HOME

>

PC・スマホ

>

HUAWEIタブレットの人気おすすめ製品を比較!2018年最新!

HUAWEIタブレットの人気おすすめ製品を比較!2018年最新!

竹澤承太郎
2018-10-05
2018-10-15

HUAWEIのタブレットPCの特徴

HUAWEIのタブレットの全製品に共通する特徴は、格安タブレットとは思えないほどの軽い動作や、Android OSの自由度をしっかりとフルに活かすことのできるハード面のパワーがあげられるでしょう。iPadなどの有名メーカーのタブレットと比べると、全体的にゆったりとはしているというイメージです。しかし、2018年9月現在ではメモリ数が大きいものが低価格帯でも手に入るようになってきており、格安タブレットの購入を考えている方にとっては、間違いなく選択肢の一つとしてチェックしておくべきタブレットメーカーです。

格安タブレットが今、とても流行っています。しかし、ノーブランドの質の悪い中華製品が横行していることもあって、同じく中華タブレット・中華スマホのメーカーであるHUAWEIの製品を購入する際に、どこか警戒してしまう人もいないわけではありません。しかし、HUAWEIはモバイル向けブロードバンド、光ネットワーク製品のシェアが世界一という世界的に有名なメーカーです。特にスマホ業界においては世界シェア3位ということは意外と知られておらず、その高度なテクノロジーがタブレット開発にも活かされています。

HUAWEIタブレットと言えばMediaPad!

HUAWEIのタブレットと言えば、MediaPad(メディアパッド)。これはHUAWEIが独自に開発して販売しているタブレットのブランドで、あらゆるAndroidタブレットの中で最高レベルの処理性能を持つ「MediaPad M5」、価格と性能のバランスに優れた「MediaPad M3」などが業界では特に有名。HUAWEIは格安タブレットのメーカーとしての一面もありながら、実はハイスペックなタブレットも販売しているのです。自分の欲しいスペックと予算を勘案して選べるように、HUAWEIのMediaPadには様々なグレードがあります。

HUAWEIタブレットはテザリングができる!

HUAWEIのタブレットにはテザリングと呼ばれる機能が基本として備わっています。これはWiFiモデルではなくSIMフリーモデルでしか使用できない機能です。このテザリングという機能を使用することで、スマホなどがHUAWEIタブレットを介してWiFiに接続することができるのです。この機能を基本スペックとして兼ね備えているタブレットPCはまだまだ少なく、機能として欲しいと感じた頃に「あ、自分のタブレットってやっぱりテザリング対応してないんだ…」と気付いてがっくりする人も多いです。

しかし、HUAWEIはモバイルブロードバンド製品を精力的に開発している背景もあってか、同社が販売しているスマホやタブレットにはネットワークに関する応用的な機能を持つものが多く、設定の自由度も非常に高いという特徴があります。テザリング機能が使えれば、ポケットWiFiが欲しい場面でその代わりとして使えたり、何かしらの問題でパソコンやスマホでインターネットが使えない非常時に役立てることができます。タブレットを購入する上で「テザリング機能は欲しいか・要らないか」も判断基準の一つになるでしょう。

HUAWEIタブレットのWiFiモデルとは?

Amazonや楽天といった通販サイトでタブレットの販売ページを見ていると、WiFiモデルSIMフリーモデルの2タイプを見かけます。HUAWEIのタブレットにもこの両タイプがあり、その中でもWiFiモデルは「WiFi圏内でのみインターネット接続ができ、電話の機能がないもの」になります。WiFiモデルを選ぶメリットはSIMフリーモデルを購入するよりも数千円浮くということ。そして、SIMを使用しないのでSIMにかかる月々の通信料がかからないというメリットがあります。家でしかタブレットを使用しないという方であれば、こちらを選んだほうが良いでしょう。

HUAWEIタブレットのSIMフリーモデルとは?

HUAWEIタブレットの中でもSIMフリーモデルは、その名の通りどんなSIMでも使用できるタブレットになります。つまり、流行りのYmobileやLINEモバイル、楽天モバイルからUQ mobileまでどんなキャリアも使用できる端末です。WiFiモデルのようにWiFiだけを使用してインターネット接続をすることもでき、こちらにはタブレットながら電話番号も付いてきます。WiFiモデルよりも数千円高額にはなりますが、その分いつでもどこでもポケットWiFiなしでインターネットが使える取り回しの良さはとても便利です。

HUAWEIタブレットはSDカードが使える!

2018年9月現在ではそこまで珍しいことではないかもしれませんが、HUAWEIのタブレットの特徴の一つとしてSDカードが使えるという点があげられます。高級なタブレットでお馴染みのApple社のiPadシリーズは、いずれの製品もSDカードは使用できません。この点はiPadとHUAWEIのタブレットとの差別化点として重視する人が多く、ファイル管理の手軽さが格段にHUAWEIは便利です。そして、挿したSDカードに対して電子書籍を保存したり、大切な写真を移す、ビジネスで使用するドキュメントファイルをバックアップしておいたり、本当に色々なことができます。バックアップの自由度が高いという点は、iPadと比べた場合のHUAWEI端末の大きなメリットと言えるでしょう。

HUAWEIタブレットは故障したら保証は中国?

修理のサポートは日本国内で受けられます。確かにHUAWEIは中国の大企業。もし故障して修理が必要になったら、そのタブレットを中国まで送らないといけないのでは…と考える方がいるのも事実です。しかし、HUAWEIは日本にもHUAWEI japanという拠点があるので、日本での故障修理は日本で対応してもらえます。日本国内でサポートが受けられるというこのメリットは、他の中華タブレットや中華スマホにはなかなかないメリットですね。

HUAWEIタブレットのスペックは高い?低い?

高いモデルも低いモデルもあります。huaweiのタブレットは安いモデルであれば1万円前後で購入できるMediaPad T3などもありますが、このMediaPad T3は「ハイスペック」というよりも「値段の割には超ハイスペック」というイメージで愛されているものです。そして、huaweiも普及価格帯から高価格帯になってくると値段に比例してどんどん高性能なモデルになっていきます。しかし、一番高級なモデルでもMediaPad M5 Pro で5万円(2018年9月現在)とそこまで高額でもないですよね。iPadの最高グレードであるiPad 2 Proが12万円前後であることを考えた時に、iPad 2 Pro は MediaPad M5 pro の2倍以上の価格です。しかし、iPadとMediaPadの性能が価格に比例して2倍性能が違うかと言われれば、間違いなくそれはありえないでしょう。ここまでの性能のタブレットになってくると、ハード面での性能の良し悪しではなくAndroid OSが好きか、iOSが好きかというソフトウェア面での問題が比較ポイントになることが多いでしょう。

HUAWEIタブレットの初期設定は簡単!

HUAWEIタブレットは日本語での表示にも完璧に対応しています。中国が日本人向けに開発しているタブレットやスマホには、一部「明らかに頑張って日本語に訳した感のある日本語」が表示されるものもあるようですが、HUAWEIのタブレットにはそういった日本語の違和感は全くありません。日本人も開発に携わっているあたり、その部分も完璧です。そのため、初期設定も日本語の文章を読み進めていけば難なくできることでしょう。

HUAWEIタブレットの口コミまとめ

SIMフリーの端末が日本で普及してきていることもあって、Androidタブレットの新定番としてHUAWEIのタブレットが少しずつ認知されてきています。これらの口コミの中にもあるように、Android OSのタブレットでここまで価格別にラインナップがあるのはHUAWEIしかないというのが実情です(2018年9月現在)。

HUAWEIタブレットのおすすめ製品比較!2018年版

HUAWEIタブレット「MediaPad M5 Pro」

多少お金を出してでもハイスペックな端末が欲しい方、ゲームをがっつりやりたいという方はこちらのMediaPad M5 Proがおすすめ。HUAWEIタブレットの中でもスペックは最高峰で、コストパフォーマンスのユーザー評価も非常に高いです。HUAWEIタブレットの中でも最も万能と言えるのはこのタブレットで、後になってさらに応用的な活用をしたくなった時にも、持ち前のハイスペックで様々な用途に対応できるでしょう。

HUAWEIタブレット「MediaPad M3 Lite 8 」

価格帯のHUAWEIタブレットで最もおすすめしたいのがこちら。価格は抑えめながらも、32GBのストレージに3GBのメモリとタブレットとして最低限必要な性能はしっかりと兼ね備えています。ゲーマーの方にとっても、一般的な軽いゲームであればしっかりと動作すると評判です。ストレージ量が足りないと感じたら、クラウドストレージサービスを利用するのも手かもしれません。もちろん、SDカードも使用できるのでストレージ量を補う術はいくらでもあります。

HUAWEIタブレットの関連記事

いかがでしたでしょうか。Androidタブレットと言えばHUAWEI。一昔前はお金持ちしか持っていなかったタブレットも、今ではここまで安い価格帯でいいものが買える。とても素晴らしいことですね。タブレットの購入を考えているという方は、HUAWEIタブレットもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

以下の関連記事は、タブレットの選び方や他社のおすすめモデルについてもっと深く解説しているものになります。タブレットに興味のある方でしたら、ぜひとも読んで頂きたい内容となっておりますので、チェックしてみてください。

タブレットの使い道を知りたい・活用方法のイメージが沸かないという方はこちらの記事をご覧ください。

 

安いタブレットにありがちな購入の失敗例と、そこから学ぶ本当に性能が良いと言える安いタブレットのおすすめを知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

 

ASUSタブレットの価格からは想像できない万能さやその他の魅力について詳しく知りたい、おすすめ製品を知りたいという方はこちらをご覧ください。

 

Windowsタブレットのおすすめを見てみたい方はこちらがご紹介していますのでご覧ください。

 

Androidタブレットのおすすめを見てみたい方はこちらをどうぞ。

 


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!