人もいると思います。意外とオシャレでスタイリッシュなデザインのカメラバックが増えています。その理由はカメラを使う女性が増えてきたからです。海外メーカーのカメラバックはスタイリッシュで斬新なものが多く、機能性も十分です。

インナーケースを使うのもアリ

インナーケースとは、普段自分が使っているバックに仕切りのついたバックを入れることです。女性はバックにポーチを入れている人が多いですが、そのカメラバージョンといえばイメージしやすいかもしれません。いきなりカメラバックを利用するのは抵抗があるという人にはまずインナーケースから使ってみるのもおすすめです。普段のバックをカメラバックに切り替えられるので価格を抑えながらお気に入りのカメラを持ち歩くことができます。ほかにも、カメラが増えてしまったり交換レンズが増えたりとアイテムが増えてしまうときにもインナーケースは利用できます。

1万円以下!安いのにコスパ抜群のおすすめカメラバック

1万円以下でもコスパ抜群のカメラバックは多くあります。有名ブランドのカメラバックや機能が充実しているものまで1万円以下と思えないものばかりです。初心者の人はまず試しにどんなものか使ってみることをおすすめします。自分が持っているカメラや交換レンズ、アクセサリーなど何を収納すればいいのかがわかれば選びやすくなります。

ワンショルダーでこの価格!アマゾン「スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック」

近場のおでかけにはアマゾンのワンショルダーででかけるのがおすすめです。価格は安いですが、小型一眼レフとレンズ1〜2台収納可能です。仕切りパッドがついており、カメラの大きさに合わせて仕切りを変更できます。中の色はオレンジ色で探し物が見つかりやすいです。バックをズラせばすぐに写真撮影ができるので、シャッターチャンスを逃しません。内側にポッケがついているので、バッテリーやスマートフォン、SDカードを収納できます。バックは底にゴム脚がついているので立てることができます。

ミラーレスも余裕なメッセンジャー!「ハクバ プラスシェル シティ03 メッセンジャー L」

一見カメラバックに見えないデザイン性の高いハクバのプラシェルシティは、カラーは3色展開でそれぞれ中身の色がことなっています。たとえば黒のカメラバックであれば中の色はビビッドなレッドです。一眼レフと交換レンズ、お財布やスマートフォンなども収納ができます。ほかにもノートパソコンやタブレットの収納も可能です。重さは約580gで容量は8.5Lです。

コンパクトでオシャレ!「BAGSMART カメラバッグ 一眼レフ カメラケース ショルダーバッグ 」

コンパクトなのにデジタル一眼レフ、 1-2 交換レンズの収納が可能です。レインカバーも付いているので天候が悪い日でも大丈夫です。キャリーバックにも付けることできるので、旅行でも持ち歩きやすいです。ショルダーバッグにもなるのでシャッターチャンスがあるときには、手持ちからショルダーバッグに変えることができます。サイドポッケはメッシュになっているので、ドリンクを入れたりメモ帳やスマートフォンを入れたりすることが可能です。ジッパーメッシュポケットにはSDカードやモバイルバッテリーなど細かいアイテムも収納できます。価格が手頃でこのクオリティなのでコストパフォーマンがいいのでおすすめです。

見た目は普通のバック!「OUTDOOR PRODUCTS カメラショルダーバッグ02」

世界60カ国で愛されているアウトドアのショルダーバッグは、一見、普通のバックに見えますがしっかりとしたつくりのカメラバックです。ショルダーバッグやハンドバックにもなるので用途に合わせて使用できます。カメラが収納できるのはもちろんのことタブレットも収納できるので、撮影が終わってすぐにタブレットで修正や編集が可能です。ナイロン素材できていて重さは約500gです。カラーはネイビー、ブラック、バーガンディの3色展開でどれもシックな色合いで落ち着いた雰囲気です。カメラを持ち歩かない日は普通のバックとしても利用できるので、使える幅が広いです。

女子が喜ぶキュートなカメラバック!「カメラケース ディズニーキャラクター Disney Classics」

可愛らしいピンクがキュートなディズニーのカメラバックは、カラフルなデザインが目を引きます。可愛らしさを残したまま大切なカメラはしっかり守ります。重さは約116gで高さ約10×幅17×奥行き16(cm)です。面テープの開閉タイプで誰でも簡単に開けやすい設計です。ファスナーポケットがついているので、SDカードも保管しておくことができます。防水加工や防災加工はされていないので、火の気や水気がある場所での使用は注意して使いましょう。

1万円以上!機能充実のおすすめのカメラバック

カメラバックに1万円以上は高いと感じる人も多いでしょう。しかし、価格が高いのには納得できる機能が備わっているのです。充実した機能や高級品素材などが揃っているので、自分にあったカメラバックを見つけてみてください。リュックタイプやキャリーバックなど種類が豊富にあるのでどれがいいか迷ってしまうかもしれません。

カメラブランド!オリンパスの「革カバー&ボディージャケット CS-46FBC」

オリンパスの革カバーのカメラバックはシックな黒にオリンパスのロゴが入っているので、見た目がおしゃれです。フロントカバーを外せばボディジャケットとして利用できるので、カメラを守ることが可能です。写真撮影していてもSDカードの交換や三脚も使用できます。重さは約155gと軽いく対応機種は「E-M5 Mark II」です。

おしゃれなメンズにピッタリのキャリーバック!マンフロット「PL ローラーバッグ55」

機内持ち込みサイズなので、海外旅行にもピッタリのマンフロットのカメラバックはノートパソコンやタブレットは手荷物検査で取り出しやすいよう、外ポッケに収納できます。機材の大きさに合わせてレイアウトの変更が可能なことや重い機材でもローラーがついているので、ラクラク運べます。三脚取り付けが可能で容量は27Lです。見た目はスタイリッシュなのに、収納力は十分あるので海外旅行でのカメラバックには十分です。

スマートなつくりなのに大型の荷物もすっぽり!ニコン「スマートカメラリュック」

カメラで人気のニコンのカメラバックはA4サイズのノートパソコンが収納できるサイズです。デザイン性の高いスマートな見た目とは違い、ボリュームたっぷりな荷物も詰め込めるので写真撮影にはかかせないカメラバックです。重い機材を持ち運ぶので腰や肩を傷めないようクッション性の高いハーネスが使われています。背中が密着する部分は汗をかきやすいので、メッシュ素材になっており通気性をよくしています。三脚止めベルトがついているので、三脚も持ち歩くことが可能です。別売りですがレインカバーもあるので組み合わせることで雨の日でも持ち歩けます。カバーは黒字にNikonと書かれておりシックなデザインです。

海外旅行にもおすすめ!「ロープロ フリップサイド400AW II ブラック」

リュックタイプのロープロのカメラバックは、ベルトを併用すれば三脚装着が可能です。重い機材でもハーネスが付いているので体にしっかりと固定します。撮影場所まで疲労を感じにくくなるでしょう。ノートパソコンやカメラなど貴重な機材を盗難から防ぐために背面から収納機材を取り出す設計になっているので、背後から開けられることがないセキュリティが高いカメラバックです。サイドには大型のポッケがついているので、SDカードやライト、ペンなどを収納しておけます。大型レンズを持ち歩くときには仕切りを変えることが可能です。カメラのサイズに合わせてクッション素材を移動させることができるのでどんなカメラにも対応できます。オールウェザーのカバー付きなので雨や雪など天候が変わりやすい場所でもカメラや機材を守ってくれます。

機能性抜群!カメラメーカーニコンの「フォトキャリオールプロ XL」

大容量で収納力抜群のニコンのカメラバックは、カメラメーカーがつくったバックなのでかゆいところに手が届く機能性ばかりです。衝撃や耐久性にすぐれているのはもちろん、取りやすく設計しています。交換レンズも収納できるほか、ノートパソコンも収納可能でこのバック1つで写真撮影や編集がおこなえます。ハンドバックやショルダーバッグにもなり、用途に合わせて使用できます。ショルダーベルトの部分にはクッションが入っているので、肩への負担を抑えます。やや値段は高いもののクオリティの高いつくりに納得するでしょう。

お気に入りのカメラバックを持って出かけよう!

カメラバッグで出かける青年

カメラバックの選び方は、自分がどんな風に撮影したいのかで大きく変わってきます。一口にカメラバックといってもその種類は豊富にあり、どんな風に使いたいにかを決めていないと迷ってしまいます。今回紹介した選び方やカメラバックを参考にして自分のお気に入りのカメラバックを見つけましょう。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!