HOME

>

家電

>

【最新版】電気ケトルおすすめ25選!手入れしやすさや安全機能にも注目

【最新版】電気ケトルおすすめ25選!手入れしやすさや安全機能にも注目

藤井広大、清野真葉
2020-10-01
2020-10-27

少量のお湯を短時間で沸かしたいときに役立つ電気ケトル。しかし前情報なしに、見た目だけでは選ぶのが難しいですよね。今回は電気ケトルの選び方のポイントやおすすめ商品を紹介します。

使っていくうちに気になる維持費やお手入れ方法についても交えながら解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

電気ケトルとは

ケトルとコーヒーカップの写真

電気ケトルとは、電気を動力にして短時間でお湯が沸かせる生活家電のこと。やかんや電気ポットを使うと時間がかかりますが、電気ケトルは1カップ約1分弱と短時間でお湯を沸かすことができます。必要な時に必要な分のお湯を用意できるので、大変便利です。

電気ポットとの違い

電気ポットと電気ケトルの仕組みは似ていますが、少々違います。お湯を沸かすまでの工程は同じですが、電気ポットはお湯を沸かし保温する目的がほとんどです。しかし必要な分だけ素早く沸かすのに経済的といえるのは電気ケトルです。

電気ケトルと電気ポットを比較すると、それぞれにメリット・デメリットがあります。こちらを踏まえたうえで使い分けると、日常がさらに便利になります。

電気ケトルと電気ポットの比較表
メリット デメリット
電気ケトル

・約1分間でお湯が沸く

・必要な分を沸かすのにちょうどいい

・1回あたりの電気料金が安い

・年間の維持費がガス・電気ポットに比べると安い

・火を使わないので安全

・吹きこぼれしにくい

・基本的にお湯を沸かすだけ

・一部モデルには保温機能もあるが約1時間ほどと短い

・すぐに沸くので数分でも目が離せない

電気ポット

・2L以上の大量のお湯を沸かして長時間保温する

・白湯・お茶・インスタントコーヒーなど頻繫にお湯を使える

・オフィスや家庭で様々な用途にお湯を使える

・温度調整しながらも長時間保温が簡単

・電気代は電気ケトルの約3倍

・必要なお湯を沸かしてすぐ使うのに向かない

電気ケトルはやかんよりも安全で便利なアイテムになり、夏場など季節的に電気ポットをあまり使わなくなった方にもおすすめです。

鉄玉子の使用や、ゆで卵を作ることはできるのか?

お湯に入れるだけで鉄分が取れる鉄玉子の使用や、ゆで卵などを電気ケトルで作れるのか、疑問に思う方も少なくはないでしょう。なかなか調べても出てきませんよね。

答えとしては、メーカーが推奨していないためやらないようにしましょう。鉄玉子などで内部が破損したり、卵液が漏れて内部に詰まったりと、故障したときに保証が利かなくなるなどのリスクが多すぎるからです。

どうしてもトライしたいという方は、鍋・やかん・ゆで卵専用の機器を使ってください。

電気ケトルの選び方

電気ケトルの写真

それでは電気ケトルの選び方を解説します。項目は多いですが、基本的な容量・注ぎ口・素材の3つをおさえてしまえば、あとは好きなデザイン・メーカーで選ぶといった流れです。

一人暮らしは0.6L前後、大人数は1.5L以上の容量が◎

まずは目的・容量に注目。通常使用であれば、一人暮らしなら0.6L前後、2〜3人なら0.8L、大人数なら1.5L以上がおすすめですが、コーヒーを何杯も飲むかなど、目的や用途で容量が変わってきます。

選ぶ際は、コーヒー・お茶でワンカップ160ml~、スターバックスなどのコーヒーボトルで355ml、カップ麵であれば300~400mと、最大でも1回400mlと考えて容量を見極めましょう。

以下、4人を目安にお湯を沸かせる容量を表にしました。

4人家族を目安にした容量
目的 4人分の最大容量 電気ケトルサイズ
カップコーヒー(160ml) 640ml 0.8L
コーヒーLサイズ(355ml) 1,420ml 1.5L
カップ麺(300ml) 1,200ml 1.2L
カップ麺大(400ml) 1,600ml 1.7L

少量のカップコーヒーとLサイズのコーヒーでは容量に大きな差が出ています。特にファミリー向けは目的を間違えると失敗してしまうので気をつけましょう。

1回でお湯を沸かすのに、1台で4人分が現実的ですね。ただし、保温はあまり使わないのであれば大人数でも経済的です。5人以上でも1.2Lを2回に分けて使ったり、2台同時に沸かせば十分に対応できます。

注ぎ口は?細い注ぎ口はコーヒーを淹れやすい

次に重要な選び方のポイントは注ぎ口の形。大きく分けて、ペリカンの口のような形状をした注ぎ口、コーヒーにお湯を注ぐコーヒーケトルのような細口形状の注ぎ口、両タイプを切り替えられるハイブリッドな注ぎ口の3タイプです。

ティーバッグのお茶・ティーポット・カップ麵で使用する場合は、一気にお湯を注ぎやすいペリカン形状の注ぎ口がおすすめです。

ドリップコーヒーを淹れる際など、お湯を少しずつ注ぎたい場面が多いのであれば、コーヒードリップケトルのような細口形状の注ぎ口がおすすめです。

お茶やカップ麵はもちろん、ドリップコーヒーもよく淹れる場合は、上記をそれぞれ用意するのは大変なので、2タイプを切り替えられるハイブリッドな注ぎ口がおすすめです。

耐久性ならステンレス!素材もチェック

電気ケトルの素材にはプラスチックが使われていることが一般的です。しかし、耐久性という面ではステンレス素材が優れており、また水質にこだわりたい場合にはガラス製がおすすめ。各素材のメリット・デメリットをまとめました。

各素材のメリット・デメリット
メリット デメリット
プラスチック

・安価(コストパフォーマンスに優れている)

・種類が豊富

・軽量

・傷がつきやすい

・汚れの付着や変色しやすい素材

・プラスチックの匂いがする可能性がある

ステンレス

・3素材のなかでもっとも耐久性に優れている

・傷がつきにくい

・温度変化に強い

・高い安全性

・重い

・金属臭がお湯に移る可能性がある

ガラス

・水質を保てる

・味に雑味が出ない

・お湯の残量が確認しやすい

・重い

・注ぎ口の掃除がしにくい

・割れやすい

コストパフォーマンスにもっとも優れているのがプラスチック、耐久性やメンテナンスのしやすさはステンレス、お湯の美味しさを求めるならガラス、と三者三様です。電気ケトルになにを求めるかで、素材を選ぶようにしましょう。

小さな子供がいるなら、やけど防止機能は外せない

電気ケトルで沸かしたお湯は、非常に高温になります。特に小さな子供やペットがいる家庭では、やけど防止機能(二重構造・蒸気レス構造)や転倒防止機能など、安全性能が搭載されているモデルを積極的に選ぶようにしましょう。

電気代を少しでも節約したい方は、自動電源オフ機能があると消し忘れる心配がありません。

他にも、故障や電気火災のリスクを低減してくれる、空だき防止機能や、プラスチックの表面についた細菌を減らし不快な臭いや汚れが付きにくいAg+抗菌など、様々な機能があります。

まだまだある!付加機能をきちんと確認して選ぼう

あると便利な付加機能も、電気ケトルの選び方では重要な項目です。他にはどんなものがあるのでしょうか?

ちょっとした外出などに便利なのは保温機能(約1時間)。コーヒーや緑茶をこだわりの温度で入れたいときやミルクづくりに活躍してくれる温度コントロール(温度調整)

そして、家電のお手入れは丸洗い派!という方におすすめなのが、ウォッシャブル構造。洗剤も使えるためいつでも綺麗を保てます。

機能が搭載されていない電気ケトルもあるため、必要に応じて付加機能も確認して選ぶようにしましょう。

人気メーカーやデザインで選ぶ

最後は見た目で選びましょう。毎日使うことの多い電気ケトルは、好きなメーカーやおしゃれなデザインで選ぶことも重要な項目になります。

・ティファール(T-fal)
・タイガー
・象印
・デロンギ
・山善
・ニトリ
・siroca
・ドリテック
・バルミューダ
・ブラウン

価格の安さが特徴のメーカーもあれば、デザインにこだわるメーカー、様々な特色があります。「デザインやメーカーにはこだわらないよ」、という方は安い価格で選ぶことも選択肢の一つです。

そうした場合には、Amazon・楽天の口コミやランキングでリサーチしてみてはいかがでしょうか。

【電気ケトル】おすすめ15選!家庭向き

人気を集めているおすすめの電気ケトルを、注ぎ口が広い家庭向きタイプと、コーヒーを入れるときに便利なドリップタイプに分けてご紹介します。用途にあわせてお気に入りの逸品を見つけてください。

はじめに家庭向きの電気ケトルからです。

おすすめ①
  • T-faL(ティファール)    
  • 軽量シンプルタイプ ジャスティンプラス KO340

  • 税込み2,527円
  • 水入れしやすい広い間口!スリムな注ぎ口で湯量コントロールOK

  • 間口が従来モデルより広くなりました。ふたも開けたまま固定でき、給水や使用後のお手入れが楽々。注ぎ口はスリムな設計で、カップに入れる湯量をスムーズにコントロールできます。

たっぷりのお湯を沸かせる1.2Lタイプの電気ケトルです。カップ1杯分(約140mL)が約1分で沸くので、慌ただしい朝もコーヒーや紅茶の用意を時短できます。お湯を沸かす間はパイロットランプが点灯し、沸騰後しばらくすると自動で電源オフするため安心です。
 
給水中やお湯を注ぐ前に、透明の窓から水量をひと目で確認できるのもうれしいポイント。注ぎ口はフィルター付きで、ホコリが入らずいつも清潔に使えます。ボタンを押すだけでふたが開く、使い勝手のよさが人気を集めています。

おすすめ②
  • タイガー魔法瓶(TIGER)         
  • 電気ケトル わく子 PCF-G

  • 税込み3,597円
  • 本体が熱くなりにくい二重構造、蒸気レス設計で安全に配慮       

  • 樹脂製の二重構造で保温性が高く、本体が熱くなりにくい電気ケトルです。従来の機種に比べ蒸気量を70%カットした設計も特徴で、小さな子供がいる家庭におすすめです。

空炊きを検知して電源オフする機能付きで、転倒してもお湯漏れを防ぎます。沸騰したら自動で電源オフするため、使った後に慌ただしく外出しても心配ありません。高い安全性が認められ、2012年にはキッズデザイン賞を受賞しました。

カップ1杯分が約1分でスピーディに沸くのもうれしいポイント。ホットドリンクを飲みたいときに、1人分をさっと沸かせて便利です。給湯ロックボタンを押すだけの簡単操作でお湯を注げ、電源ベースと離せばコードレス仕様に。キッチンに限らず客間・寝室でも活躍します。ふたをワンタッチで本体から外せるため、給水やお手入れも簡単です。

おすすめ③
  • ヒロ・コーポレーション   
  • コンパクトケトル KTK-300

  • 税込み1,450円
  • 食卓でも邪魔にならないコンパクトサイズ!少量でも湯沸かし可能   

  • 約幅20.5×高さ17×奥行15cmと使い勝手のよいコンパクトなサイズで、食卓に置いても場所を取りません。300mLから沸かせるため、少量のお湯が必要なときに便利です。

本体が電源ベースから離れる仕様で持ち運びしやすく、給水やお手入れが楽にできます。安全にも配慮され、水が入っていない状態でスイッチを入れると自動で電源オフする機能付き。湯沸かし中はランプが点灯し、沸騰した後は自動的に電源が切れるため安心して使えます。

本体の窓で、水量や湯沸かし加減をひと目で確認できます。シンプルかつツートンカラーが洗練された印象で、デザイン性の高い家電を好む方におすすめです。

おすすめ④
  • FUJI LIFE   
  • ワンプッシュオープン電気ケトル       

  • 税込み1,480円
  • おしゃれなデザインと安全機能を備えた、高コスパ商品! 

  • ゆるやかなカーブを描く、すっきりとしたフォルムがモダンな雰囲気です。お財布にやさしい価格ながら、空炊き防止や自動電源オフといった安全機能を備えています。

ボタンを押すだけの簡単操作でふたが開き、お湯を沸かせます。お湯を沸かすときはパイロットランプが赤く点灯するため、誤って電源を切ったり水を捨てたりする心配がありません。コードを電源プレートの底に巻き込んで、長さ調節できる使い勝手のよさも魅力。キッチン周りがすっきり片付きます。

本体は電源プレートと離れるコードレス仕様です。コードをよけて中身をこぼすことがないほか、自由に持ち運んでお湯が注げ、給水やお手入れも楽にできます。大きな水位窓からひと目で湯量をチェックできるのもポイントです。

おすすめ⑤
  • タイガー魔法瓶(TIGER)
  • 蒸気レス 電気ケトル わく子 PCH-G

  • 税込み4,380円
  • 蒸気キャッチャー構造搭載!蒸気を外に出さない設計で安心    

  • 沸騰時に発生する蒸気を極力抑える商品です。発生した蒸気はふた内部の蒸気キャッチャーが受け止めて水滴にするため、うっかり触ってやけどをする心配がありません。

カップ一杯分(約140mL)のお湯が約45秒で沸騰する、忙しい毎日を送る方におすすめの商品です。沸騰をすばやく検知し無駄な加熱をしないため、電力の節約にも繋がります。本体は熱くなりくい二重構造で保温性に優れ、沸かしたお湯が冷めにくいのも特徴です。

ふたのボタンを押して給湯口を開閉する仕様で、ロックをしておけば万が一倒してもお湯が外に漏れるのを最小限に抑えられます。沸騰したら電源が自動的に切れるので、小さな子供がいる家庭でも安心です。汚れがつきにくいフッ素加工を施したステンレス製の容器を採用しているため、いつも清潔に使えます。

おすすめ⑥
  • eMonk   
  • 電気ケトル  

  • 税込み2,780円
  • 多量のお湯を一度に注げる作りと、左右から見える水量計が魅力   

  • 三角の大きな注ぎ口で一度に多量のお湯が注げ、カップラーメンや急須へ入れるときに便利です。大きな水量窓も特徴で、左右どちらからでも中を確認できます。

家電にデザイン性を求める方におすすめの、モダンなルックスが目を引く電気ケトルです。
水を入れずにスイッチを押しても自動的に電源が切れる仕様で、空炊きする心配がありません。沸騰したら電源がオフになるのでずっと近くにいる必要がなく、お湯が沸く間も別のことができます。

間口は手がすっぽり入る広さです。勢いよく一気に給水でき、中を洗いやすい点もポイントです。コードは電源プレートの底に巻き取って長さ調節可能で、使わないときはすっきり収納できます。本体はコードレスのため、お湯を注ぐときに便利です。

おすすめ⑦
  • HAGOOGI   
  • 電気ケトル GEK-1206     

  • 税込み3,680円
  • 耐熱性に優れた高硼珪酸ガラス製!金属臭がなく内部が一目瞭然      

  • 本体に厚めで丈夫な硼珪酸(ほうけいさん)ガラスを使った、スタイリッシュなデザインが特徴です。金属特有の臭いがなく、お湯を沸かすときの状態もひと目で確認できます。

お湯を沸かすと内部が青く光り、見ているだけでうっとりするうつくしさ。インテリアの一部にもなる商品です。空炊き防止、沸騰したら自動的に電源がオフする機能を備え、安全面にも配慮しています。900Wの電力で1Lのお湯を約6分でスピーディーに沸騰させます。

ワンタッチでふたが開く手軽さもポイントです。本体が電源プレートから離れるタイプのため、コードを気にせず持ち運べお湯を注げます。大きな口径で洗いやすく、コードを電源プレートに収納できる使い勝手のよさも魅力です。

おすすめ⑧
  • 山善(YAMAZEN)      
  • 電気ケトル DKE-100  

  • 税込み2,180円
  • 見た目も機能もシンプル!とにかく早くお湯を沸かしたい方に    

  • レバー式スイッチをオンするだけの簡単操作でお湯を沸かせます。1200Wの電力でスピーディーに温度を上昇させ、沸騰したら自動的に電源オフ。吹きこぼれがなく安心です。

無駄を省いたすっきりとしたルックスで、どんなインテリアにもなじみます。外から水量を確認できる窓付きで、給水のときに便利です。万が一、水を入れ忘れたままスイッチを入れても、電源を自動的に切って空炊きを防ぎます。お湯を沸かす間はパイロットランプが点灯するため、誤って触る心配もありません。

ふたは親指と人差し指で軽くつまんで簡単に取り外せ、間口も広いため内側をきれいに
洗えます。注ぎ口のフィルターも外せる仕様で、洗浄していつもクリーンな状態で使えるのもポイントです。デリケートな赤ちゃんのミルク作りにおすすめします。

おすすめ⑨
  • タイガー魔法瓶(TIGER)  
  • 電気ケトル わく子 PCM-A080

  • 税込み3,680円
  • 軽量樹脂製のボディで注ぎが楽々!両サイドに水量窓を設置 

  • 本体が約0.7kgの軽量設計で、お湯が入っていても片手で楽に注げます。水量窓が取っ手を 挟んで両側に配置されているため、利き手が左右どちらの方も給水時に見やすく便利です。

お湯を注ぐときはふたの給湯ロックボタンを開閉するだけの簡単仕様です。ボタンをもう一度押すとロックでき、倒してもお湯漏れを抑えられます。万が一倒したときも、注ぎ口がコロンと上を向く設計で安心です。ほかにも空炊き防止と沸騰後に自動電源オフする2つの安心機能を搭載しているうえ、従来品に比べ蒸気量を90%カット。小さな子供が近づいても安心です。

本体が熱くなりにくい二重構造で、お湯が冷めにくいうれしい作り。沸騰してから約1時間後も、高い湯温をキープします。ほっと心が和むあたたかみのあるカラー、やわらかくカーブを描くデザインが特徴の電気ケトルです。

おすすめ⑩
  • T-faL(ティファール)
  • 湯温コントロールタイプ アプレシア エージー・プラス コントロール

  • 税込み6,691円
  • 飲み物にあわせた温度に!60~100℃の範囲でお好み設定

  • 60℃が最適な玉露から高温が適した紅茶・コーヒー・中国茶まで、飲み物や好みにあわせて7段階で温度調節可能です。約60分間保温できるため、2杯目も気軽に楽しめます。

温度設定・沸騰・保温をボタンひとつで簡単に操作できる商品です。空炊き防止と、設定温度に到達したら電源オフする機能があり、安心して使えます。素材は細菌による臭いや色素沈着を防ぐ、Ag+(銀イオン)配合の抗菌マイクロバンを採用。さらに底面には水あかの付着を抑えるウルトラポリッシュも施しているため、いつも清潔に使えます。

注ぎ口はお湯がこぼれにくい形状で、ホコリが入るのを防ぐカバー付きです。ふたがワンタッチで取り外せ、給水や内側の手入れが楽にできます。

おすすめ⑪
  • T-faL(ティファール)        
  • 電気ケトル パフォーマ

  • 税込み3,520円
  • 無駄を省いたフォルム、レトロモダンなデザインが印象的

  • どこか懐かしさがありながらモダンなデザインの、T-falオンラインショップ限定商品です。ツヤのあるワントーンカラーに、シルバーのラインがアクセントを効かせています。

水を入れてボタンを押すだけでお湯を沸かせる、最低限の機能にしぼった電気ケトルです。約10杯分のお湯を注げる1.5Lタイプと、コンパクトな0.8Lタイプがラインアップ。カラーはブラック・レッド・ホワイトの3色から選べます。インテリアや家族の人数にぴったりなものが見つかります。

沸騰後の自動電源オフや湯こぼれ防止機能を備えた安心設計。好奇心旺盛な子供や、手の力が弱い高齢者がいる家庭にもおすすめです。内側に目盛りが付いているため、必要な量だけ給水できるのもうれしいポイントです。注ぎ口のフチがなめらかな作りで、お湯をスムーズに入れられます。

おすすめ⑫
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)      
  • デザインケトル IKE-D1000

  • 税込み2,964円
  • 統一感のある、すっきりとしたフォルムが魅力的

  • 本体とふた、電源プレートに統一感があり、インテリア性の高いすっきりとしたデザインです。本体は電源プレートから離れる仕様のため、お湯を注ぐときにもたつきません。

容量が1.0Lで、コーヒーカップ約6杯分を沸かせます。ケトル内が空と知らずにスイッチを入れても電源が自動的に切れる機能を備えているため、空焚きをする心配がありません。お湯が沸いたら自動で電源レバーが上がる機能も搭載。そばで見守る必要がなく、時間を有効に使えます。

注ぎ口のフィルターは取り外しが可能で細かいところまで洗えます。ケトルを食卓の上に出したままでも、清潔に保ちやすい形状です。コードの長さは使い勝手のよい1.3m。コードホルダーに巻き付けて長さの調節ができ、邪魔になりません。

おすすめ⑬
  • T-faL(ティファール)
  • デザインシリーズ パレ KO252    

  • 税込み4,600円
  • 使うたびに優美な気持ちになる、エレガントなルックス

  • フランス語で宮殿を意味するパレという名称通り、ドレープパターンが優美な電気ケトルです。家でゆっくりと楽しむティータイムを、優雅なひとときにしてくれます。

まるで磁器のような質感と、ゆるやかに曲線を描くシェイプが印象的です。お湯を沸かす間はパイロットランプが点灯。沸騰したら自動的にオフする仕様なので、ガスで沸かすときのようにそばで見守る必要がありません。素材に採用したAg+(銀イオン)配合の抗菌素材マイクロバン®が、細菌によるいやな臭いや着色汚れを防ぎます。

ふたが簡単に外せて本体がコードレスのため、洗うときにコードを気にしなくて済みます。カラーはブラックのほか、ホワイトもあるので好みにあわせて選んでください。

おすすめ⑭
  • DeLonghi(デロンギ)        
  • アクティブ シリーズ 電気ケトル KBLA1200J 

  • 税込み3,681円
  • 空間をおしゃれな雰囲気にするスタイリッシュなデザイン  

  • カラーはブラック・レッド・ホワイトの3色。ツヤ感のあるボディにステンレスリングが映え、スタイリッシュなデザインです。これひとつで、キッチンがおしゃれにグレードアップします。

200mL~1,000mの範囲で、必要な容量のお湯を簡単に沸かせて経済的です。ケトル内が空、もしくは水が少ない状態でスイッチを入れても自動的に電源オフ。空炊きする心配がありません。ふたは取っ手部分のボタンを押して片手で開けられる仕様で、給水や内部を洗浄するときに便利です。

本体の手元に目盛り付きの窓があり、給水時に水量が目に入ります。注ぎ口はお湯がこぼれにくいとんがり形状。湯量を調整しやすいのもメリットです。電源プレートの裏面にコードホルダーが付いていて、使わないときはコードを巻き付けてすっきり収納できます。シリーズでは、コーヒーメーカーやトーストもラインアップしています。お揃いのキッチン家電で統一したい方におすすめです。

おすすめ⑮
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • ricopa 電気ケトル IKE-R800

  • 税込み3,280円
  • テーブルコーディネートの一部に。レトロで愛らしいルックス  

  • レトロムードあふれる愛らしいルックスが目を引く電気ケトルです。スペイン語のRico(おいしい)とParty(たのしい)を組み合わせた名称通り、お茶の時間を心豊かにしてくれます。

キッチンやテーブルを華やかに彩るパステル調の3カラー、アッシュピンク・アイボリー・アッシュブルーがラインアップ。ふたのつまみとスイッチのゴールドがアクセントです。空炊き防止機能と、沸騰したらスイッチが切れる自動電源オフ機能を搭載しているため、安心して使えます。

ふたはつまみボタンを押すだけで簡単に開き、しっかりロックできるためお湯を注ぐときに外れる心配がありません。電源プレートの3ヵ所にゴム脚を備え、すべりにくく安定して置けるのも魅力です。

【電気ドリップケトル】おすすめ10選!コーヒー向き

次に電気ドリップケトルをご紹介します。香り高い、おいしいコーヒーを入れてください。

おすすめ⑯
  • バルミューダ(BALMUDA)
  • 電気ケトル The Pot

  • 税込み23,200円
  • 必要なお湯をさっと沸かすのにちょうどよい、コンパクトなサイズ感

  • 600mLの容量でコーヒーなら3杯、カップ麺なら2杯分のお湯を手軽に沸かせる商品です。湯沸かし中は、ハンドルの先にあるネオン管を使った電源ランプがやさしく灯ります。

すっと手になじむハンドル、ねらったところにお湯を注げるノズルが魅力。毎日、ストレスなく快適に使えます。コーヒーをドリップするときはゆっくりと、カップ麺のときは速度を上げるといったスピード調整ができるのも特徴です。空炊き防止機能とお湯が沸騰したら電源オフする機能付きで、安全面にも配慮されています。

シンプルなデザインだからこそ、やさしい曲線を描く洗練されたシルエットが引き立ちます。カラーはブラックとホワイトのほかに、バルミューダのオンラインショップ限定色クロームがラインアップ。金属の光沢感がうつくしく、バリスタ気分でコーヒーを淹れられます。

おすすめ⑰
  • モダンデコ
  • SUNRISE クラシック 電気ケトル

  • 税込み3,999円
  • 注ぐときの湯量と速度を調節可能!湯切りもしやすく使い勝手抜群

  • 注ぎやすいよう、ノズルをスリムに設計した商品です。お湯をドリッパーの中心から、分量・速度を均一に注ぐことができ、雑味のないおいしいコーヒーを淹れられます。

電源スイッチをワンプッシュするとランプが点灯し、湯沸かしがスタートします。沸騰したら自動で電源オフ。ねぼけた朝でも安心して使えます。内側に最大容量を表すMAXの印があるため、水を入れすぎて吹きこぼれる心配もありません。

ふたは完全に取り外せ、給水と内側のお手入れが楽にできるのもうれしいポイントです。本体の重量は530gと軽量で、満タンでも片手でさっと持ち運べます。使い勝手のよいクラシカルなフォルムの電気ケトルを使って、素敵なコーヒーブレイクを楽しんでください。

おすすめ⑱
  • 山善(YAMAZEN)  
  • 電気ケトル EGL-C1280

  • 税込み7,981円
  • 飲み物いろいろ!おいしさを引き出す湯温を1℃単位で調節

  • 湯温を60~100℃の範囲で1℃単位で設定できる商品です。60~95℃の6段階温度設定スイッチと、沸騰用のスイッチも搭載。保温や一気に沸騰させたいときに便利です。

温度は操作台でワンタッチ設定できてデジタル表示されるため、ひと目で確認できます。最後に設定した温度で約60分間保温する機能付きです。お湯を余らせたときや、2杯目を味わうときに重宝します。ノズルが細く、湯量をコントロールしながら狙ったところにゆっくりと注げるのもうれしいポイント。コーヒー豆や茶葉の旨みを余すことなく抽出できます。

角度のあるハンドルが手になじみ、お湯を注ぎやすいのが特長です。ふたと本体下部に、光沢のあるリングを施した高級感あるデザインも魅力で、キッチンやテーブルに上質感をプラスします。

おすすめ⑲
  • アピックスインターナショナル (APIX INTERNATIONAL)
  • 電気カフェケトル FSKK-8728

  • 税込み3,818円
  • ぬくもりある木目調。ハンドルとふたの取っ手が高級感をプラス

  • 新しい銅のような赤褐色とスタイリッシュなシルバーカラーが揃う、ステンレス製の電気ケトルです。優美なシルエットが特徴で、木目柄のパーツが高級感を添えています。

無駄を削ぎ落としながらデザイン性が高く、キッチンやテーブルをスタイリッシュに彩りたい方におすすめします。湯量をコントロールしながらコーヒー粉にゆっくりと注げる細いノズルを持ち、ハンドドリップに最適です。うっかり水を入れていない状態で湯沸かしをスタートしても、自動で電源オフする機能を搭載。お湯が沸騰した後に、電源が切れる機能も備え安心して使えます。

湯量を確認する窓はありませんが、中に満水表示のプレートを施しています。ふたはすべて取り外せて間口が広いため、内部を洗浄しやすく清潔に使えるのも魅力です。

おすすめ⑳
  • イデアインターナショナル(IDEA INTERNATIONAL)
  • BRUNO ステンレスデイリーケトル

  • 税込み7,480円
  • ホーローのようなルックスが懐かしくておしゃれ

  • 一見ホーローのような質感と、レトロな印象の丸みを帯びたフォルムがかわいらしいケトルです。ふたに施したエンボス加工のBRUNOロゴが、アクセントを効かせています。

本体はステンレス製で、丈夫な作り。お湯に付く臭いが気になる方や、長く愛用したい方におすすめです。内側に満水量を示す目盛りがついているため、給水しやすい作り。空焚き防止・自動スイッチオフ機能も搭載し、ケトルに気を取られずお湯を沸かす間はほかのことに時間を使えて効率的です。

コードは電源ベースの裏に巻き付けて長さ調節可能で、使っていないときは収納できます。ケトルのカラーにあわせたパッケージもレトロ感がありスタイリッシュで、贈り物にしてもよろこばれます。

おすすめ㉑
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)      
  • ドリップケトル 温度調節付 IKE-C600T

  • 税込み5,380円
  • ボタンひとつで最適温度。格別においしいコーヒーやお茶を堪能

  • 60~100℃で5℃ごとに温度調節可能な機能付きです。ボタンで日本茶・コーヒー・沸騰(紅茶・カップ麺)に切り替えて、それぞれをおいしく楽しむのに最適な温度で沸かせます。

保温ボタンを押せば60~95℃の範囲でお湯を保温でき、2杯目以降も気軽に味わえます。ノズルが細く、お湯を注ぐときに分量と速度をコントロールしやすい設計です。コーヒーや紅茶を淹れるときにゆっくりとお湯をまわし入れ、本来のおいしさを抽出できます。

ビンテージのティーポットを思わせる、家電にデザイン性を求める方におすすめの電気ケトルです。水が入っていない状態で電源を入れても自動的に切れる機能付きで、安心して使えます。沸騰したらスイッチが切れて、ブザーを3回鳴らして知らせてくれるのもうれしいポイントです。ふたが完全に取り外せ、間口が広いのも魅力。内部を洗浄しやすく、いつも清潔に使えます。

おすすめ㉒
  • ドリテック(dretec)     
  • ステンレスケトル「マキアート」PO-115

  • 税込み2,680円
  • 艶やかなステンレスが高級感を醸し出す、1~2人用電気ケトル

  • 0.8Lの容量で、1~2人分のお湯を沸かすのにちょうどよいコンパクトなサイズです。光を受けてうつくしく輝くスタイリッシュなステンレス製で、インテリアにもなじみます。

オン・オフだけで操作でき、さっとお湯を沸かせるケトルです。さびにくいステンレス製で、衛生的に使えます。注ぎ口が10mmとドリップタイプでは広めですが、ノズル先端は下向きで尖った形状。ハンドドリップのほか急須やティーポットにお湯を入れやすい作りです。

水を入れずに湯沸かしをはじめても、自動でスイッチオフするので空焚きする心配がありません。お湯を沸かす間はオレンジ色のランプが点灯し、沸騰したら電源が切れる仕様です。
本体はコードレスでふたが取り外せるため、給水と内部の洗浄をしやすいのがポイントです。持ち手は熱くなりにくいポリプロピレン製なので、安心してお湯を注げます。

おすすめ㉓
  • Russell Hobbs(ラッセルホブス) 
  • カフェケトル 7412JP

  • 税込み11,352円
  • ステンレス製の密閉に近い構造で、1時間後も高温キープ

  • ステンレスを使った密閉に近い構造のため保温力が高く、お湯が沸騰してから約1時間経っても70℃までしか下がりません。再沸騰が短時間ででき、経済的です。

英国を代表する調理家電ブランドが15年前に発売した電気ケトル。現在までほとんど変わらぬ気品あるデザインで、多くの方から愛され続けている商品です。カップ1杯は約1分、1Lなら約5分で沸騰します。トーストが焼ける前にコーヒーの準備はOK、あっという間です。沸騰してから約30秒後に電源オフ。万が一に備え、空焚き防止機能も付いています。

底が熱くならない仕様のため鍋敷きを使うことなく、そのままテーブルの上に置けます。ハンドルを持つときに手がステンレスに触れてやけどをしないよう、本体側にもプラスチックが施されています。注ぎ口が本体下部にあり、お湯を最後まで使い切れる点にも優れています。

おすすめ㉔
  • シロカ(Siroca)  
  • 温度調節電気ケトル SK-D171

  • 税込み7,600円
  • 細かい温度設定で、飲み物を一番おいしく味わいましょう!

  • 1℃単位で温度を設定し、到達したら保温できます。沸騰させた後に設定温度を変え保温することも。お湯を沸騰後に冷ましたい、赤ちゃんのミルクを作るときに便利です。

玉露なら60℃、コーヒーなら82~96℃と、飲み物によっておいしくいただける適温は異なります。それぞれの飲み物に、最適な温度のお湯を沸かせる電気ケトルです。熱いお茶が好きなおじいちゃん、ぬるくないと飲めない猫舌の子供といったように、家族一人ひとりの要望にも応えられます。空焚き防止機能付きで、安全面にも配慮されています。

ノズルの先端が細い作りのため、ハンドドリップの際ゆっくり途切れさせずお湯を注げます。高さ16.5cmとコンパクトで、持ち上げる動作もスムーズです。マットな質感で、カラーはシックなブラック。無駄がなくシンプルで、どんなインテリアとも調和します。ふたを取り外せるので、内部を洗いやすく清潔に保てるのもポイントです。

おすすめ㉕
  • デロンギ(DeLonghi)
  • 電気カフェケトル アイコナ KBOE1230J

  • 税込み11,480円
  • 好みの温度は、5つの設定ボタンからひとつ押せばOK!

  • 操作台に50~100℃まで5段階の温度設定ボタンが設置されています。コーヒーのみならず、お茶の種類によっても最適な湯温で淹れておいしく味わえます。

200mL~1Lの間で、必要な量をさっと沸かせる大きめの電気ケトルです。玉露50℃・煎茶60℃・抹茶80度というように、お茶をおいしく淹れることにこだわった設計。20分間の保温機能もあり、来客の多い家庭にぴったりです。目盛りのついた水量窓があり、中がひと目で確認できるほか、残りが少なくなると電源が切れる空焚き防止機能も付いています。

本体表面に独自の凹凸加工を施し高級感を演出。茶会の席にもマッチするデザインです。指紋が付着しにくいので、外側もきれいな状態を保ちやすい点にも注目してください。注ぎ口は、狙った場所に湯量をコントロールできるようノズル形状にこだわっています。急須やティーポット、カップに注ぐ際もこぼしにくいのがポイントです。使わないときはコードを電源プレート裏のホルダーに巻き付けてすっきり収納できます。

電気ケトルの気になる維持費

お金の写真

電気ケトルの電気代はいくらになるのでしょうか。ここでは、1カップあたりやまとめて1L沸かした際の電気代を公開します。

お湯を沸かす量や製品にもよりますが、電気ケトルの電気代は1回あたり約0.47円~と、とても経済的です。ここでは数量別に1回あたりの電気代をまとめました。

<電気ケトル/1回あたりの電気料金>
1カップ分(約160ml):約0.47円
1L:約2.6円

驚くべきは1カップ分のお湯の量でしょう。1日1カップのコーヒーを毎日1杯と、換算すると1年間で約172円です。

1.0Lのお湯を沸かしても1回あたり約2.6円。1日1回約2.6円を毎日使えば、1か月30日として約78円、1年間365日で約949円です。

<電気ケトル/1.0Lを沸かすのにかかる年間電気料金>
朝・昼・晩いずれか 1日1回:年間/約949円
朝・昼・晩いずれか 1日2回:年間/約1,898円
朝・昼・晩 毎回  1日3回:年間/約2,847円

このような金額になります。ガスや電気ポットとの違いも気になるところですね。

ガス・電気ポットの維持費と比較

それでは、ガスや電気ポットで沸かす場合の料金はいくらになるのでしょうか。電気ケトルと同様に、維持費をまとめました。お湯はやかんや電気ポットで沸かす派の方も注目してください。

1.0Lのお湯を沸かすのにかかる電気・ガス料金
1回あたり 年間
電気ケトル 約2.6円 約949円
電気ポット 約7.6円 約2,774円
ガス(やかん) 約3.36円 約1226.4円

今まで電気ポットややかんで十分と思っていた方は、見直す機会になる結果だったのではないでしょうか。必要な分を必要なだけ沸かす際には、電気ケトルが断然お得ですね。

電気ケトルのお手入れ・内容器の掃除方法

ポットの写真

電気ケトルは毎日使うことが想定され、水垢やカルキの汚れが気になるところです。ここでは、日々のお手入れや頑固汚れのお掃除方法を紹介していきます。

日々のお手入れの仕方

メーカーが推奨するメンテナンス方法を紹介します。電気機器なので、丁寧な扱いをしてください。気になるお手入れの頻度ですが、使用後のルーティンとして毎回行うことをおすすめします。

メーカーが推奨するお手入れ方法は以下のようになります。

①本体に差した電源ケーブルを抜く
②お湯を使い終わったら注ぎ口からお湯を捨てる
③内部の熱が冷めるのを待つ
④フタや取り外し可能なパーツを取る
フタ・本体表面・通電台はふきんをよく絞り汚れや水分を拭き取る
内容器は食器用スポンジなど柔らかいもので汚れをこすり落とす
フィルターを水洗いする
※ウォッシャブルでない限り内容器・フィルター以外、水でぬらすことは厳禁です。

頑固汚れの掃除方法

電気ケトルの水垢や内部のカルキは時間が経つと、頑固汚れとして現れます。このような状況になったら、クエン酸を使った掃除の合図です。

クエン酸を使った掃除の頻度は、日々のお手入れよりも少なくて大丈夫ですが、定期的に内部を見て・触って、確かめてから掃除をするようにしましょう。

・内容器に普段のお手入れでは落ちない汚れが目立つようになってきた
・お湯に白色・茶色の浮遊物が目立つ
・内容器のザラつきが気になる
・内容器が茶色・灰色・緑色に変色してきた


このような症状は湯あか・カルシウム・金属イオンの作用が原因です。以下に示してある手順通りに掃除を行うことで、頑固な汚れを落とすことができますので、ぜひ実践してみてください。

①内容器に100%のクエン酸を約20g入れる
②内容器の満水メモリに合わせて水を入れる
③お湯を沸かしお湯が沸いたら30分~1時間放置する
④フタをしたまま注ぎ口よりお湯を捨てる
⑤水だけでお湯を沸かし手順④をする
⑥クエン酸がつからない部分はスポンジでこする

ほかにも重曹水を使ってプラスチック部分を拭き取るなどできますが、アルカリ洗剤などの溶剤や使ってはいけない掃除道具もあります。お手入れする際は、説明書の注意事項を必ず読むようにしてください。

ベストな電気ケトルを選んで、暮らしをより楽しくスマートにしよう!

ケトルとコーヒードリップ

ここまで、おすすめの電気ケトルを選ぶ際のポイントと、おすすめの電気ケトルについてお伝えしました。

電気ケトルは電気の力で瞬時にお湯が沸き、必要な分だけお湯を使える便利な生活家電です。目的や使う用途をさえ分かっていれば、あとは好きなメーカーやデザインで選ぶだけ。

毎朝のご飯のお供に好きな飲み物やスープを作ったり、ブレイクタイムにコーヒーを淹れたり、と電気ケトルを使って”ほっと一息”つきましょう。

※価格はいずれも2020年10月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!