話題のEMSは本当に効果があるのか?実際に体験してみた!

mottty
2018-09-28

「つけるだけ」で、家庭で手軽にダイエットができると話題のElectric Muscle Stimulation(EMS)。

しかし、本当に効果があるのか気になるところですよね。普通に腹筋をするのと何が違うのか、楽に痩せられる方法なんて果たしてあるのか…

疑問を検証すべく、今回は「EMSワークアウトEvolv 新宿」さんにお邪魔し、実際にEMSを体験してきました!


「EMS」についてサクッと紹介する1分動画はこちら

いま話題のEMSって何??

EMSとは、筋肉に直接電気刺激を送ることによって、筋肉の運動を活発化させるテクノロジーのこと。

通常は脳からの指令によって筋肉は運動しますが、EMSでは脳からの指令と同様の刺激を電流によって与えることで筋肉を運動させています。

EMSをつけた20分のトレーニングは、通常のトレーニング3時間分に相当するそう。

今回取材に行ったEvolvさんでは、EMSパッドが20か所に装着されたボディースーツを着用し、トレーニングすることで筋肉に刺激を与える方法を採用しています。

EMSの種類と使用法

まずは、EMSワークアウトEvolv 新宿のインストラクターYUTAさんにお話を聞きました。

Q.EMSは種類がたくさんありそうなのですが、何種類くらいあるんですか?
A.EMSの種類自体は1種類しかありません。筋肉に電気刺激を与えるという基本的な原理は変わらないからです。
ものによって与える刺激の周波数は違います。市販のものは低周波の電気振動を与えていますが、Evolvでは低周波から中周波の刺激をランダムに変化させて電気振動を与えています。複数の周波数の刺激を与えることによってEMSの効果を引き出しています。


Q.どのような使い方をすれば効果は見込めるのでしょうか?
A.トレーニングをしながら筋肉を刺激することが大切です。ダイエットで最も大切なことは、筋肉を動かしたい部分に刺激を与えることで脂肪を燃焼させることです。
EMSをつけてトレーニングすると、電気振動が筋肉収縮運動を助長するので、たった20分の運動で3時間運動した効果を見込むことができるのです。

EMSを実際に体験してみた!

実際にやってみました。

Evolvでは全身スーツを着ます。

胸や腕、腹、腰、背中、太ももなど20か所にEMSパッドがついていて、全身に電気振動が伝わってくる仕組みになっているようです。

電気振動は、インストラクターさんがタブレット端末で強さを調節してくれます。

個人毎、部位ごとに刺激を調節できるそう。初めての人も、慣れている人も、自分の要望に合わせて刺激の強さを調整できます。

感覚は、まさに電気風呂に入っているようなビリビリ感。最初は強度が弱めの振動でも強い刺激を感じます。

部位によって感じる刺激の強さは違いますが、刺激の強さはインストラクターさんが様子を見ながら調節してくれるので安心です。

トレーニングを進めるうちに、インストラクターさんが徐々に電気刺激を強めてくれます。

最終的には最初の強度の2倍程度の振動にも身体が耐えられるようになっていくそうです。

体験させてもらったのは、初心者向けのコース。EMSスーツを着用して、スクワットや腹筋など簡単なトレーニングをしているだけなのに、すごく汗をかきました。

また燃焼効果は、最大48時間継続する「アフターバーン効果」が見込まれるそう。運動していなくても、2日間は脂肪燃焼効果が続くということです。

たしかに、運動を普段あまりしていない私は、2・3日筋肉痛になりました。20分程度のトレーニングしかしていないのに…

効果について

EMSって最近よく聞くけど本当に効果はあるの??

EMSには興味があるものの、足を踏み出していない人にとって、これが最大の疑問なのではないでしょうか。

こちらもインストラクターのYUTAさんにお話を伺いました。

腹筋とダイエット効果

EMSトレーニングを始める人のほとんどはダイエットが目的だそうです。たしかに、ダイエットをする上で一番大切である、筋肉を動かすという点で理にかなっていると思われます。

腹筋運動もEMSをつけることによって、電気振動が腹部に伝わり、腹筋の回数が増幅される効果があるそうです。腹筋20回では100回分くらいの効果に相当するとか。

筋トレ効果

そこで気になったのが、ダイエット目的ではない痩せている人がやっても効果はあるのかについて。

ダイエット目的の人の方が多いですが、筋トレや健康維持を目的としてトレーニングをしている人もいるそうです。

電流で筋肉に刺激を与えているので、筋肉をより鍛える効果も見込むことができます。EMSをつけてトレーニングすると、効果が増すとのこと。

効果的な使い方は??

EMSを装着するだけではなく、身体を動かしながらトレーニングすることが最も大事とのこと。

そして、日常的にやることが大切だそうです。だけど、そのモチベーションを保つのが難しいですよね。

そんな時は、フィットネススタジオに通うのがおすすめ。最初の2・3か月は週に2・3回程度でやっていき、慣れてきたら自分のペースでやっていくと良いそうです。また、休息日を儲けることも大切とのことでした。


EMSワークアウトEvolv 新宿さんでは、トライアルレッスンを受けることができます。

詳しくは↓のページから。現在、キャンペーン中でトライアルレッスンは1回1080円で受講できるそうです。

市販のものってどうなの?

市販のものも使い方次第では効果を見込むことができるそうです。

おすすめ①
  • MTG
  • シックスパッド アブズフィット2

  • 28,380円
  • 世界的サッカー選手のCMで有名なEMS

  • 身につけるトレーニング・ギアをコンセプトに毎日でも使えるデザインと素材感のEMSです。Bluetooth搭載でアプリと連動し続けたくなるトレーニングを提供します。

「SIXPAD アブズフィット2」は薄さ約3mmで柔軟性の高いソフトシリコンを使用しているので、身体の曲線に沿って装着することができ、毎日身につけながらトレーニングができるEMSとなっています。

高電導ジェルシートが電気を均一に身体へ伝え、高い粘着性で外れにくくなっていながら、内部の湿度を一定に保つ性質もあるので汗を吸収蒸発させてムレを防ぎます。充電式で電池交換が不要なので、いつでもどこでも装着可能。

スマホのアプリとBluetoothで連携することで、筋トレを可視化させることができ、継続したくなるトレーニングとなることでしょう。

おすすめ②
  • マクセル
  • もてケア EMS運動器 4極タイプ

  • 15,180円
  • ながらトレーニングで腹筋・太もも・腰を集中的に鍛える

  • 15のトレーニングパターンと15段階の強度を設定できるメニューの多彩さが魅力です。大きめの電極で広範囲の筋肉をカバーするので効率的に筋肉に刺激を与えます。

「もてケア EMS運動器 4極タイプ」は貼ったままで普段通りに生活できるので、何かしながらでもトレーニングできます。

15種類のトレーニングパターンを15段階の強度レベルに変更することが可能。また、筋肉の収縮に効果的といわれる17.5Hzをメインの周波数に採用したトレーニングは、自動的に次のプログラムに切り替わるので、多彩な刺激を筋肉に与えることができます。

大きめの電極面積で気になる部位を広範囲に包み込み、部位全体の筋肉運動をサポートしており、表層から深層の広い範囲の筋肉を同時に使うことで効率的な運動が可能です。

まとめ

EMSの効果を引き出すためのポイントは、「トレーニングしながらの使用を継続」していくこと。

また、市販のものは特定の部位だけの刺激になりがちなので、色々な部位に装着する必要があるとのことでした。

やはり「つけるだけで痩せる」ということはなさそうです。しかし、EMSをつけた20分のトレーニングは、普通にトレーニングした3時間分に相当するというのはとても魅力的。

EMSはダイエットを補助してくれる機材と考え、うまく使用していけると良いですね。

HOME

>

スタイル

>

話題のEMSは本当に効果があるのか?実際に体験してみた!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!