moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

デジタル一眼レフおすすめ10選!アウトドアや旅行で大活躍の機種は?

moovoo編集部
2018-10-01
  • LINE友だち追加


大切な思い出をよりきれいに残せる「デジタル一眼レフカメラ」。商品数も多く、どれを購入したらいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、初心者向けと中級者・上級者向けに分けておすすめのデジタル一眼レフカメラを厳選してご紹介します。人気ブランドの商品から定番の人気機種まで厳選しました。ぜひ、参考にしてみてください。

高性能なデジタル一眼カメラがおすすめ!

デジタル一眼レフで撮影する女性

デジタル一眼レフカメラは使い方さえ覚えれば、誰でも簡単に使うことができます。スマートフォンなどのカメラよりも鮮明に撮影できるため、大切な思い出をしっかりと残すことが可能。イベントや旅行などでも重宝するアイテムです。最近では、「Wi-Fi内蔵」や「可動式液晶」など多機能で使い勝手のいいアイテムが増えました。ぜひ、気になる商品を見つけてみてください。

おすすめ一眼レフの選び方

一眼レフは「一眼レフレックス(reflex)カメラ」の略。カメラの内部に鏡が入っており、光を反射させることで魅力的な写真を撮影することができます。最近ではコンパクトさを重視した「デジタルミラーレス一眼カメラ」も登場し、より一眼レフが手軽に持てるようになりました。ただ今回は、「デジタル一眼レフカメラ」のみに着目して、気になる選び方をまずはご紹介します。

持ち歩きやすさを左右する「サイズ感」をチェック

普段からデジタル一眼レフカメラを持ち歩きたい人は「ボディのサイズ」と「重量」をチェックしましょう。重いボディを選ぶと思ったよりも扱いにくく、長時間首からかけていることが辛くなる場合も。バッグに入れておいても重さを感じてしまうので、意外と重要なポイントです。一眼レフカメラは好みのレンズに付け替えられるため、レンズの重さを考慮すると、ボディはできるだけ軽い方がおすすめです。

デジタル一眼レフカメラのサイズをチェックするときには、持ち歩きやすいボディであるのはもちろん、手の大きさに合わせた握りやすい商品を選びましょう。商品によっては、ボディに後付けできるグリップを販売している場合も。しっかりと構えることができるサイズ感のデジタル一眼レフカメラを選ぶことで、ぐんと扱いやすくなります。

「ISO感度」が幅広い商品だとさまざまな撮影シーンで使える

「ISO感度」とは、カメラが感じ取ることのできる光の量を数値化したものです。100~12600など一眼レフカメラにより数値の幅が異なります。ISO感度の数値を低くすると取り込む光の量が少なくなり、高くすると多くの光を取り込むことが可能となります。例えば、夜など光が少ない場所でもISO感度を上げれば、明るい写真を撮影することができるようになります。ISO感度の幅が広い商品を選ぶと撮影シーンが広がり、デジタル一眼レフカメラを使う楽しみが増えること間違いなしです。

大画面で見る機会がある場合は「画素数」をチェック

「画素数」とは、写真を構成する小さなピクセルの数を指します。画素数が大きければ大きいほど、1つ1つのピクセルが小さくなりクッキリとした写真を構成することができます。ただ、最近のデジタル一眼レフカメラはどれも高画質のものばかりなので、液晶画面や家庭用パソコンの画面で確認する分には、さほど変わりはありません。画素数の違いが出るのは、大きな画面で引き伸ばした時や大判印刷をしたときです。

例えば、撮影した写真をプロジェクターで上映するときや、撮影した写真でポスターを作りたい場合には画素数が大きいほうがきれいに仕上がります。また、撮影した写真を加工して使う場合、画素数が高いほうが画像の劣化を防げるためきれいな作品に仕上げることが可能です。

「可動式パネル」や「タッチパネル」は初心者でも使いやすい

初めてデジタル一眼レフカメラを使うときに苦戦するのが、設定の方法。どこを触ればいいのか分からず、断念した経験がある人も多いのではないでしょうか。初心者でも扱いやすいのは「タッチパネル」式の商品です。パネル上で簡単に設定ができるため、難なく覚えることができます。商品によってはパネルをタッチすることで、ピントが合わせられる場合もあります。

また、楽しく自撮りをしたい場合やタッチパネルの映像を見ながら撮影したい場合には「可動式パネル」の商品がおすすめ。パネル部分が180度回転する商品もあり、それであればパネルを見ながら集合写真などを撮影することもできます。手軽に楽しくデジタル一眼レフカメラを使ってみたい人は、このような機能にも注目してみてください。

「Wi-Fi内蔵」の一眼レフカメラはその場で写真がシェアできる

旅先やイベントで撮影した写真を、今すぐにシェアしたいと思ったことはありませんか?「Wi-Fi内蔵」のデジタル一眼レフカメラを選べば、すぐにスマートフォンやタブレット、パソコンに写真を取り込むことができます。専用のアプリを使用するケースが多く事前にダウンロードをしておく必要はありますが、準備さえ完了していればボタン1つで欲しい写真をスマートフォンなどに取り込むことが可能となります。

写真整理や写真のシェアに時間がかからなくなり、その場ですぐに写真をシェアすることが可能、SNSへの投稿も楽になります。タイムラグなく旬の写真がアップできるところもデジタル一眼レフカメラの楽しみ方の1つ。写真をスマートフォンやパソコン、タブレットに移して楽しむ機会が多い人におすすめの機能です。

初心者必見!おすすめのデジタル一眼レフカメラ5選

まずは、初心者におすすめのデジタル一眼レフカメラを厳選してご紹介します。初心者でも扱いやすい機能を搭載している人気機種をまとめてみました。ぜひ、好みのデジタル一眼レフカメラを見つける際の参考にしてみてください。

初めてのデジタル一眼レフは「Canon(キャノン)EOSKissX9」

初めてデジタル一眼レフカメラを使う人におすすめのボディ。女性でも手軽に持ち歩ける約453gの軽量タイプです。3種類のカラーバリエーションから選択できるので、見た目にこだわりたい人にも向いています。

初めての人でも簡単に撮影できる「簡単モード」を搭載。視覚的に分かりやすい操作説明で、タッチパネルに触れるだけで好みの設定ができます。代々人気があるKissシリーズの最新機種で、高感度センサーと高精度なピント合わせができるところも大きな魅力。旅行写真からスポーツ写真までシーンを選ばず使用できます。

発売以来人気が衰えない入門機「Nikon(ニコン) D5600」

Nikonのエントリー機として、初心者でも使いやすいところが特徴。約465gの軽量ボディに片手でしっかりと握れる形状となっており、気軽に使うことができます。撮影の自由度がぐんとアップする「タッチ&バリアングル」機能も魅力的。画面をタッチすることで素早くピントが合わせられる機能や、タッチパネル上でトリミングができる機能も搭載されています。

また、自由に角度が変更できるバイアングルモニターとなっているため、自撮りはもちろん、低い位置や高い位置から角度を変えて撮影することも可能です。ワンランク上の写真を手軽に楽しみたい人に向いているデジタル一眼レフカメラです。

プレミアムエントリー機と呼ばれる1台「canon(キャノン) 9000D」

canonのエントリー機の中でも中級者向けに近い性能を持つデジタル一眼レフカメラ。上級機と同じような「表示パネル」と「電子ダイヤル」を搭載しており、見た目がとてもスマート。初心者向けに「機能ガイド」もついているため、迷わずに使えるところも魅力的です。9種類の記録画質から選択できるので、目的に合わせての撮影も簡単。

また、BluetoothやWi-Fiで常時スマートフォンなどとの接続が可能に。専用アプリを使えば、撮影した写真をすぐにシェア可能。初心者から中級者まで愛用できるデジタル一眼レフカメラです。

コンパクトなママカメラがコンセプト「Nikon(ニコン) D3400」

子供の成長を手軽に撮影できるママカメラがコンセプトのデジタル一眼レフカメラ。丸みを帯びたフェミニンなフォルムと軽量ボディは、運動会や遠足、お出かけに大活躍!「Wi-Fi内蔵」なので専用アプリを使えば、その場で写真をシェアすることが可能。写真に映った感動をすぐに共有できます。

また、「ガイドモード」を搭載しており、シーンに合わせた最適な設定を自動サポートしてくれます。被写体や風景、色味など、それぞれのシーンに合わせた設定ができ、撮ってみたかった写真に簡単に近づくことができます。初心者でもきれいな写真を撮影できる、写真の楽しさを実感できるデジタル一眼レフカメラです。

どんな天候にも動じないタフネスさなら「PENTAX(ペンタックス) K-70」

デジタル一眼レフをアウトドアシーンで使いたい人にはこちら。氷点下10度まで耐えられるボディで、過酷な環境下でも美しい風景をしっかりと収めてくれます。防塵・防滴機能に加えて、耐衝撃性も備わっているので非常にタフ。暗い場所でも被写体を捉える高感度オートフォーカスも搭載されているため、山や海、夜景など風景撮影にチャレンジしてみたい人にも向いています。

高性能を維持しながら軽量化にもこだわっているため、持ち歩きやすいところも魅力的。「バリアングル液晶」搭載で、さまざま角度から撮影することも可能です。

中級者・上級者向けおすすめデジタル一眼レフカメラ5選

次に、デジタル一眼レフカメラを使ったことのある中級者・上級者向けのおすすめボディを厳選してご紹介します。いずれも高スペックで描写力の高いデジタル一眼レフカメラなので、撮影したいシーンに合わせて考えてみてください。

軽量ボディに性能を凝縮した中級機「Nikon(ニコン) D7500」

約720gの軽量ボディに、中級機にふさわしい性能を凝縮したデジタル一眼レフカメラ。1秒のうちに8コマ撮影できる連写機能を搭載し、jpg出力では最大級の100コマまで連写が可能に。一瞬を逃せないスポーツシーンやアウトドアシーンで重宝します。最大ISO感度は51200となっており、使えるシーンが広いところもポイントです。星空や夜景もきれいに撮影することができますよ。

また、扱いやすい「タッチパネル液晶」に「Wi-Fi内蔵」で操作も快適に。じっくりとポートレート撮影をするというよりは、アクティブなシーンで活躍するデジタル一眼レフカメラです。

フルサイズならではの描写力が光る「canon(キャノン) 6D MarkⅡ」

高画質で美しい写真の描写力を追求した、写真上級者にもおすすめできるボディです。「35mmフルサイズセンサー」を使用しているところが特徴。APS-Cイメージセンサーよりも約2.5倍の受光面積があるため、より鮮明でダイナミックな描写ができるようになりました。ISO感度は100~40000までと範囲が広く、ノイズ軽減機能もついているためさまざまなシーンで撮影することが可能に。

また、可動式の「バリアングル液晶」を採用しており、さまざま角度から撮影ができます。タッチパネルになっているため、操作性もバツグン!写真の質にこだわりたい人におすすめのデジタル一眼レフカメラです。

有効画素数4575万画素でドラマチックな描写を「Nikon(ニコン) D850」

中級者・上級者向けデジタル一眼レフカメラ「Nikon(ニコン) D850」は、有効画素数4575万画素に高感度イメージセンサー「裏面照射型CMOSセンサー」を搭載しているところが特徴です。描写力がアップし、より撮りたい写真が撮影できるようになりました。

また、「ピクチャーコントロールシステム」機能が付いているところもポイント。カメラまかせにしておいても、撮りたい画づくりが簡単にできるため、ドラマチックな描写が実現。他にも、自然光でも美しい光に調整してくれる「自然光オート」機能など、理想の写真を作るための機能が充実しています。

入門機を卒業!女性も使いやすいミドル機の代表格「canon(キャノン)80D」

初心者用のデジタル一眼レフカメラでは物足りなくなった人におすすめのミドル機がこちら。canonの初級機に比べてISO感度やシャッタースピード、AFセンサーがグレードアップしており、より高精度な写真を撮影することができます。

画質にこだわっており、どのようなシーンでもノイズを軽減しながら撮影することが可能。「オールクロス45点AF」を搭載し、隅々までピントが合わせやすくなっているのも嬉しいポイントです。さらに、「Wi-Fi内蔵」や「タッチパネル液晶」など使いやすい機能を多数搭載しているところも魅力的。

最高ISO819200の描写力には圧巻!「PENTAX(ペンタックス) K-1Mark II」

鮮やかな色彩と解像度、滑らかな階調と美しいボケ感にこだわった、アートな1枚を写し出すPENTAXの上級者向けデジタル一眼レフカメラです。独自の画像処理システムを搭載することで、ISO感度819200まで対応することに成功。環境に左右されることなく、理想の1枚を追求できます。

また、野外での過酷な環境でも対応できる防塵、防滴性能を搭載。5段階手ぶれ補正もついているため、アウトドアシーンの撮影にも向いています。有効画素数も約3640万画素と大きく、細部まで鮮明に写し出すことが可能に。プロ志向のデジタル一眼レフカメラです。

デジタル一眼レフカメラで思い出を残そう

おすすめのデジタル一眼レフ

今回は、おすすめのデジタル一眼レフカメラを初心者向け、中級者・上級者向けに分けてご紹介しました。初心者でも簡単に扱える商品やコンパクトで持ち歩きやすい商品など魅力的なものばかり。高性能で幅広い撮影シーンに対応できる商品も目立ちました。ぜひ、気になるデジタル一眼レフカメラで、すてきな思い出を残してみてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!