洗濯機のおすすめ人気商品10選!自分に合った洗濯機を選ぶポイントも徹底解説

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

洗濯機のおすすめ人気商品10選!自分に合った洗濯機を選ぶポイントも徹底解説

洗濯機のおすすめ人気商品10選!自分に合った洗濯機を選ぶポイントも徹底解説

moovoo編集部
2018-10-11 00:00 00:00

2018年におすすめの洗濯機と選ぶ時のポイントを詳しく紹介!

洗濯機 選び方

家にある洗濯機に満足していますか?各メーカーから色々な洗濯機が販売されていて、それぞれウリがありますが、結局どの洗濯機が良いか悩んでいる方も多いでしょう。

今回は、これから洗濯機を買おうと考えている方のために、買って後悔しないおすすめの洗濯機を紹介します。また、洗濯機を選ぶときに確認すべきポイントについても解説していきますので、購入や買い替えの際の参考にしてくださいね。

洗濯機を選ぶときに気をつけるべき5つのポイントを紹介

最初に、洗濯機を選ぶときに気をつけてほしい5つのポイントを紹介していきます。

縦型かドラム式どちらのタイプにするか?縦型には安い洗濯機能のみと乾燥機付きがある!

洗濯機には「縦型」と「ドラム式」の2つのタイプがあります。縦型タイプの洗濯機は、ドラム式と比べて価格が安く、洗浄力が強い点がメリット、洗うための水が多く必要であることや、衣類を傷めやすい点がデメリットです。縦型タイプの洗濯機は、洗濯機能のみと乾燥機付きの2種類があります。

一方、最近使う人が増えているのがドラム式洗濯機です。ドラム式は衣類を叩くように洗うので衣類を傷つけにくく、洗うための水も少量で済み経済的というメリットがあります。しかし、縦型よりも洗浄力が低い商品が多い点、本体の価格が高い点がデメリットと言えるでしょう。

全自動モデルか二層式やバケツ式のどちらにするか

洗濯機には、洗い・すすぎ・脱水の全てを自動で行う「全自動モデル」と、洗濯槽と脱水槽が別々になった「二層式」、少量の洗濯物を洗える「バケツ型」があります。

全自動モデルは衣類と洗剤を入れてスイッチを押せば、すすぎまでの工程を全自動でやってくれるので、手作業は一切したくない人や忙しい方にぴったり。二層式やバケツ型は、手動で作業しなければならない行程もありますが、汚れの落ち具合を確認しながら洗濯を進めることができます。

7キロ?8キロ?洗濯容量はどれくらい必要か

1日の1人の洗濯量の平均は約1.5kgだと言われています。これを目安に計算してみると、1~2人暮らしで~5kg・3~4人暮らしで5~7kg・大家族や数日分のまとめ洗いをする家庭は8kg以上の容量がある洗濯機が良いでしょう。容量が足りるか心配な方は、+1kgの容量の洗濯機を選ぶようにしてくださいね。

乾燥方式は「ヒートポンプ乾燥」か「ヒーター乾燥」のどちらか

洗濯機の乾燥方式には「ヒートポンプ乾燥」と「ヒーター乾燥」の2種類があります。ヒートポンプ乾燥とは、少ない電力で空気中から熱エネルギーを集めて約65℃の温風で衣類を乾燥させる乾燥法です。ヒートポンプ乾燥には省エネ・電気料金が安い・衣類が傷みにくい・乾燥中周囲が臭くならないというメリットがあります。

一方ヒーター乾燥とは、ヒーターで温めた約100℃の高温の熱風で洗濯物を乾燥させる乾燥法です。ヒーター乾燥は衣類が傷んだり縮んだりしてしまうデメリットがありますが、本体価格が安くなるというメリットもあります。

搭載されている機能をチェックしよう!メーカーによって機能が異なる

洗濯機は様々なメーカーから販売されていますが、搭載されている機能は多種多様です。汚れをしっかり落としたい・ふんわりと仕上げたい・洗濯層の掃除も自動でして欲しいなど、自分の希望を満たしてくれる機能を搭載した洗濯機を探しましょう。

また、独自の技術を応用した機能を備えている場合もあります。例えば、同じ「汚れを落とす」ための機能でも、日立ではたっぷりの水を散布する「ナイアガラ ビート洗浄」、パナソニックは洗剤を泡立てた泡水で洗う「泡洗浄」など、メーカーごとに方法が異なるのです。

実際に購入したユーザーの口コミをチェックして、実際の使い心地や効果がどうなのかも参考にすると良いでしょう。

縦型オススメ洗濯機5商品を紹介!一人暮らしや二人暮らしにも

最初に、縦型タイプの洗濯機のおすすめ製品を紹介していきます。

1.日立 ビートウォッシュ BW-DV80C

「日立 ビートウォッシュ BW-DV80C」は、大流量・高濃度で衣類を洗い、予洗いの手間を減らす高い洗浄力を持った「ナイアガラ ビート洗浄機能」を搭載。なかなか落ちない衣類の黄ばみも、ナイアガラ ビート洗浄で360分じっくりつけおきすればしっかり落とすことができます。

また、洗濯槽の裏側まで自動で洗い流す「自動おそうじ機能」も搭載されているので、自分で洗濯槽を掃除する必要がありません。

2. 東芝 AW-7G6

東芝 AW-7G6の写真

「東芝 AW-7G6」は、少ない水で高濃度の洗剤液を作りパワフルな水流でしっかり洗い流すことができる「浸透パワフル洗浄」機能を搭載。しつこい汚れにも洗浄成分がじっくり浸透するので、手間をかけることなくきれいな状態へ洗い上げてくれます。

また、衣類のからみ具合をチェックしてほぐす「からみまセンサー」と、室温の検知から水温を予測して洗濯時間をコントロールする「温度センサー」の2つのWセンサーを搭載。ちょっとした手間や無駄をなくし、洗濯におけるストレスを更に軽減してくれるでしょう。

3. パナソニック NA-F70PB13-T

「 パナソニック NA-F70PB13-T」は、「ビッグウェーブ洗浄」が特徴の洗濯機です。衣類が少なく水位が低いときでも、水平・垂直方向の立体水流で衣類を効果的に動かし、もみ洗いでしっかり汚れを落します。頑固な汚れに最適な「つけおきコース」は、手軽にきれいに汚れを落とすことが可能。

さらに、新しく「からみほぐし」機能を搭載。強い回転で槽に張り付いた衣類をはがし、細かく動いて衣類のからみをほぐしてくれます。

4. シャープ ES-GE7B

シャープ ES-GE7Bの写真

「シャープ ES-GE7B」は、樹脂まるごと抗菌穴なし槽を採用し、黒カビや汚れから衣類を守り清潔な水で洗い・すすぎができる洗濯機です。洗濯物を絡まず取り出せる「ほぐし運転」やアイロンがけが簡単になる「シワ抑えコース」など、洗濯後の手間を軽減してくれる機能が満載。

また、洗濯槽を洗い流す「槽クリーンコース自動槽洗い」に加え、洗濯するたびに脱水の水を利用し洗濯槽の外側を上から洗い流してくれるので、洗濯槽まるごと清潔な状態に保つことができます。

5. ハイアール JW-C45A

ハイアール JW-C45Aの写真

「ハイアール JW-C45A」は、標準水量が76Lと、4kgクラスの洗濯機において業界トップクラスの節水が可能な縦型洗濯機です。脱水の時間と回転数を調整することで衣類のしわを抑える「しわケア」機能が搭載されているのも魅力的。洗濯後のアイロンがけの時間と手間を短縮できるでしょう。

ドラム式洗濯機のおすすめ人気製品を紹介

次に、ドラム式洗濯機洗濯機のおすすめ5商品を紹介していきます。

1. パナソニック NA-VX900AL/R

「 パナソニック NA-VX900AL/R」には、「液体洗剤・柔軟剤 自動投入機能」が搭載されています。この機能は、あらかじめ自動投入タンクに液体合成洗剤と柔軟剤を入れておくだけで、洗濯の度に自動計量を行ってくれるというもの。洗剤や柔軟剤の入れすぎも防ぎ、常に最適な量で洗える画期的な機能です。洗濯が不慣れな方でも安心して使用することができますね。

また、スマートフォンを使用すれば外出先からでも洗濯が開始できる「スマホで洗濯機能」も搭載されています。あらかじめ選択したいものを洗濯機内に入れておけば、帰宅時間を見計らって外出先から洗濯を開始することができるので、家事の時短に繋がるでしょう。

2. 日立 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SV110BL

日立 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SV110BLの写真

「日立 ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-SV110BL」は、大流量シャワーで洗う「ナイアガラ洗浄」を採用している洗濯機です。頑固な汚れまできれいに落とすことができるでしょう。

また、高速風を吹きかけて衣類のシワを伸ばす「風アイロン」機能を搭載しているので、洗濯後の衣類をアイロンがけなしで着ることが可能。アイロンがけが必要な衣類の洗濯が多い家庭には、非常に助かる機能ですね。

3. 東芝 ZABOON TW-117X6L

東芝 ZABOON TW-117X6Lの写真

「東芝 ZABOON TW-117X6L」は、ナノサイズの約100億個の泡と洗剤で繊維の奥の汚れを落とす「ウルトラファインバブル洗浄」を搭載した洗濯機です。温水によるウルトラファインバブル洗浄は、なかなか落ちない衣類の黄ばみに効果的。

乾燥容量はたっぷり7kg!大風量でシワを伸ばし、衣類をふんわりと乾かします。自動お掃除機能もついているので、お手入れも簡単です。

4. シャープ ES-P110-SL

シャープ ES-P110-SLの写真

「シャープ ES-P110-SL」は、プラズマクラスターを搭載した洗濯機です。プラズマクラスターの力で、衣類も洗濯槽も清潔な状態を保てます。水で洗えない衣類でも、プラズマクラスターで素早く除菌と消臭が可能です。

また、衣類の汚れをしっかりと落とす「マイクロ高圧洗浄」を採用。温水で洗剤の酵素パワーを活性化し洗剤の効果を高める「温水極め洗いコース」、衣類の型崩れを抑えつつもしっかりと洗える「ホームクリーニングコース」など多彩なコースが用意されており、汚れや衣類によって最適なコースが選べます。

5. AQUA Hot Water Washing AQW-FV800E

「AQUA Hot Water Washing AQW-FV800E」は、20℃・30℃・40℃・60℃の選べる温水で、衣類の汚れをしっかり落とすことができる洗濯機です。様々な自動コースが用意されていて、汚れ具合や衣類に合った洗濯ができます。脱水回転数も選ぶことができ、シンプルですが自由の高い洗濯機を探している方に良いでしょう。

使い勝手の良い洗濯機を見つけて毎日の洗濯を楽しもう♪

洗濯ばさみ ハート

技術の発展にあわせて、洗濯機の洗浄機能は向上しています。家族の人数や衣類の量・汚れ具合・重視したい機能など、様々な条件を考えて自分の家庭に最適な洗濯機を選んでみてください。

洗濯後の手間を軽減してくれる機能が搭載された洗濯機も、続々登場しています。自分に合った洗濯機を使えば、毎日の洗濯がストレスなく楽しめるようになるでしょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!