HOME

>

家電

>

【2021年】オイルヒーターのおすすめ15選!節約方法・買い替え時期も解説

【2021年】オイルヒーターのおすすめ15選!節約方法・買い替え時期も解説

藤井広大、鳴海有梨
2021-04-02
2021-04-02

オイルヒーターは空気を変えず、冬場の暖をとるのにとても優れた暖房器具です。しかし、どの製品も同じ形で、選び方に悩む人も多くいます。

この記事ではオイルヒーターの買い替え時期や選び方を解説、人気のおすすめ15商品も厳選して詳しく解説します。

オイルヒーターとは

オイルヒーターは電気を動力に、容器内で難燃性のオイルを暖めて、フィンと呼ばれる機器表面の何層にもなっている部分から放熱させることで、部屋全体を暖めます。

エアコンや石油ストーブといった暖房器具よりも、部屋の空気や湿度を保ちつつ暖めることができます。そのため、冬場の体調管理をするうえでは、欠かせない暖房器具といえます。

オイルヒーターを窓際に置いている写真

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターは、やわらかく自然な暖かさを感じられます。マルチダイナミックヒーターなどと比べると速暖効果は低いですが、他の暖房器具に比べて安全性が高いため、小さなお子様やペットがいる家庭に人気です。

また、静音性に優れており、ハウスダストなどで空気が汚染されることなく、乾燥しにくいという特徴があります。オイルやフィルターなどのメンテナンス要らずというのもうれしいポイントです。

オイルヒーターの注意ポイントや置き場所について

オイルヒーターは、電気代が高くなりがち…。しかし、効率よく使えば節約は可能です。

主には、節約機能や便利機能を使うことで電気代の上昇を抑えることができます。置き場所は、熱の逃げやすい窓際にしましょう。そうすれば、部屋全体をムラなく暖めることができます。窓に断熱シートを張るのも効果的です!

また、オイルヒーターは電源を入れるときなどに、オイルが弾ける音がします。これはオイルが機器内に通っている証拠なので、オイルヒーターの仕組みとして認識しておきましょう。

マルチダイナミックヒーターとの違い|価格と性能のバランス

デロンギなど、一部メーカーではオイルヒーターのシステムと似た、マルチダイナミックヒーターと呼ばれる製品があります。フィンの内部にオイルではなく、発熱モジュールという装置で熱を与え、部屋を暖めます。

暖まるスピードが早く、電気代を約60%おさえることが可能な一方、製品の価格が高く小型モデルで3万円から、大型モデルは8万円以上の高価格帯となるのが難点。価格と性能のバランスでは、オイルヒーターに大きな魅力があります。

オイルヒーターの選び方

冬の部屋

それではオイルヒーターの選び方を紹介します。基本性能・節約機能・便利機能に注目すれば、ピンポイントに欲しいものを選ぶことができます。

使用する部屋の広さ(畳数)で消費電力を選ぶ

まずはオイルヒーターを使用する部屋の大きさで選びましょう。部屋の大きさは平米数ではなく、畳数が使われることが多いです。

部屋の大きさがわからなければ、手順通りに計算してみましょう。

①縦〇m×横〇m=平米数(㎡)…部屋の縦・横の長さをかけて平米数を出す

②平米数×0.3025=坪数…平米数に0.3025をかけることで坪数を求める

③坪数×2帖=畳数坪数に2帖をかけることで部屋の畳数がわかる

このように畳数を求めることができれば、平米数や坪数で製品を出しているメーカーでも探しやすいですよ!
部屋の大きさ=消費電力です。500W、1200W、1500Wの3種類から、部屋の大きさに合わせて選びます。

~3畳まで…消費電力500Wの小型モデル(トイレ・脱衣所などに)

8~10畳…消費電力1200Wの中型モデル

10~13畳…消費電力1500Wの大型モデル

適切な大きさのものを選ばないと、暖房効率が悪くなったり、電気代が高くなるなどして、失敗につながってしまいます。

フィンの枚数・形状で暖かさが決まる

部屋の畳数や消費電力が決まれば、次は暖かさにかかわるフィンの形状とフィンの枚数です。フィンの枚数で選ぶというよりも、消費電力が大きいほど枚数が多いということだけを頭に入れておきましょう。

フィン枚数が多ければ暖房効率がよく、暖まるスピードが早いです。ただし選ぶときには形状よりも畳数・消費電力さえ間違えなければ、適切なフィンの枚数が付いてきます。

フィンの形状は様々で、基本的には独立したフィンが並んでいるものが一般的です。安全に配慮したモデルや上位機種には、安全が高い1枚のパネルのような形状が使われています。小さな子供がいる家庭では、1枚のパネルタイプがおすすめです。

温度調整やエコ運転機能で選ぶと電気代を節約できる

温度調整やエコ運転機能があれば、温度の上がりすぎをおさえて電気代を節約できます。代表的な機能は24時間タイマーとエコ運転機能です。2つを組み合わせることで、電気代を約58%おさえられるモデルもあります。(※以下、デロンギ製品の事例)

24時間タイマー機能で暖めておきたい時間を指定しタイマーをセットできる

エコ運転機能が搭載されていれば20%の節約ができる

・部屋の大きさによって消費電力を切り替えられる電力レベル切り替え

こうした機能を組み合わせて使い、寒い冬を乗り切りましょう!

子供がいる家庭では安全性能の高いものを!

オイルヒーターはもともと安全ですが、状況に応じて安全性能が高いものを選ぶことが可能です。ここではデロンギの製品で使われている機能を参考に、代表的な安全性能を紹介します。

60℃/70℃/80℃などフィンの形状から選べる(温度が低いほど安全性が高い)

・小さな子供がいる家庭ではチャイルドロック機能でボタン操作を無効化

・隙間に指を入れられない形状のメッシュ構造はケガの防止になる

キャスターロック機能で本体の転がりや転倒を防ぐ

上位機種になればなるほど安全性も高いですが、子供が手を触れないような工夫をすればエントリーモデルでも十分でしょう。

部屋干し機能など便利な付加機能で選ぶ

最後は必要に応じて、付加機能で選びます。安全性能や節約機能で決まるといっても過言ではありませんが、リモコンやキャスター付きなど、付加機能があると便利です。

・手放せない家事や仕事の最中に遠隔操作ができるリモコン

キャスターがついていれば部屋の移動が楽にできる

・部屋の移動時や引っ越しに役立つ収納式コードホルダー・リモコンホルダー

トップハンガー(別売り)をオイルヒーター上部に取り付けて洗濯物を乾かせる

トップハンガーなどは乾きにくい冬の室内干しに役立ち、加湿できて部屋の環境がさらによくなることも。こうした使い方が出来る暖房機器は、オイルヒーターならではです。

処分方法や買い替え時期は?

オイルヒーターを買い替える際は、処分方法も考えなくてはいけません。メーカーにリサイクルしてもらったり、必要な人に譲るなど廃棄する以外の選択肢もあります。

状況に応じた処分を、検討してみてはいかがでしょうか。

処分方法
粗大ごみ回収で引き取ってもらう(排出不可能な自治体もあるので要確認)
・正常に動作するのであればリサイクルショップでの買取や無料引き取り
メーカーに引き取ってもらいリサイクルに役立てる(送料がかかることあり)
・通販や家電量販店の下取りを利用する
オークションやフリマアプリを利用する
買い替え時期
・保証やサポートが終わってしまった、パーツの供給が終了したなど修理不能な状況
・引っ越しなどで部屋の間取りが変わった
・上位機種にして電気代をもっと節約したい

基本的には買い替えなくてはならない大きな理由がない限り、長年にわたって使えるのもオイルヒーターの魅力とも言えます。

おすすめのオイルヒーター15選!

面倒な燃料補給なども必要なく、メンテナンスも簡単なオイルヒーター。ここからは、おすすめのオイルヒーター15選を紹介していきます。サイズや価格など選び方のポイントをチェックしながら自分にぴったりのものを見つけてくださいね。

おすすめ①

  • DeLonghi(デロンギ)
  • ドラゴンデジタルスマート オイルヒーター QSD0915-WH

  • 税込み24,800円
  • ECOモード搭載!安全に配慮したチャイルドロック付き

  • 部屋の温度に応じて控えめな運転をするため、マニュル運転より約20%の節電ができます。表面温度が低くチャイルドロック機能搭載なので、小さな子供がいる家庭におすすめです。

平均表面温度は約60℃で、部屋全体をじんわりと暖めます。デロンギの先進技術による、幅広X字型フィンを採用しています。筒状の特殊構造となっていて、触れてもやけどしにくい低温設計です。約80℃以上の異常加熱を検知すると、自動的にヒーターの電源が切れる仕様になります。

最大電力1500Wの10〜13畳タイプなため、広い部屋でもすぐに暖まります。電源のON/OFFは、10時間後までなら30分単位で設定可能です。折りたたみ式のゴム製キャスターがついていて、女性やお年寄りでも持ち運びが簡単です。

おすすめ②

  • DeLonghi(デロンギ)
  • オイルヒーター NJ0505E

  • 税込み17,385円
  • 安全プラグ付きの小型サイズ!温度差の大きい狭い個室に

  • 約80℃以上の異常加熱を検知すると、自動的に電源が切れる安全設計です。500Wの1〜3畳タイプなので、脱衣所やトイレのような狭い場所に向いています。

2・4・8時間後の3段階から、タイマー運転を設定できます。開始または終了時間を指定できる便利な機能です。従来モデルから1.4倍に広げたミニL字型フィンを5枚採用。平均表面温度約70℃で、輻射熱と自然対流により部屋全体を暖めます。チャイルドロック機能がついているため、小さな子供がいる家庭での使用も安心です。

暖めすぎを防止するべく、設定温度から0.5〜2℃低く運転するECOモードを搭載。ボタンひとつで簡単に設定できて、約20%の節電に繋がります。本体両側に指をかけやすい取っ手がついているので、持ち運びも簡単です。温度調整機能を設定すれば、自動的にON/OFFを繰り返して快適な空間をキープします。

おすすめ③
  • iimono117
  • 高性能 速暖ファン付き 10枚フィン オイルヒーター

  • 税込み11,800円
  • 温風ファン付き!暖め&衣類乾燥と一台2役の優れもの

  • 温風ファンがオイルヒーターの熱を送り出し、素早く部屋を暖めます。取り外し可能なタオルハンガー付きで、衣類乾燥もできる便利な一台です。

12畳の広いリビングまで暖めるパワフルなオイルヒーターです。ヒーターの出力は450W・650W・1100Wの三段階で、2つのスイッチを切り替えて好みの設定にします。一定の温度を保ちたい時は、サーモスタットのダイヤルを反時計回りに。自動でオン・オフを繰り返し無駄な運転を減らし、省エネにもつながります。

24時間対応のタイマーは15分刻みなので、生活リズムにあわせてON・OFFを細かく設定できるのもうれしいポイント。洗濯物を乾かす時にタイマーをセットしておけば、スイッチを切り忘れる心配がありません。本体が一定角度に傾いたり、ヒーターが熱くなり過ぎると、自動的に運転停止します。お子さんやお年寄りがいても安心の設計です。

おすすめ④

  • DeLonghi(デロンギ)
  • オイルヒーター HJ0812

  • 税込み17,290円
  • 安全プラグ付き!グッドデザイン賞を受賞したオイルヒーター

  • 異常加熱を検知すると自動的に止まり、暖めすぎやトラッキング事故を未然に防ぎます。オイルヒーターのイメージをくつがえした、曲面がエレガントな印象を受けるデザインです。

1200Wタイプで、リビングはもちろん寝室や勉強部屋に最適。8〜10畳の広さに適しています。デロンギ社試験によると、8℃から20℃まで暖まるのに8畳の場合30分・10畳の場合60分とのこと。オイルヒータとして優秀な数値です。部屋全体に熱を伝えながら穏やかに温度が上昇するので、運転を止めてもすぐに部屋が冷えることはありません。

サーマルカットフィンは、15ヶ所の穴で熱伝導を抑えます。ほかへ熱が逃げない仕組みなので、平均表面温度を約80℃に保てます。エッジ部分の切り口が内側を向いていて、触れても危険のない安全設計がうれしいポイントです。24時間電子タイマー機能搭載のため、15分刻みで運転のON/OFF予約もできます。組み立てる必要がなく折りたたみ式なので、女性やお年寄りでも操作が簡単です。

おすすめ⑤
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • ウェーブ型オイルヒーター IWH-1210K

  • 税込み11,842円
  • 見た目も美しいウェーブフィン!3段階にヒーターの切替可能

  • ウェーブ型でフィンの面積が広がり、従来モデルより熱効率がアップ。ヒーターは1200W・700W ・500Wの3段階から、用途にあわせて切り替えられます。

10枚のウェーブフィンを採用したことで、従来の直線状と比較して表面積が約10%拡張されました。オイルヒーターから離れていても暖かさを感じます。3段階にヒーターを切り替えられるので、リビングに限らず寝室や子供部屋へ移動して使うときにも便利です。広い部屋では1200Wで高温に、狭い個室では500Wの低温にすると省エネ効果が期待できます。

低温から高温まで、無段階ダイヤル方式で微調整が可能です。木造住宅なら6畳、コンクリート住宅なら8畳に適しています。部屋が暖まったら電源を切っても、壁や床から発生するふく射熱により快適温度が持続します。

おすすめ⑥
  • 千住 TEKNOS(テクノス)
  • オイルヒーター TOH-D1101

  • 税込み14,080円
  • エコモードで省エネ!即暖性に優れたS型フィン採用

  • ワンタッチで25℃設定になるエコモードを搭載。11枚のS型フィンが、部屋全体を効率的に暖めます。木造なら8畳・コンクリートなら10畳の部屋に最適です。

温度は5℃〜35℃の間で調整できます。タッチパネル式で電源のON/OFFや、温度設定も簡単です。部屋の広さにあわせて、出力を500W・700W・1200Wの3段階から選べます。電気代は1200Wで1時間に約32.4円と、標準的な値段です。窓側に設置して、温度のムラをなくしながら部屋全体を暖めましょう。

電源ボタンを5秒以上長押しすると、チャイルドロックがかかり操作が行えなくなります。小さな子供がいるリビングでも、安心して使用できるオイルヒーターです。万が一誤って本体を転倒させた場合、転倒OFFスイッチ搭載により電源が自動的に切れます。起こしても待機モードとなり、再度電源を入れると動く仕様なので安心です。

おすすめ⑦
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • ミニオイルヒーター POH-505K

  • 税込み8,980円
  • 軽量3.2kgの小型タイプ!簡単に持てる取っ手付き

  • 「ちょっと寒いな」と感じたとき、すぐに持ち運んで使える取っ手付きのオイルヒーターです。置き場所をとらない小型タイプで、トイレのような狭い場所でも安心して使用できます。

取っ手付きで持ち運びも簡単なため、複数の場所で使用したい方におすすめです。最大出力500Wの5枚フィンで、ふく射熱を利用しながら空間全体を穏やかに暖めます。脱衣所で使えば、寒い季節のヒートショック対策に繋がるでしょう。

使用する部屋の広さは木造なら約1.2畳、コンクリートなら約1.7畳に適しています。広いリビングよりも、脱衣所やトイレといった狭いスペースで使うのが最適です。温度を一定に保ちながら、暖まりすぎを防ぐサーモスタット機能を搭載。転倒時は自動的に電源が切れる安全機能もあり、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

おすすめ⑧

  • DeLonghi(デロンギ) 
  • オイルヒーター JRE0812

  • 税込み29,720円
  • 新L字型フラットフィン採用!安全なチャイルドロック機能付き

  • 従来より1.4倍に広げた、L字型のフラットフィンを採用しています。チャイルドロック機能搭載でボタン操作を無効にできるため、小さなお子様がいる家庭でも安心です。

電力レベルは1200W・700W・500Wと3段階から選択できます。最適な温度を自動選択するECO運転モードは、約20%の節電になるためおすすめです。平均表面温度は約70℃で、床から天井まで部屋全体をじわじわと暖めます。起床にあわせて24時間タイマーを寝る前に設定すれば、冬の朝も暖かい部屋で快適です。温風をださないので、寝ている間に乾燥して喉が痛くなることも防げます。

8〜10畳までのリビングや寝室、勉強部屋に最適です。8畳なら30分・10畳なら60分で、8℃から20℃まで暖まります。簡単に持ち運びしやすいキャスターが付いているため、使う場所を臨機応変にできて便利です。

おすすめ⑨
  • iimono117(いいものいいな) Bandiera
  • オイルヒーター

  • 税込み12,980円
  • 細かな温度設定!3段階の出力調整でじんわり暖か

  • 電力レベルは1200W・700W・500Wの3段階。脱衣所のような狭い場所では500W、はやく暖めたいときは1200Wといった用途にあわせて使い分けられます。

S型フィンは厚みがありオイルがたくさん入っていて、一旦暖まれば電源を消してもすぐに冷えることはありません。11枚のフィン内部に密閉されたオイルが暖まり、壁や床を伝って部屋全体に熱を送る暖房方式です。火を使わないので、お年寄りや小さい子供がいる家庭におすすめします。誤って転倒させた場合も、自動的に電源が切れるため安心です。

自動温度調整機能により、ちょうどいい暖かさを継続します。エコモード機能を使えば、設定温度からわずかに下回る設定で運転可能です。暖めすぎを防ぐほか、省エネ効果も期待できます。本体下部に電源コードをぐるぐる巻ける部分があり、収納する際も邪魔にならずスッキリ。キャスターが付いているので、移動もらくらくです。

おすすめ⑩

  • DeLonghi(デロンギ)
  • オイルヒーター JR0812-CR

  • 税込み21,800円
  • 丸みのあるエレガントなデザイン!即暖性に優れたオイルヒーター

  • 安全性を高めたフィンとインテリアになじむデザインが評価され、グッドデザイン賞を受賞。すぐ暖めたいときに便利な1200Wタイプの商品、8〜10畳の部屋に最適です。

L字型フラットフィン採用で、従来よりも表面積が1.4倍に増加しました。平均表面温度は約70℃のため、一瞬触れただけでは火傷しません。約80℃以上の異常過熱を検知すると、自動的に電源が切れる安全プラグが搭載されています。万が一の発火事故や、暖めすぎを防ぐ心強い機能です。

24時間タイマーは、タイマー運転・通常運転・一時停止の3モードへ切り替えられます。寝る30分前に部屋を暖めておきたいといった、生活サイクルにあわせて使えて便利です。8畳なら30分・10畳なら60分で、8℃から20℃まで暖まります。

おすすめ⑪
  • 千住 TEKNOS(テクノス)
  • オイルヒーター(デジタル表示))TOH-D1102K

  • 税込み14,080円
  • 熱効率のいいS字フィン採用!タッチパネルで操作も簡単

  • 表面積の広いS字フィンを11枚搭載し、効率よく部屋を暖めます。デジタル表示で設定温度やモードの確認がしやすく、誰でも簡単に操作できるオイルヒーターです。

操作はすべてデジタル表示パネルで行うため、スイッチのオン・オフや温度設定で迷うことはありません。25℃設定で運転するエコモードもワンタッチ。電気代は1200Wで1時間約32.4円で、シーンに応じて500W・700W・1200Wと3段階で切り替えできます。木造住宅なら約8畳、マンションなら約10畳に対応し、リビングや寝室、一人暮らしの部屋にちょうどいいサイズです。

操作パネル上部に取っ手が付いて、電源コードを巻きつけて引っ張れば移動も簡単。幅25cm×奥行56cm×高さ64cmのスリムボディで、置き場所にも困りません。転倒時の自動スイッチオフ・チャイルドロック機能付きで、万が一の備えや子どものいたずら防止にも安心です。

おすすめ⑫
  • スリーアップ
  • Hidamari マイコン式オイルヒーター OHT-1556

  • 税込み16,280円
  • 静かな陽だまりの暖かさ。赤ちゃんやペットも安心

  • 8枚フィンから出るふく射熱が、自然な暖かさを部屋中に届けます。静音性に優れ乾燥も少ないため、赤ちゃんが寝る部屋や音に敏感なペットの留守番時の使用でも安心です。

約3畳〜8畳の広さを暖め、脱衣所から寝室、子供部屋の使用に向いています。エアコンやファンヒーターのように温風でホコリや花粉、ペットの毛を巻き上げないため、アレルギーや喘息を持つ人が使える安心設計です。付属のハンガーに濡れたタオルを掛けて運転すると加湿もできます。

パネル操作で設定もしやすく、電気代が気になる人にうれしいエコモードも搭載。付属のリモコンを使えば、離れている場所から温度調整できます。幅25cm×奥行39cm×高さ65cm、重さ10kgのコンパクトサイズで、赤色が目をひくレトロかわいい見た目も魅力的です。

おすすめ⑬
  • ユーレックス 
  • オイルヒーター VF11ES

  • 税込み28,690円
  • エコモード搭載!オートパワー切替で省エネ効果抜群

  • ボタン操作ひとつで、設定温度よりも1℃低くコントロールしながら運転します。温度差を検知し、±1℃以内の室温を持続。エコにつながるほか、賢く節電も可能です。

電力レベルは1500W・900W・600Wの3段階から。はやく部屋を暖めたいときは、1500Wで運転するのがおすすめです。本体にはフィンが11枚採用され、即暖性に優れているのが特徴です。4〜10畳タイプで、脱衣所やトイレといった狭い個室から、リビングや寝室のような広い部屋も暖め可能です。

高感度室温センサーが搭載されていて、14℃〜26℃の希望室温を指定できます。温度を上げたり下げたりしなくても、自分好みの室温を維持してくれて快適です。側面ではなく上部に操作ボタンがついているので、腰をかがまず立ったまま設定できます。お年寄りの方でも楽な姿勢で操作できて簡単です。

おすすめ⑭

  • DeLonghi(デロンギ)
  • マルチダイナミックヒーター MDHU15-BK

  • 税込み39,800円
  • 32通りの調整機能搭載!秒単位で快適温度に

  • 発熱による室温の変化を敏感に察知します。32通りの細やかな自動温度調整機能で、設定から±0.5℃の快適な空間を保ちます。暖めすぎを防ぎ、電気代節約につながります。

電力レベルは300〜1500Wの5段階から切替可能です。外気温5℃の部屋(11畳)でも、わずか25分たらずで20℃まで暖まります。最大1500Wというパワフル仕様ながら、平均表面温度は約60℃。触れてもやけどしにくい、デロンギだけの先進技術です。一度暖まれば電源を切っても快適温度が続く商品。24時間タイマーをライフスタイルにあわせて使いこなし、節約効果をアップさせましょう。OFFの時間を早めに設定して、無駄を省くのがおすすめです。

フィン上部は指が入らないように、メッシュ構造でカバーしています。さらにチャイルドロック機能が搭載されているため、小さな子供がいる家庭も安心して使用できます。運転音は冬の寒い日にフル稼働させても、ほとんど何も聞こえないレベルです。10㏈の呼吸音を下回る静音性を実現しました。静かなので寝室はもちろん、勉強や映画鑑賞といった集中したいときにも使えます。

おすすめ⑮
  • 山善(YAMAZEN)
  • オイルヒーター DO-TL124

  • 税込み10,980円
  • 最大1200Wで部屋全体を暖め!24時間入切タイマー機能付き

  • 電力レベルは500W・700W・1200Wの3段階から選べます。24時間タイマー搭載で、電源のON/OFF予約が可能。事前に部屋を暖めておきたい場合に便利な機能です。

木造なら6畳、コンクリートなら8畳の部屋に適しています。電気料金目安単価27円/1hを基にすると、温度調整機能が作動していない500W時で約14円/1hです。700Wの場合約19円/1h・1200Wでも約32円/1hと、毎月にかかる電気代が低いことがわかります。電力レベルが3段階に切り替えられるため、使用シーンにあわせて節電したい方におすすめです。

お年寄りや女性の方でも簡単に持ち運びできるように、キャスターが付いています。万が一転倒させてしまっても、自動的に電源が切れる安全な仕様。チャイルドロック機能も搭載し、小さい子供やペットによる誤作動を防ぎます。

まとめ

温まりながらくつろいでいる写真

オイルヒーターの選び方はシンプルで部屋の大きさや目的さえ明確にすれば、あとは自分の好みにあった機能を選ぶだけです。オイルヒーターのある部屋、エアコンのある部屋に分けるなどすれば効率よく冬を乗り切れます。

おすすめの製品で選んでもよし、好きなメーカーで選ぶもよし、悩んだ上に選んだオイルヒーターが届くのが楽しみですね。今年の冬はお気に入りの1台を手に入れて、自然な”ぬくもり”を手に入れましょう!

こちらの記事もどうぞ



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!