moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめ電気毛布10選!人気商品から選び方のポイントまでチェック

moovoo編集部
2018-10-05
  • LINE友だち追加


電気毛布は今人気の節電暖房器具

快眠している女性

冬の布団を温めたり、こたつ代わりに電気毛布を使ったりする人が増えています。電気毛布は、毛布の中に埋め込まれた電熱線がスイッチを入れると同時に温まっていく仕組みのアイテム。1日8時間使用しても、一カ月200円程度の電気代しかかからないといわれるほど、電気毛布はコスパがいい暖房器具です。種類や手入れの方法などを確認して、自分に合った電気毛布を購入しましょう!

電気毛布を選ぶ時のポイント

電気毛布はサイズや用途によって選ぶ商品が異なってきますが、基本的な種類は大きく2つに分けられます。敷いて使う「敷き毛布タイプ」と、掛けて使う「掛け毛布タイプ」です。電気毛布を使うときには、どちらを購入するか考える必要があります。今回は、電気毛布を選ぶ時のポイントをまとめてみました!

(1)敷き毛布か掛け毛布か

布団などに敷いて使う「敷き毛布タイプ」と、ひざ掛けなどにも使える「掛け毛布タイプ」のどちらかを選ぶには、使う場所を考える必要があります。敷き毛布タイプは基本的に布団を温めるために、マットレスや布団の上に重ねて使います。敷き毛布タイプの方が掛け毛布タイプよりも電熱量が大きく、温まりやすいという効果があります。掛け毛布タイプは自宅での使用だけでなくオフィスなどでもひざ掛けにできるので、サイズだけ気を付けて購入すれば基本的には問題ありません。自分がどこで電気毛布を使いたいか、まずは用途を考えましょう。どちらでも使いたい!という人向けに、最近では両用タイプも出ています。

(2)素材から選ぶ

電気毛布は電熱線が入っているので、基本手洗いが必要です。ただ、洗濯機で丸洗いが可能なものもあります。手入れのしやすさに差が出てくるので、電気毛布を購入するときは洗濯の方法は必ず確認するようにしましょう。丸洗い可能な電気毛布であっても、ドラム式の洗濯機は未対応の場合があるので、洗濯表示は確認するようにしましょう。

(3)サイズを選ぶ

布団に敷いて使う場合には、サイズの確認が必要です。ベッドシーツと同じ要領で使えるサイズもあれば、コンパクトサイズもあります。用途に合わせて使い分けるようにしましょう。ひざ掛けタイプは持ち運びが便利なサイズで、オフィスでも使いやすいという特徴があります。

(4)洗濯機で洗えるか確認する

電気毛布は電熱線が入っているので、基本手洗いが必要です。ただ、洗濯機で丸洗いが可能なものもあります。手入れのしやすさに差が出てくるので、電気毛布を購入するときは洗濯の方法を必ず確認するようにしましょう。丸洗い可能な電気毛布であっても、ドラム式の洗濯機は未対応の場合があるので、洗濯表示を確認するようにしましょう。

おすすめ電気毛布(敷き毛布タイプ)5選!

今回は、おすすめの電気毛布を10点厳選しました。敷き毛布タイプとひざ掛けタイプの2つに分けて、ランキング形式で紹介していきます!サイズなどの詳細は公式サイトをチェックしてみてください。

第5位:使い方簡単!パナソニック/ DB-U12T

電気毛布の写真

パナソニックの電気毛布DB-U12Tは、手軽な電気毛布として使われています。機能は複雑ではなく、とてもシンプルです。丸洗いが可能で、ダニなどから毛布を守る抗菌機能が付いています。温度の切り替えも専用のリモコンで簡単にできます。素材はポリエステルなので、敷き毛布として使いやすい商品となっています。

第4位:ダブル・セミダブル対応!山善(YAMAZEN)/YMK-F43P(T)

電気毛布の写真

山善の電気毛布YMK-F43P(T)は、掛け敷き兼用の電気毛布です。ポリエステル素材ですがもこもこになるようなプードルタッチなので、肌触りがとても良いです。節電タイプなので、1時間の電気料金が弱で約0.4円、適温で約0.8円、強で約1.5円となっています。室温センサーがついているので、急に部屋が冷えたときには設定温度よりも温かくしてくれるという嬉しい機能付きです。コントローラーを外せば洗濯機での丸洗いが可能で、ダニ退治機能も付いているので安全性も高いのですが、価格が少し高めです。冷える足元を温めてくれる頭寒足熱配線になっています。

第3位:amazonで人気!ソファに敷いてもOK!なかぎし/NA-023S

電気毛布の写真

なかぎしから登場しているNA-023Sは、Amazonで売れ筋ランキング1位、ベストセラーにも輝いたリーズナブルな電気毛布です。洗濯機での丸洗いも可能なので、手入れも簡単です。リモコンにはバックライトが付いているので、電気を消した部屋でも操作しやすいというメリットがあります。さらに、ポリエステル製の電気毛布にダニ退治機能が付いています。ダニが気になったら丸洗いをし、ダニ退治機能でしっかり手入れすれば長期間の利用が可能です。NA-023Sはリーズナブルなメリットの反面、使い始めは「強」でないと温まりにくいという口コミもあります。電気毛布をとりあえず試すならNA-023Sはおすすめです。

第2位:肌触りの良い生地!タイマー付き電気毛布!LIFEJOY/JBK801F

電気毛布の写真

LIFEJOYの電気毛布JBK801Fは、掛け敷き兼用タイプです。敷き毛布としても使えるのですが、フランネル素材で肌触りがとてもふわふわなので掛け毛布として使っている人が多いようです。毛布というよりブランケットに似ている薄型の仕様です。寝る時には10分間だけ「強」で温まり、それ以降はタイマー機能が作動して自動で「弱」に切り替わります。そのため、8時間使用しても電気代が1円ほどという嬉しい機能付き。フランネル素材で気になるダニも丸洗いできるので問題ありません。さらに、ダニ退治機能も付いているので、子どもにも安心して使ってあげられる電気毛布です。

第1位:頭寒足熱配線と電磁波カットの組み合わせ!KOIZUMI/KDK-7586D

電気毛布の写真

KOIZUMIのKDK-7586Dは、頭寒足熱配線を採用しているので、冷えやすい足元からしっかり温めてくれます。抗菌防臭加工が施されているため清潔に使用できます。洗濯機で丸洗いが可能で、ダニ退治機能も付いているので、子どもが使用する電気毛布としてもかなり優秀です。そして電磁波カットが90%以上行われます。電気毛布は電子レンジの20%程度の電磁波を出すので、気になる電磁波から子どもや身体を守りたいという人におすすめです。また、室温センサーがついているので、室温の変化に合わせて自動で温度調整してくれます。寒い冬に重宝しそうな製品です。KOIZUMIは電気毛布のメーカーとして人気商品が多いので、今回1位に選びました。

おすすめ電気毛布(ひざ掛けタイプ)5選!

電気毛布のひざ掛けタイプは、冬のちょっとした寒さをカバーしてくれます。部屋を空調で温めても体に冷えを感じるときに、電気毛布でしっかり温めることができます。オフィスなども冷え込みやすいので、足腰を温めるのに重宝します。今回は、ひざ掛けタイプの電気毛布をランキング形式でご紹介します。コンパクトで持ち運びやすさを重視しました。また、繊維部分がしっかりしていて、肌触りが良いものを中心に選んでいます。

第5位:自宅で使いやすい!パナソニック/DC-H4-H

電気毛布の写真

パナソニックのひざ掛け電気毛布DC-H4-Hは、少し分厚いのでオフィス向きではなく自宅で使うようとしておすすめです。かなり大きめなので、身体がすっぽりと包める大きさです。一人暮らしの暖房器具としても重宝しそうです。素材はポリエステルで、コントローラーを外せば丸洗いOKとなっています。

第4位:メーカー最新の電気毛布!山善(YAMAZEN)/YHK-44MF

電気毛布の写真

山善の電気掛け毛布YHK-44MFは、最新のミックスフランネルという素材を使っているので、肌触りがとても良くなっています。ふんわり柔らかい毛布なので、テレビを見ながらひざにかけたり、寝るときに毛布として使ったり色々な使い方が可能です。腰に巻くほどの大きさがあるのに、重さは1kg以下なので、持ち運びにも便利です。電気毛布は電熱線が当たって触り心地がよくないものがあるのですが、山善の電気毛布は軽いのに厚みがあるので触り心地も問題ありません。本体はもちろん洗濯機で丸洗いが可能です。

第3位:キャンプや車中泊でも使える!USB接続の電気毛布!GREEN HOUSE/GH-UHOBLA

電気毛布の写真

通常の電気毛布はコンセントが必須でした。GREEN HOUSEの電気毛布GH-UHOBLAは、USB接続対応可能な電気毛布なのです!オフィスでも使いやすく、車中泊にも対応し、モバイルバッテリーを使えばキャンプでも持ち運びが可能なのです!消費電力がかなり少量なので、温める力は弱いかもしれませんが、冬の車中泊などは冷えるので、ほんのり温かい電気毛布でもある方がいいでしょう。ポリエステル製で軽い使用感の電気毛布です。

第2位:アクリル100%のオーソドックスな電気毛布!椙山紡織/NA-055H-RT

電気毛布の写真

100%アクリルで出来ているオーソドックスな電気毛布です。椙山紡織の電気毛布NA-055H-RTは、ひざ掛けの電気毛布にも関わらず、室温センサーが付いています。部屋の温度が下がったら自動で温度調節をするので、作業をしているときにも重宝しそうなアイテムです。もちろん丸洗いOKなので、リモコンを外してそのまま洗濯機で洗うことが出来ます。また、ダニ退治機能もついているので、手入れも簡単に出来てしまいます。持ち運びもとても楽なので、外出先でも寒さを防ぐことが可能です。冬になると足元が冷えるので、電気毛布を使ってしっかりケアしていきたいですね。自宅でも足元は冷えるので、ソファに座るときなどは電気毛布を使った方がよいでしょう。

第1位:楽々使える!LIFEJOY/JBH121

電気毛布の写真

ひざ掛けの電気毛布第1位は、LIFEJOYの電気毛布JBH121です。シンプルでオシャレなデザインの電気毛布は、操作が簡単なコントローラー付きです。弱・中・強の3つの温度設定が可能ですが、コントローラーの温度調節はスライド式なので、弱と中の間を選ぶことも出来ます。ポリエステル70%とアクリル30%を組み合わせた素材で出来ていますが、網目が特徴的なのでふんわりとした肌触りに仕上がっています。ダニ退治機能が搭載していて、洗濯機で洗うことも可能です。リーズナブルな値段なので、多くの人が利用しやすい電気毛布です。

電気毛布は冬の必須アイテムになりそう!

毛布とぬいぐるみ

今回電気毛布についてご紹介しましたが、寝るときに電気毛布を使ったり、部屋でひざ掛けとして使ったりする人は増えているようです。電気毛布自体の電気代がかなり安価なので、ストーブなどをつけるよりも簡単に身体を温めることが可能です。自動で温度調節をする室温センサーや、ダニ除去機能などがついている電気毛布が多いため、今後も人気が高まっていくと考えられます。冬になると最新作が販売されることがあるので、ランキングを参考に、自分に合った電気毛布を選んでみてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!