moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

三脚のおすすめ10選!撮りたい場面に合わせて選ぶのがポイント

moovoo編集部
2018-10-18
  • LINE友だち追加


スマホからフルサイズの一眼レフカメラまで!三脚でワンランク上の写真に

写真を撮る女性

写真や動画を撮影していて手ぶれが気になったこと、ありませんか?安定させているつもりなのに、納得いかない仕上がりになったという経験をしている人は少なくありません。今よりもっといい写真や動画を撮りたい場合は、三脚をプラスするのがおすすめです。安定性が高くなるので手ぶれを気にせずシャッターチャンスに集中できます。今回は、ワンランク上の撮影ができるおすすめの三脚をご紹介します。

撮影機材として1つ持っておくと便利な三脚

手ぶれ補正つきのビデオカメラを使っていても、カメラに慣れていないと納得いく映像を撮るのは難しいものです。風景撮影のシャッターチャンス待ちや、子供の運動会で動画を撮るときは長時間カメラを持ち続けなければならず腕が疲れてしまいます。
そこでおすすめなのが機材に三脚を取り入れる方法です。土台が安定するため映像がぶれず、好きなタイミングでシャッターを押すことができます。一眼レフカメラやミラーレスの一眼を愛用している人も、ワンランク上の写真を撮りたいときは三脚を使うのがおすすめです。

三脚の基本構造とサイズ

三脚の基本構造を確認しておきましょう。上にあるのが「雲台」というカメラを載せる部分です。「脚部」はセンターポールを中心に3本の脚でカメラを支えます。雲台と脚部の間にあるのは軸となる「本体部」です。
三脚にはいろいろなサイズがあります。持ち運びに便利なのが、ポケットサイズのミニ型です。料理など卓上に置いて撮影するときにも活用されます。軽量タイプのコンパクト型は、おもに旅行用に使われる三脚です。折りたたんで携帯し撮影時には素早くセッティングできます。中型や大型の三脚は、安定性や剛性の高さが特徴です。フルサイズモデルや望遠レンズに適しています。

三脚を選ぶときのチェックポイント

・材質と耐荷重
三脚の材質には初心者でも使いやすくコストが安いアルミニウム製と、安定性が高く軽量のカーボン製があります。カメラやレンズ、雲台など搭載する機材の重さを支えるため、耐荷重を守ることも大切です。
・高さと段数
脚部を最大限まで伸ばしたときの高さを「全伸高」といい、初心者は自分の目線くらいの高さが使いやすいです。また、段数が多いものは折りたたむとコンパクトになるので持ち運びしやすく、段数が少ないタイプは脚が太く安定性が高いため足場が悪い場所での撮影に向いています。
・ロック方式
高さの調整に便利なのが「ナットロック」、ワンタッチで固定できるのが「レバーロック」です。ほかにも、ベルボンの三脚に使われる「ウルトラロック」や重い機材を載せるときに便利な「ノブ式」があります。

三脚にカメラを固定する「雲台」選びも重要なポイント

カメラを載せる器具である雲台は、三脚に合ったものを選ぶことが大切です。雲台には種類がありそれぞれ適した撮影シーンが異なります。タイプ別の特徴を見ていきましょう。
・自由雲台
操作が簡単でカメラの方向を自由に動かせます。かさばらないため持ち運びしやすいのが特徴です。
・3Way雲台
3つの角度が個別に調整可能で、安定した構図で撮影できます。水平をしっかり出せるので、風景写真を撮るときにおすすめです。
・ビデオ雲台
上下左右の動きが滑らかで、動画撮影に適しています。超望遠レンズのような重量級の機材にも対応しているため、野鳥や動物の撮影にもおすすめです。
・ギア雲台
ギアを使って細かな角度が調整できます。プロのカメラマンにも使用されている雲台です。

星撮影などの目的に合わせた三脚の選び方

三脚は用途に合わせて選ぶようにしましょう。例えば、星空撮影や花火はスローシャッターでの撮影となるため、脚がしっかりしたものやカーボン製で振動に強いものが適しています。旅行用には軽くてコンパクトサイズのものを選ぶと持ち運びに便利です。グループ写真や自撮りをしたい場合は、伸ばしたときに高さがある三脚だと顔を写しやすくなります。草花などのマクロ撮影には、ローアングルに対応した三脚があると便利です。

《メーカー別》初心者におすすめの三脚

子供の運動会や家族旅行用に!初心者でも使いやすい簡単操作が魅力「SLIK/GX6400」

折りたたんだときの長さが47cmとコンパクトで旅行に便利なSLIK(スリック)の三脚です。取りつけが簡単で初心者にも使いやすくなっています。事前に同梱されているクイックシュープレートをカメラにつけておくと、あとはカメラを載せてレバーを締めるだけでセット完了です。
カメラとビデオ兼用タイプの雲台は上下・左右・縦横位置と3方向の切り替えができるので、微調整が必要な撮影に適しています。また、ハンドルを回転することでエレベーターが上下に動かせるのもポイント。26cmの可動範囲内で、高さの微調整が可能です。

本体重量:1.24kg
耐荷重:1.5kg
本体素材:アルミ
最低高:45.5cm
全伸高:154cm
脚締ロック方式:レバーロック
脚段数:4段
雲台タイプ:3Way雲台
付属品:三脚ケース

安いのに高性能!DGP金賞のコンパクト軽量三脚「Manfrotto/MTPIXIEVO」

DGP(デジタルカメラグランプリ)では、カメラ写真家や評論家など写真のプロたちが審査を行い各カテゴリーから受賞商品を厳選しています。2017年に金賞を受賞したのがManfrotto(マンフロット)のミニ三脚です。
260gと超軽量ながらミラーレスカメラやデジタル一眼レフカメラにも対応。ポリマー素材のアダプトとアルミニウムによって安定性を実現しました。脚部分には長さを調整するボタンがあり、素早く好みのポジションが設定できます。開脚角度は2段階から選択できるので、ローアングルの撮影にもおすすめです。

本体重量:0.26kg
耐荷重:2.5kg
本体素材:アルミ、テクノポリマー
最低高:10.5cm
全伸高:20cm
脚締ロック方式:ボタンロック
脚段数:5段
雲台タイプ:自由雲台

本格派向きの名品!軽量と剛性を兼ね備えたカーボン三脚「GITZO/GT3532」

人気メーカーGITZO(ジッツオ)からご紹介するのは、本格派におすすめのプロ用三脚です。300mmまでのレンズを装着した一眼レフカメラとの使用に適しています。1段目の脚径が32.9mmと剛性が高く、カーボンファイバーを含んでいるため硬くて丈夫です。
また、「グランドゼロレベルセット」設計により、専用リングを緩めて簡単にセンターポールを下げることができます。スムーズにセッティングできるので、ローアングル撮影も快適です。センターポールにはフックが内蔵されていて、三脚をより安定させたいときにウォーターバッグなどを使って18kgまでウエイトをかけられます。

本体重量:1.88kg
耐荷重:21kg
本体素材:カーボンファイバー
最低高:16cm
全伸高:161cm
脚締ロック方式:ツイストロック
脚段数:32.9mm/3段
雲台タイプ:なし

ソニービデオカメラに最適!収納ケースつきの小型リモコン三脚「SONY/VCT-VPR1」

マルチ端子に対応したケーブルが同梱されています。ソニー製品のビデオカメラでマルチ端子対応機種と合わせて使える三脚です。付属のリモコンを使って簡単にスローズームができるので、子供の学芸会やスポーツ試合などでもきれいな動画撮影が実現できます。
録画のスタート・ストップはもちろん、グリッドラインの確認や静止画撮影もリモコンで操作可能です。また、480mmとコンパクトに収納できるので、荷物が多い家族旅行用にも適しています。キャリングケースつきで携帯性が高く持ち運びに便利です。

本体重量:1.3kg
耐荷重:4kg
本体素材:アルミ
最低高:48cm
全伸高:146.5cm
脚段数:3段
雲台タイプ: 3Way雲台
付属品:マルチ端子用接続ケーブル1種、キャリングケース

旅行用に!スムーズに伸縮できる安定性抜群のナットロック三脚「BENRO/A0580T」

BENRO(ベンロ)からご紹介するのは、ナットロックシリーズの三脚です。アルミ製ながら、高強度材を使うことで脚パイプの弾性や強度を向上させています。脚とセンターポールがつながる本体部分に水準器を装備させた独自仕様で、風景撮影におすすめです。
また、ナットロックはパイプが空回りしません。十数秒という短い時間でスムーズに伸縮できる設計で、組み立てや収納を素早くできます。防水・防塵設計で、撮影場所を選ばずに使用できるので、旅行用に適した一品です。

本体重量:1.04kg
耐荷重:5kg
本体素材:アルミ
最低高:32.5cm
全伸高:147cm
脚締ロック方式:ナットロック
脚径/段数:20mm/4段
雲台タイプ:なし
付属品:メンテナンス工具、三脚ケース

登山や旅行用に!ローアングル撮影に適したショートポール付属「sirui/T-2205X」

SIRUI(シルイ)の三脚の中でも、旅行用として人気が高いモデルです。脚部分は180度回転できる仕組みで、小さく収納できます。センターポールも取り外し可能。付属品のショートポールにチェンジすると、ローアングルでの撮影に対応できます。
灼熱から極地までいろいろな場所で撮影できるよう、高温は100℃低温はマイナス40℃まで耐久温度の範囲が広いのが特長です。軽くてコンパクトながら、八層構造になったカーボン繊維を使うことで耐荷重が大きくなっています。

本体重量:1.2kg
耐荷重:12kg
本体素材:カーボン
最低高:13.5cm
全伸高:144.5cm
脚締ロック方式:ナット式
脚径/段数:28mm/5段
雲台タイプ:なし
付属品:三脚ケース、ローアングル用ショートエレベーター(収納用ポーチ)ほか

オーロラ撮影にも!ミラーレスカメラ対応のカーボン製三脚「ベルボン/UTC-63」

一眼レフカメラやミラーレスカメラに対応したVelbon (ベルボン)の三脚です。ブレない剛性の高さや持ち運びに便利な軽さが魅力。伸縮比はおよそ4.3倍と、大きく使えてコンパクトに収納できます。QRAシステムが搭載されたことで、カメラの着脱がワンタッチで行えるのも特長です。
自由雲台は取り外しができるので、他の雲台との交換ができます。また、開脚機構が装備されていてノブをずらすと3段階に調節でき、ローポジションでの撮影など設置場所に合わせて変更可能です。旅行用におすすめで、朝日やオーロラを撮影するときにも役立ちます。

本体重量:1.2kg
耐荷重:4kg
本体素材:カーボン
最低高:34cm
全伸高:155cm
脚締ロック方式:ウルトラロック
脚径/段数:30mm/5段
雲台タイプ:自由雲台(取り外し可能)
付属品:専用ケース

canon推奨!マルチに役立つアルミ製三脚「ベルボン/Sherpa345Ⅱ」

Canonが推奨しているVelbon (ベルボン)の三脚です。小型の3Way雲台が装備されているので、ミラーレス一眼に適しています。水平・上下・縦位置の3方向に対して操作や固定ができ、細かな構図調整が可能です。
カメラの着脱が簡単なワンタッチのクイックシュー機構で、カメラが水平になっているか確認しやすい丸型水準器を装備しています。センターポールの下部を外せばローポジションにも対応可能。旅行用はもちろん、ホームパーティーやペットの撮影にもおすすめの三脚です。

本体重量:1.14kg
耐荷重:1.5kg
本体素材:アルミ
最低高:18.2cm
全伸高:146cm
脚締ロック方式:レバーロック
脚段数:20mm/4段
雲台タイプ:3Way雲台
付属品:専用ケース

卓上サイズのミニ三脚!theta対応のストラップなどがそろう「EEEKit/スターターセット」

RICOH(リコー)が発売しているTHETA(シータ)は人気の360度全天球カメラです。約1200万画素の高画質で自然な静止画や動画を撮影できます。撮影時に手が入り込まないようにするためにおすすめなのが三脚の活用です。
EEEKitはTHETA撮影に必要な基本アイテムがそろっています。三脚スタンドは安定性があり、星撮影にも最適です。

セット内容(カメラ本体は含まれません)
・自撮り棒
・三脚スタンド
・手首ストラップ
・レンズキャップつきシリコン製ケース
・Micro HDMIケーブル・スリーブバッグ

スマホ用やgoproの自撮りに!セルカ棒&三脚の2役「BlitzWolf/BW-BS3」

「BlitzWolf(ブリッツウルフ)」の自撮り棒は三脚と2Wayで使えるのがメリットです。148gの軽さで折りたたむと19.9cmまで短くなるため、ポケットやバッグにもコンパクトに収まります。AndroidやiOSとデバイスの互換性があり、goproにも対応できる優れものです。
Bluetooth対応で10m離れていても遠隔操作ができるので、旅行をはじめパーティーなどいろいろな場所で撮影を楽しめます。取り外しできるワイヤレスリモコンは充電式のバッテリ搭載で24時間動作が可能です。

セット内容(カメラ本体は含まれません)
・ BW-BS3 Sports 自撮り棒
・1/4カメラマウントホルダー
・スマートフォンホルダー/カメラマウントホルダー固定ネジ
・マイクロUSBケーブル
・日本語のユーザーマニュアル

三脚は撮影シーンと使いやすさのバランスで選ぼう

三脚とカメラ

三脚の選び方やおすすめ商品をご紹介しました。三脚は安いものから高価なものまでいろいろな種類があります。どれを選んでいいかわからない場合は、旅行や子供のイベントなど撮影シーンを基準にしてみましょう。慣れてきたらカメラ機材や被写体によって三脚を使い分けて、ワンランク上の作品に挑戦したいですね。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!