【2021年】オイルヒーターのおすすめ14選!節約方法・買い替え時期も解説

Moovoo編集部
2021-11-09

オイルヒーターは空気が乾燥しにくいうえ部屋全体を均一に暖めるので、冬場の暖をとるのにとても優れた暖房器具です。しかし、どの製品も同じような形で、選び方に悩む人もいるのではないでしょうか。

この記事ではオイルヒーターの選び方を解説、人気のおすすめ商品も厳選して詳しく解説します。


オイルヒーターとは

オイルヒーターは電気を動力に、容器内で難燃性のオイルを暖めて、フィンと呼ばれる機器表面の何層にもなっている部分から放熱させることで、部屋全体を暖めます。

エアコンや石油ストーブといった暖房器具よりも、部屋の空気や湿度を保ちつつ暖めることができます。冬場の体調管理にも役立つ暖房器具といえます。

オイルヒーターを窓際に置いている写真

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターは、やわらかく自然な暖かさを感じられます。他の暖房器具と比べると速暖効果は低いですが、安全性が高いため、小さなお子様やペットがいる家庭におすすめです。

温風をださないためハウスダストなどで空気が汚染されることなく、乾燥しにくいという特徴もあります。静音性にすぐれ、オイルやフィルターなどのメンテナンス要らずというのもうれしいポイントです。

オイルヒーターの注意ポイントや置き場所について

オイルヒーターは、こたつ・電気カーペット・エアコンの弱運転と比較をすると、1時間あたりの電気代が高くなりがち…。しかし、効率よく使えば節約は可能です。

主には、エコ機能や便利機能を使うことで電気代の上昇を抑えることができます。置き場所は、熱の逃げやすい窓際にしましょう。そうすれば、部屋全体をムラなく暖めることができます。窓に断熱シートを張るのも効果的です。

また、オイルヒーターは電源を入れるときなどに、オイルが弾ける音がします。これはオイルが機器内に通っている証拠なので、オイルヒーターの仕組みとして認識しておきましょう。

マルチダイナミックヒーターとの違い

デロンギなど、一部メーカーではオイルヒーターのシステムと似た、マルチダイナミックヒーターと呼ばれる製品があります。フィンの内部にオイルではなく、モジュールという装置で熱を与え、部屋を暖めます。

オイルヒーターの選び方

オイルヒーターの画像

それではオイルヒーターの選び方を紹介します。基本性能・エコ機能・便利機能に注目すれば、ピンポイントに欲しいものを選ぶことができます。

使用する部屋の広さ(畳数)で消費電力を選ぶ

まずはオイルヒーターを使用する部屋の大きさで選びましょう。部屋の大きさは平米数ではなく、畳数が使われることが多いです。

部屋の大きさがわからなければ、手順通りに計算してみましょう。

①縦〇m×横〇m=平米数(㎡)…部屋の縦・横の長さをかけて平米数を出す

②平米数×0.3025=坪数…平米数に0.3025をかけることで坪数を求める

③坪数×2帖=畳数坪数に2帖をかけることで部屋の畳数がわかる

このように畳数を求めることができれば、平米数や坪数で製品を出しているメーカーでも探しやすいですよ!

部屋の大きさ=消費電力です。500W・900W・1200W・1500Wの4種類から、部屋の大きさに合わせて選びます。

~3畳まで…消費電力500Wのモデル(トイレ・脱衣所などに)

6~8畳...消費電力900Wのモデル

8~10畳…消費電力1200Wのモデル

10~13畳…消費電力1500Wのモデル

適切な大きさのものを選ばないと、暖房効率が悪くなったり、電気代が高くなるなどの原因にもなります。

フィンの枚数・形状で暖かさが決まる

オイルヒーターの画像

部屋の畳数や消費電力が決まれば、次は暖かさにかかわるフィンの形状と枚数です。フィンの枚数で選ぶというよりも、消費電力が大きいほど枚数が多くなります。選ぶときには畳数・消費電力さえ間違えなければ、適切なフィンの枚数が付いてきます。

フィンの形状は様々で、基本的には独立して並んでいるものが一般的です。安全に配慮したモデルや上位機種には、フィンの隙間にメッシュを施した形状が使われています。小さな子供がいる家庭におすすめです。

温度調節やエコ運転機能で選ぶと電気代を節約できる

温度調節やエコ運転機能があれば、温度の上がりすぎをおさえて電気代を節約できます。代表的な機能は24時間タイマーとエコ運転機能です。2つを組み合わせることで、電気代を約58%おさえられるモデルもあります。(※以下、デロンギ製品の事例)

24時間タイマー機能で暖めておきたい時間を指定しタイマーをセットできる

エコ運転機能が搭載されていれば20%の節約ができる

・部屋の大きさによって消費電力を切り替えられる電力レベル切り替え

こうした機能を組み合わせて使い、寒い冬を乗り切りましょう!

子供がいる家庭では安全性能の高いものを!

オイルヒーターはもともと安全ですが、状況に応じてより安全性能が高いものを選ぶことが可能です。

ボタン操作を無効化できるチャイルドロック機能がついていたり、転がりを防止してくれるキャスターロック機能など製品によって様々です。

ここではデロンギの製品で使われている機能を参考に、代表的な安全性能を紹介します。

60℃/70℃/80℃などフィンの形状から選べる(温度が低いほど安全性が高い)

・小さな子供がいる家庭ではチャイルドロック機能でボタン操作を無効化

・隙間に指を入れられない形状のメッシュ構造はケガの防止になる

キャスターロック機能で本体の転がりや転倒を防ぐ

上位機種になればなるほど安全性も高いですが、子供が手を触れないような工夫をすればエントリーモデルでも十分でしょう。

便利な付加機能で選ぶ

最後は必要に応じて、付加機能で選びます。安全性能やエコ機能で決まるといっても過言ではありませんが、リモコンやキャスター付きなど、付加機能があると便利です。

・手放せない家事や仕事の最中に遠隔操作ができるリモコン

キャスターがついていれば部屋の移動が楽にできる

・部屋の移動時や引っ越しに役立つ収納式コードホルダーとリモコンホルダー

トップハンガー(別売り)をオイルヒーター上部に取り付けて服を温める

オイルヒーターの処分方法は?

オイルヒーターの画像

オイルヒーターを購入する際は、不要になったときの処分方法も考えなくてはいけません。メーカーにリサイクルしてもらったり、必要な人に譲るなど廃棄する以外の選択肢もあります。

状況に応じた処分を、検討してみてはいかがでしょうか。

処分方法
粗大ごみ回収で引き取ってもらう(排出不可能な自治体もあるので要確認)
・正常に動作するのであればリサイクルショップでの買取や無料引き取り
メーカーに引き取ってもらいリサイクルに役立てる(送料がかかることあり)
オークションやフリマアプリを利用する

オイルヒーター人気メーカーの売れ筋商品

数あるオイルヒーターの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの売れ筋製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

PICK UP①
  • デロンギ(DeLonghi)
  • ヴェルティカルド オイルヒーター RHJ21F0812

  • 税込み21,636円
  • 8~10畳におすすめの1200Wモデル

  • 消費電力は1200Wで、リビングや寝室に向いています。1200W・700W・500Wの3段階に切り替えられるため、エコ運転が可能です。

フィンの表面は約80度と、触れてもやけどしにくい低温設計です。24時間の電子タイマー付きで、30分刻みで暖房のオンオフを予約できます。生活スタイルにあわせて使用したい方に適しています。

ケーブルホルダーと操作パネルを一体化した縦長デザインでスタイリッシュな印象です。温度設定はダイヤル式のため簡単に操作できます。適温になると電源がオフになり、冷えると自動でオンになる仕様です。

PICK UP②
  • デロンギ(DeLonghi)
  • アミカルド オイルヒーター RHJ35M0812-DG

  • 税込み27,700円
  • フィンの表面温度は約70℃、やけどしにくい安全設計

  • 表面積を従来モデルの約1.4倍に広げた新L字型フラットフィンを採用。触れてもやけどしにくい約70℃の低温仕様です。

1200Wのハイパワータイプで、寝室や勉強部屋におすすめです。8畳の場合30分、10畳なら60分で暖まります。エコ運転モードを利用すれば、自動で最適な電力レベルを選択する優れものです。

安全性とデザイン性を両立し、2018年度グッドデザイン賞を受賞。表示と操作が連動するディスプレイノブを搭載し、直感的に温度やタイマーの設定がしやすいのが特徴です。チャイルドロック機能付きで、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

PICK UP③
  • デロンギ(DeLonghi)
  • オイルヒーター RHJ01A0505-DW

  • 税込み9,418円
  • 脱衣所やトイレにぴったりな小型サイズ

  • 幅17.5×奥行37.5×高さ38.5cmとコンパクトで、小さめの個室に適しています。重さは5.5kgと持ち運びやすく、移動させるのも苦になりません。

安全性に優れたL字型フィンを採用し、表面温度は約70℃と低温です。フィン間は4cmと短く、フラットな形状でエッジ部がありません。温度差の大きい場所に置いておくと、寒い日も快適にすごせます。

好みの室温になったら温度設定ダイヤルをとめれば、自動的に電源のオンオフを繰り返して適温をキープします。コンセントとの接触不良や異常過熱を検知した場合は電源がオフになる仕組みです。

PICK UP④
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付き KIWHH-1212D

  • 税込み18,100円
  • うつくしい曲線のウェーブフィンを採用

  • 独自の波型フィンを12枚搭載し、部屋全体をやさしく暖めます。タオルハンガー付きで、熱を利用して衣類も暖められるのが魅力です。

電源コードは本体に収納でき、見た目がすっきりします。キャスター付きのため、収納や移動の際も楽々です。出力は3段階に切り替えられ、寒さにあわせて調節できます。

転倒時自動オフ機能や過熱防止機能といった安全装置を搭載。タオルハンガーの耐荷重は片側2kgと頑丈です。木造住宅なら約6畳、コンクリート住宅なら約8畳までの広さに対応します。

PICK UP⑤
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • オイルヒーター ストレートフィン IOH-1208KS

  • 税込み9,580円
  • ヒーターの強さを3段階に調節可能

  • 1200W・700W・500Wの3段階に切り替えられ、高温から低温まで温度を微調整できます。1万円以下と手頃なため、オイルヒーターをはじめて購入する方におすすめです。

8枚フィンで部屋全体をムラなく暖めます。表面温度は75℃程度と安全な仕様。ストレートフィンでシンプルなデザインが特徴です。

和室なら5畳、洋室なら8畳の広さに対応。温度調節はダイヤルを回すだけと、高齢の方でも簡単に操作できます。取っ手とキャスター付きで、リビング・キッチン間を移動したいときなどに便利です。

PICK UP⑥
  • ユーレックス(eureks)
  • オイルヒーター VFX8BH

  • 税込み36,080円
  • 1時間ごとに温度設定ができるタイマー機能付き

  • 8~17時まではオフ、17~20時までは20℃、のように1時間ごとに24時間の温度設定ができ、一日の流れにあわせて使えます。転倒や異常な過熱状態になったときは自動停止する安全仕様です。

大型LCD表示パネルを搭載し、設定温度や現在室温・タイマーの設定といった項目が確認できます。視認性・操作性に優れたわかりやすいデザインです。チャイルドロック機能付きのため、小さな子供やペットがいる家庭に適しています。

高感度室温センサーを内蔵し、14~26℃まで希望の室温をダイレクトに設定可能です。室温の変化に応じて4段階のヒーターモードを自動的に選択。±1℃以内にキープするので快適な暖かさが続きます。

PICK UP⑦
  • ディービーケー(DBK)
  • オイルヒーター DRC121

  • 税込み17,647円
  • デジタル表示のコントロールパネルで簡単操作

  • 見やすいデジタル表示で、周囲温度・設定温度・タイマーのいずれかを一目で確認できます。キャスターと移動用ハンドル付きで設置場所を変えるのも楽々です。

好みの温度を設定しておけば、自動的に強・中・スタンバイを切り替えて運転します。転倒時通電遮断装置や温度過昇防止装置といった安全装備も充実。サーモスタットで部屋の暖かさを一定に保ちます。

移動に便利なキャスターはゴムコーティング仕様で静かです。取り外し可能なタオルハンガーが付属し、洗濯物を乾かしながら利用できます。タイマー設定をしておけば消し忘れの心配もありません。

PICK UP⑧
  • エスケイジャパン(SK Japan)
  • オイルヒーター SKJ-SE120ROT

  • 税込み10,000円
  • 1200Wパワーの10枚フィンで暖かい

  • シンプルで精悍なスタイルが特徴。パネル表面の輻射熱と、10枚フィンからでる対流熱のダブル放熱でゆっくり部屋を暖めます。

500W・700W・1200Wの3段階に出力を切り替えられます。オンオフタイマーは24時間設定でき、無駄な運転をカット。万が一の過熱時に安心の温度ヒューズ付きです。

転倒オフスイッチで、誤って倒した際に通電を遮断します。キャスター付きのため、部屋を移動して使いたい方や掃除しやすい家電を探している方におすすめです。ホワイトとブラックの2色展開で、インテリアにあわせて選べます。

PICK UP⑨
  • テクノス(TEKNOS)
  • オイルヒーター TOH-D1102K

  • 税込み14,800円
  • 表面積が広いS型フィンを11枚搭載

  • 熱効率に優れたS型フィンで、部屋全体が暖まります。デジタル表示パネル付きで操作しやすいのもうれしいポイントです。

消費電力は3段階の切り替え式で、1200Wの場合、1時間の電気代は約32.4円。エコモードやタイマー付きで賢く運転できます。子供のいたずらを防ぐチャイルドロック機能があるのもうれしいポイントです。

自動温度調整機能を搭載し、ヒーターがオンオフを繰り返して部屋の温度を一定に保ちます。転倒すると電源が遮断され、起こして電源ボタンを押すまで動作しない仕組みです。電源コードは側面の収納部に巻き付けてきれいにしまえます。

PICK UP⑩
  • フィフティ(FIFTY)
  • ミニオイルヒーター FL-MOL1YD

  • 税込み5,480円
  • 軽量コンパクト!運びやすいミニサイズ

  • 3.1kgと軽く、取っ手付きで持ち運びやすい商品です。消費電力は500Wのため、脱衣所のような小さめの個室に向いています。

高さ39.5×幅14×奥行26cmとコンパクトで、かわいらしいデザインのオイルヒーター。サーモスタット・転倒時オフスイッチの安全装置付きで万が一の事故を防ぎます。前方後方に支えが1つずつ付属し、倒れにくい仕様です。

PICK UP⑪
  • 山善(YAMAZEN)
  • mill オイルヒーター YAB-H1200TIM

  • 税込み23,800円
  • フィンが見えない丸みを帯びたデザイン

  • フィンを内部に7枚搭載し、デザイン性に優れています。フラットな形状なので拭きやすく、日々の手入れも簡単です。

24時間のオンオフタイマー機能を搭載し、生活スタイルにあわせて効率的に使用できます。おやすみタイマーを使えば、運転・停止の動作をワンタッチで設定可能。転倒時自動オフやオーバーヒート制御機能が安全性をサポートします。

ダイヤルを回すだけで5~35℃に温度を設定でき、自動的に運転を調整する優れものです。LEDディスプレイで確認しやすく、数字が大きく表示されます。両側に取っ手があるため移動も楽々です。

PICK UP⑫
  • ダイアモンドヘッド 
  • ROOMMATE 7枚フィンオイルヒーター RM-94H

  • 税込み6,640円
  • 安全機能付きで子供やペットがいる家庭にぴったり

  • 転倒時自動電源オフ機能や、温度の上がりすぎを防ぐサーモスタット機能を搭載し、万が一の事故を防ぎます。狭い場所に置いても邪魔にならないスリム設計です。

ダイヤル操作で500W・700W・1200Wの3段階に設定可能。7枚フィンを搭載し、和室なら6畳、洋室なら8畳に適した商品です。重さ約6.6kgと軽く、キャスター付きで楽に移動できます。

ホワイトとブラックの2色を展開し、パネル部分の木目が魅力的なデザイン。高さ57.5×幅31×奥行12cmのコンパクト仕様です。脱衣所や洗面所に置いて、寒い季節のヒートショック対策にいかがでしょうか。

PICK UP⑬
  • モダンデコ(MODERN DECO) 
  • SUNRIZE オイルヒーター PULITO zz001

  • 税込み10,998円
  • インテリアと調和するモダンなデザイン

  • 部屋になじむおしゃれなデザイン家電を求める方におすすめ。リモコン付きなので、ソファやベッドでくつろいだまま操作できます。

最大出力1200Wのハイパワーで心地よいぬくもりが得られます。フィンは8枚と熱効率がよく、スピーディーな暖房が可能です。10~30℃までの21段階で温度調節ができ、温度センサーが周辺の室温を感知します。

エコモードを搭載し、無駄な電力消費を防ぎます。主電源スイッチ付きのため、誤って電源ボタンを押してしまっても作動せず安全です。タイマーを利用すれば24時間の運転開始・停止を管理できます。

PICK UP⑭
  • エレクトロラックス(Electrolux)
  • 1200W ComfortHeat700 オイルヒーター EO12D101C0

  • 税込み18,980円
  • 設定温度にあわせて部屋の暖かさをコントロール

  • 500W・700W・1200Wの3段階に出力を設定でき、エコモードが付いています。予約機能を使えば、朝や帰宅時の部屋を暖めておけるので快適です。

最大1200Wの出力で8~10畳に対応します。過熱保護安全装置や転倒時自動オフ機能を搭載した安全設計。子供が勝手にさわっても操作できないチャイルドロック機能付きです。

電源コードをしまえるホルダーがあるほか、埃よけの収納用カバーが付属します。一目でわかる液晶ディスプレイと押すだけの操作パネルで、誰でも使いやすいのが特徴です。10枚のフィンでムラなく一定の温度をキープします。

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの人気売れ筋ランキングはこちらからご覧ください。

まとめ

温まりながらくつろいでいる写真

オイルヒーターの選び方はシンプルで部屋の大きさや目的さえ明確にすれば、あとは自分の好みにあった機能を選ぶだけです。オイルヒーターのある部屋、エアコンのある部屋に分けるなどすれば効率よく冬を乗り切れます。

おすすめの製品で選んでもよし、好きなメーカーで選ぶもよし、悩んだ上に選んだオイルヒーターが届くのが楽しみですね。今年の冬はお気に入りの1台を手に入れて、自然な”ぬくもり”を手に入れましょう!

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

家電

>

【2021年】オイルヒーターのおすすめ14選!節約方法・買い替え時期も解説


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!