moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

安いのに高機能! おすすめの一眼レフカメラまとめ

ママグロースハッカーズ makiko
2018-10-01
  • LINE友だち追加


安い一眼レフカメラを探しているけれど、最低限のこだわり機能は必要と考えるあなたに。「Wi-Fi搭載」「バリアングル」「ビデオ撮影しっかりできる」「フルサイズ」「とにかく安い」という4つの観点で、それぞれ安さを追求しているモデルを紹介します。

Wi-Fi搭載のおすすめ格安モデル

近年SNSにシェアされている写真が美しく、ご自身も一眼レフで撮影した写真を投稿したいと検討されている方も多いのではないでしょうか?
一眼レフにWi-Fiが搭載されていると、スマートフォンに転送してすぐにSNSへシェアできたり、スマートフォンをリモコン代わりにしてリモート撮影できるなど、何かと便利です。
安いモデルや古い機種にはWi-Fi搭載がない場合もありますので、撮影した写真をSNSへ投稿しようと考えている方は、購入の際に確認が必要です。

Wi-Fi搭載を重視するなら「X90」が安くておすすめ

EOS Kiss X90 一眼レフカメラ

EOS Kissシリーズの中で最も安い機種が「X90」です。
レンズ付きで56,300円と、一眼レフとしてはかなりお安いモデルです。
安価ですがWi-Fi搭載で、撮影してすぐにスマートフォンに取り込みシェアすることができます。
ただし、上位モデルには搭載されているBluetooth機能がありませんので、注意が必要です。
画質は2410万画素と申し分ないですが、光を取り込む能力を表すISO感度が100〜6400と上位機種に比べて低いため、暗いところでの撮影がやや苦手な機種と言えます。
もう一つ上位機種の「X9」と市場価格が3000円ほどしか変わりませんので、予算が許すなら「X9」をおすすめします。
「X9」ですと、背面液晶がバリアングルで動かせるようになり、Bluetooth搭載、ISO感度も100〜25600と上がりますので、画質も使いやすさもぐんとアップします。 
「X9」については、次の項で詳しく綴ります。

「X90」の主な仕様
センサーサイズ APS-C
有効画素数 約2410万画素
ISO感度 100~6400
測距点(AF) 9点
連続撮影速度 最高約3.0コマ/秒
Wi-Fi搭載
背面液晶 固定
質量 約475g
価格(ブラック) 56,300円 レンズキット

バリアングル付きで安いおすすめ一眼レフ

View this post on Instagram

バリアングルの便利さ。 #D5500 #Nikon #バリアングル

S.Øさん(@o3k_s1r)がシェアした投稿 -

液晶背面がくるっと回って自由に動かすことのできる液晶画面のことを、バリアングルと言います。
ハイアングルやローアングルの撮影に便利ですので、人の多いところで遠くのものを撮影する運動会やイベント会場などで重宝する機能です。
また、愛犬や子供など低いところにいる被写体を写すときも、地べたに寝転がらずに撮影できるので便利です。
筆者もコンデジから一眼レフに買い換えたときに、液晶の位置を変えられるようになって便利になったと感じましたので、搭載されている機種をおすすめします。
液晶にはバリアングル方式の他に、上下方向に動かせるチルト式(左右には動かせない)、固定式などがありますので、購入前に確認しましょう。
特に安い機種にはバリアングルが搭載されておらず固定されていることが多々ありますので、注意が必要です。

バリアングル付き!安いだけじゃない高機能な一眼レフ「X9」

EOS Kiss X9 一眼レフカメラ

バリアングル搭載でお安い機種なのですが、この機種はバリアングル以外の機能も充実していてコストパフォーマンスが高いです。
画素数が約2420万画素と高画質で、更にISO感度が100〜25600と高く、暗所での撮影でも明るく写すことができます。
通信機能のWi-Fi、Bluetooth、NFCは搭載されていて、初心者に必要な機能は一通り揃っている一眼レフです。

先ほどご紹介した「X90」は連写のスピードが最高約3.0コマ/秒だったのですが、「X9」は最高約5.0コマ/秒と、連写機能もワンランク上です。

先ほどご紹介した「X90」より価格が3,000円ほど上がりますが、たったこれだけの値段の差で機能が充実するので、おトクな機種と言えます。
ちなみに、カラー展開(ブラック、ホワイト、シルバー)があるのは「EOS Kiss」一眼レフシリーズでこの機種のみです。

「X9」の主な仕様
センサーサイズ APS-C
有効画素数 約2420万画素
ISO感度 100~25600
測距点(AF) 9点
連続撮影速度 最高約5 .0コマ/秒
Wi-Fi搭載
背面液晶 バリアングル
質量 約406g〜約456g
価格(ブラック) 59,304円 レンズキット

ビデオ撮影がしっかりできるおすすめ一眼レフ

実は数世代前のビデオカメラよりも動画の画質が良いと言われる、一眼レフの動画撮影機能。
最近の一眼レフは、フルHD(フルハイビジョン)で撮影できるものが多いんです。
ビデオ機能を重視される方は、ビデオカメラと比較検討される方が多いのではないでしょうか?
ビデオカメラは片手で持ちやすい設計がされていたり、ズームがボタン一つで簡単にできるのに対し、一眼レフでビデオ撮影する場合は主導でレンズを動かしてズームしますので、ビデオカメラと比べると動画撮影は固定して撮影するシーンに向いています。
例えば、youtube用の動画を三脚で固定して撮影する場合、一眼レフを使用すると便利です。
一眼レフ1台でビデオカメラと一眼レフの役割を果たしてくれるので、マルチな能力を発揮してくれます。

安いのに高画質でビデオ撮影できる一眼レフ「D3400」

ニコン 一眼レフカメラ D3400

ニコンの初心者向けモデル「D3400」は、有効画素数2416万画素、ISO感度100-25600と、上位機種と変わらない画質で撮影できるのに安いおトクな機種です。
この機種が安い理由は、Wi-Fiに非対応なところや、背面液晶が固定タイプだというところだと思います。
動画をフルHDで撮影することができ、簡単な操作で雰囲気のある動画を撮影できる「ピクチャーコントロールシステム」が導入されています。
これは撮影前にスタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクローム、ポートレート、風景、(演出を最低限に抑える)フラットなどを選ぶと、イメージ通りの動画を撮影することができます。
Wi-Fiは非対応ですが、ニコンのスマートフォンアプリ「SnapBridge」を使用すればBluetoothで常時接続することが可能です。(自動転送はJPEGのみ)

「D3400」の主な仕様
センサーサイズ ニコンDXフォーマット
有効画素数 約2416万画素
ISO感度 100~25600
測距点(AF) 11点
連続撮影速度 最高約5コマ/秒
Wi-Fi搭載 ×
背面液晶 固定
質量 約445g
価格(ブラック) 44,980円 レンズキット

カメラ好きの憧れ、フルサイズのおすすめモデル

イメージセンサーのサイズは画質に直結します。
センサーサイズが大きいほど、光を多く取り込むことが出来ますので、ボケ感の表現がより豊かに、暗所でもノイズの少ない綺麗な写真を撮影することができるようになります。
一般的に、一眼レフに搭載されているイメージセンサーは「APS-Cサイズ」と「フルサイズ」の二つが主流です。
初心者が購入することの多い初心者向けのエントリーモデルには「APS-Cサイズ」のセンサーが搭載されていることが多いです。
「フルサイズ」は名前の通り最も大きなイメージセンサーを指し、「APS-Cサイズ」はフルサイズの約40%ほどのサイズになります。
そのため、「フルサイズ」の方が画角が広く、「APS-Cサイズ」は画角が狭くなるためフルサイズに比べて被写体に近く感じます。

フルサイズと安さにこだわるならSONYのミラーレス「α7」

ソニー SONY ミラーレス 一眼 カメラ α7

ソニーのミラーレス「α7」は、フルサイズのミラーレスで一番安価なモデルです。
ここに来てなぜミラーレスか?という疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、フルサイズの一眼レフにこだわると、レンズなしの本体価格だけでも10万円を超えるものが主流です。
例えば、キヤノン「EOS 6D Mark II」はフルサイズの最も安価な一眼レフですが、本体価格だけで145,800円。レンズ付きになると199,680円です。(2018年9月現在)
そこで、どうしてもお安くフルサイズのセンサーにこだわりたいなら、ミラーレスがおすすめという訳です。
ソニーのミラーレス一眼なら、一眼レフと比べて安価にフルサイズセンサーのカメラを購入することができます。
フルサイズの中では安価ですが、初心者には申し分のないスペックで、有効画素数は約2430万画素、ISOは100-25600と高画質を実現しています。
また、ミラーレスは名前の通りミラーがないため、構造の違いから軽量なところも魅力のひとつです。
キヤノン「EOS 6D Mark II」が約765gなのに対し、「α7」は約474gと、約291gも違いますので、フルサイズでも軽量が良いという方にもおすすめです。

「α7」の主な仕様
センサーサイズ 35mmフルサイズ
有効画素数 約2430万画素
ISO感度 100〜25600
測距点(AF) 117点(位相差検出方式)
連続撮影速度 最高約2.5コマ/秒
Wi-Fi搭載
背面液晶 チルト可動式
質量 約474g
価格(ブラック) 117,165円 レンズキット

とにかく安い一眼レフを買いたい方へのおすすめ

一眼レフを安く購入したいものの、画質や使い勝手が悪くて失敗・・・なんてことは避けたいですよね。
初心者の方がカメラを購入する際の最も重要なチェックポイントは、有効画素数・ISO・Wi-Fi搭載・背面液晶(バリアングル・固定)が、基本的な画質や使いやすさに直結する部分です。
ご自身に必要な最低限の機能がついているかどうかは、必ず確認して失敗を防ぎましょう。

安くて高画質な一眼レフが欲しい方におすすめ!ニコン「D3400」

ニコン 一眼レフカメラ D3400

とにかく安く一眼レフが欲しいものの、画質のよさにはこだわりたい方におすすめなのがニコン「D3400」です。
先ほど、ビデオ撮影の場面でも紹介した一眼レフと同じものなのですが、低価格にも関わらず上位機種に劣らない有効画素数(2416万画素)とISO感度(100-25600)が魅力です。
連写に関しても、最高約5コマ/秒と安い機種にしては高機能です。
Wi-Fiが非対応で、背面液晶が固定のため、画質以外の部分にこだわりがなければ十分に満足できる1台です。

「D3400」の主な仕様
センサーサイズ ニコンDXフォーマット
有効画素数 約2416万画素
ISO感度 100~25600
測距点(AF) 11点
連続撮影速度 最高約5コマ/秒
Wi-Fi搭載 ×
背面液晶 固定
質量 約445g
価格(ブラック) 44,980円 レンズキット

まとめ

エントリーモデルで価格にこだわって一眼レフを探すと、Wi-Fi搭載の有無や背面液晶が可動できるかどうかなど、画質以外の部分での価格差が多いことがわかりました。
安い価格帯で高画質を目指すなら、筆者のおすすめはニコン「D3400」です。
ただしWi-Fi搭載やバリアングル液晶など、最近の機種に搭載されている基本的な機能を求める方には、キヤノン「X9」がおすすめです。
14,000円ほどの値段の差がありますので、予算に合わせての理想の1台を見つけてください!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!