moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

【2018】アクションカメラおすすめ8選!安い機種から高性能機種まで

Mizuki
2018-11-29
  • LINE友だち追加


一言にアクションカメラといっても、Go Pro、ソニーなどの国内メーカー製、中国製の安い機種などたくさんの種類がありますよね。
購入前にレビューを見ようと思っても、検索して比較するのが面倒…なんてことはありませんか?

そんな方のために、今回はAmazonと価格コムの売れ筋商品のレビューから、各製品の満足度やスペックをまとめました!

goproと風景

アクションカメラとは

アクションカメラは、ビデオカメラと比べると小型で軽量で、多くが耐水・耐衝撃性能に優れているため、スポーツやアトラクション、サイクリングなどのアクティブなシーンや旅行先での撮影にピッタリです!

また人間の体やバイクなど様々なところに取り付けられるため、ウェアラブルカメラとも呼ばれています。
専用アクセサリーに取り付ければ、身体だけでなくヘルメットや自撮り棒、愛犬にも装着可能!

さらに一般的なハンディーカメラよりも広範囲を撮影できるため、普段の一味違った迫力のある写真や動画を撮る事もできます。

アクションカメラのAmazonの売れ筋ランキング上位4機種

まずはAmazon売り上げランキング(2018年10月9日現在)から上位4機種のレビューをチェック!

1.MUSON(ムソン) MC2 Pro1のスペック・レビューまとめ

製品情報
画面サイズ 2インチ
動画解析度 4K 30/4K25 EIS/2K30 EIS/1080P60 EIS/1080P30 EIS/720p 120 EIS
画像解像度 20M/16M/12M/8M/5M
レンズ構成 170度広角レンズ
寸法 59.3×24.6×41.1mm(L*W*H)
言語 日本語/英語/韓国語/中国語など
防水深度 30m
バッテリー容量 1200mAh(2本付き)

格安中国メーカー製のアクションカメラの代表といえばムソン。
Amazon売り上げランキングでは常に一位に見られます!

GoProシリーズと比べると驚きの安さで購入できますが、基本スペックは4K搭載、Wifi対応、リモコン付きなどと十分に満足できるように感じます。


【Amazon評価】
レビュー件数:1,622 / 5つ星のうち4.2
👍夏の海・街中CR・雪山のスキー、どのシーンでも動画の画質は非常によい。
👍外部マイクや様々なアタッチメントが付属している。
👍セットアップが簡単。
👍iphoneで操作や編集できるのが便利。
👎バッテリーを交換すると、日時がリセットされてしまい、設定し直すのが面倒。
👎写真の画質は△で、逆光でのゴースト、ハレーションが出る。
👎手ぶれ補正△
👎音声出力が小さく、プレイヤーの音量設定およびPCの音量設定を最大にしても十分な音量が得られない。

大満足のコスパ

MUSON(ムソン) MC2 Proは何と言ってもGo Proの6分の1以下で購入出来るという安さが特長ですが、「値段の割に十分」「コスパが最高」「期待以上」という声が目立ちました!
動画撮影も、本格的に使用する訳でなければ十分満足できそうです。

音質・静止画撮影については賛否両論

一方で「音質」「静止画」での撮影については低評価を付ける声もありました。
「アクションカメラ入門編」として、初めて使用する方にオススメできそうです!

2.GoPro HERO7 CHDHX-701-FWのスペック・レビューまとめ

go pro hero7の写真
製品情報
画面サイズ 2インチ
動画 4K60
画像 12MP(スーパーフォト使用時)
バッテリー 着脱式 1,220 mAh リチウムイオン充電式
寸法 62.3x44.9x33 mm
本体重量 116g
防水深度 10m

GoProの最新モデル「HERO7」が売り上げ2位にランクイン。

ハウジングなしでも優れた耐久性と10 mの防水性を発揮するほか、ブレを軽減させるHyperSmooth (ハイパースムーズ) 安定化機能、ライブストリーミング と GoPro アプリによるシェア機能、最新のノイズ軽減機能などが搭載されています。


【Amazonレビュー評価】
レビュー件数:6/5つ星のうち4.1
👍HERO6と比較してとにかく手ぶれ補正が◎
👍早送り再生機能の一種「タイムワープ」が面白い。ブレを補正しながらタイムラプスを撮影したような仕上がりに。
👎バッテリーの消耗が激しい。10分の時もあれば1〜2時間で落ちることも。

HyperSmooth (ハイパースムーズ) 安定化機能が高評価!

2018年9月発売のため、レビュー件数は圧倒的に少ないのが懸念点ですが、どのレビューもHyperSmooth (ハイパースムーズ) 安定化機能を高く評価していました。
スキーをしながら、サイクリングをしながら…など動きながら風景を撮りたい人にとっては、この機能はとても役に立ちそうですね!

バッテリーに課題が

但し高性能な分、バッテリーの持ちは良いとは言い難いようです。
コンパクトで便利なアクションカメラですが、バッテリーをいくつも持ち歩くことになると少し厄介ではありますね。

3.MUSON(ムソン)Pro3 のスペック・レビューまとめ

製品情報
画面サイズ 2インチ
動画解析度 4K 30/4K25 EIS/2K30 EIS/1080P60 EIS/1080P30 EIS/720p 120 EIS
画像解像度 20M/16M/12M/8M/5M
レンズ構成 6Gレンズ・170度広角レンズ
寸法 59.3×24.6×41.1mm(L*W*H)
言語 日本語/英語/中国語など
防水深度 30m
バッテリー容量 1200mAh(2本付き)

3位にもムソンシリーズPro3がランクイン!
1位のpro4と同じく、4K搭載、Wifi対応、リモコン付きなどと十分に満足できるスペックはあるように感じます。


【Amazonレビュー評価】
レビュー件数:68、5つ星のうち4.8

👍他の中国メーカー製アクションカメラはマイク端子が付いてないものが多いが、Pro3からは「外部マイク」にも対応しているため、YouTubeにアップするための動画を撮るときにも便利。
👍発色もよく、何よりも軽い。
👍夜間でも高い視認性を確保できる。
👎充電しながらの撮影に向かない。
👎ごく少数ですが、手ぶれ補正機能が働かないという意見も。
👎液晶画面が光ってしまって、見えにくい感じも。

コスパ抜群!

星4.8ととても高評価が並びました!
こちらもお値段以上のコスパということがレビューからわかりますね。

操作も簡単

またレビューを見ていると「初めてアクションカメラを買った」という声も多かったのですが、操作も簡単ですぐに撮影出来るという点は嬉しいポイントだと感じました。

4.APEMAN アクションカメラ 30メートル防水 170度広角レンズ フルHD 1080P高画質 1050mAh電池のスペック・レビューまとめ

製品情報
レンズ フルHD1080P170度広角
画面サイズ 1.5インチ
バッテリー容量 10500mAh
動画解析度 1080P FHD 30FPS / 720P 60FPS /720P 30FPS / WVGA/ VGA
画像解像度 12M 4032*3024 / 10M/ 8M/5M/ 3M/3M/ 2M/VGA 640*480 / 1.3M 1280*960
レンズ構成 6Gレンズ・170度広角レンズ
寸法 60x 42x 25mm
言語 ENGLISH / FRANÇAIS / ESPAÑOL / POLSKI / DEUTSCH / ITALANO /简体中文 / 繁體中文 / PYCCKЙЙ / 日本語 / 한국어 / Cesky / PORTUGUES
録画時間 120分(1080p@30fps)

4位には格安の中国メーカーApemanの製品がランクイン!
1〜3位は4K搭載モデルが並びましたが、こちらは1080Pタイプの製品です。

Amazonレビュー評価
レビュー件数:571、5つ星のうち4.0
👍ボタンが少なくて、大きいので、スノーボードのグローブをはめた状態でも簡単に操作できる。
👍バスタブの中に入れてバシャバシャと動かしてみたが、何の問題もない。
(※カバー付けで防水にしているため、ちゃんとはめ込んで防水しないと浸水する可能性あり)
👍軽いのでヘルメットにつけても重さを感じない。
👎音に関しては、モノラルで音が小さく、とても良い音とは言えないが、無いよりはマシな程度。
👎夜間の映像は暗くなるため向かない。
👎小さい反面、ボタン簡略化に起因する設定変更の面倒さがある。

操作がしにくい…

571件とレビューが多いにも関わらず、高評価が多い印象を受けました。
小さいため持ち歩きや取り付けに便利という反面、操作がしにくいという点は避けられなさそうです。

画質には問題なし

またこちらは1080Pタイプですが、画質が悪いという声はあまり見られませんでした!
上位機種のようなWiFi機能などは搭載されていませんが、試してみる価値はありそうです。

アクションカメラの価格コムの人気売れ筋ランキング上位4機種

次には価格コム人気売り上げランキング(2018年10月29日現在)から上位4製品のレビューをチェック!

1.GoPro HERO7 CHDHX-701-FWのレビューまとめ

Amazonの売れ筋ランキングでは2位にランクインしたGo Pro HERO7がこちらでは1位にランクイン!

価格コムレビュー評価
レビュー件数:8、5つ星のうち4.39
👍4K動画であれば一眼カメラの4K画質(ダイナミックレンジ)にも匹敵するレベル。
👍昼間であれば画質、ブレ補正共にSONYのアクションカムを超えている印象。
👎夜間にはブレ補正が上手く機能しなく、歩行時に多い”縦ブレ”にはまだ弱い。
👎バッテリーは連続で1時間ちょっと~良くて2時間程度しか持たない。
✍️前世代に比べて彩度が上がり、シャープネスも強め、また影を少し潰し気味で、SNS映えを重視したアップデートのように感じた。

定番の優等生

評価項目別に見ると、デザインや画質、機能性、携帯性に関しては星4以上の高評価が並びました!Amazonのレビュー同様、バッテリーの持ちは星2.5、音質は星2.7とあまり評価が高くないような印象を受けました。

使用するときに自分がどの項目を重視したいのかによって、選択基準を定める事が大事ですね!

2.HERO6 BLACK CHDHX-601-FW

製品情報
画面サイズ 2インチ
動画 4K60
画像 12MP
バッテリー 着脱式 1,220 mAh リチウムイオン充電式
寸法 62x45x32 mm
本体重量 118g
防水深度 10m

2位には、1位のモデルの1世代前のGo Pro HERO6がランクイン!

当時新開発の「GP1」プロセッサーが搭載されたことで、4K/60fps、1080p/240fpsの撮影に対応することが可能になったモデルになります。

価格コムレビュー評価
レビュー件数:19、5つ星のうち4.13
👍逆光でも綺麗に写り、テレビに繋いで大画面で見ても綺麗。
👍広角で、魚眼効果(オフもできる)を活かした風景写真、臨場感ある車載動画撮影、タイムラプス撮影、ナイトラプスでの星空・夜景撮影、水中撮影、スローモーションなど、多くの場面で使用できる。
👍GoPro 5Session に比べると手ぶれ補正が強力。
👎手振れはソニーより少し下位。
👎解像度が高くてもノイズはカバーしきれないため、室内での使用には向いていない。
👎新機能のズームの画質はイマイチ。

予備のバッテリーは必須

手ブレ補正に関しては高評価をする人もする一方、ソニーなどの他機種の方が良いと評価する人も見られました。
またHERO7同様バッテリーの持ちはあまり良くないようなので、GoProシリーズは高機能な分、バッテリー予備の携帯が必要不可欠なようです。

1世代前の機種(2018年11月29日現在)になるので、Amazonでは19%オフで販売されています!最新機種にこだわりなければ、高性能なアクションカメラを少し安く購入できるため、検討しても良さそうですね!

3.SONY HDR-AS300

製品情報
サイズ 29.8x59.2x41mm
重量 58g
防水 IPX4相当(生活防水程度)
静止画 記録画素数約1,200万画素相当
動画 有効画素数818万画素

3位にランクインしたのはSONY HDR-AS300
ランキング上位には海外メーカーのものが多い中、今回紹介する中では唯一の国内メーカー製です。

本体は縦型で、レンズの付いている位置が違うのも他の機種との大きな違いですね!


価格コムのレビュー評価
レビュー件数:20、5つ星中4.29
👍手振れ補正の能力はダントツの性能で、GoProを買う理由が見当たらない。
👍バイク取付撮影はブレはほとんどなく、発進の時にわずかに振動を感じる程度で問題ない。
👎画角を確認できる液晶画面が本体にない。
👎スマホ用アプリでの編集に時間がかかるため、ささっとSNSでアップしたい人にとってはgoproのQUIKのほうがいい。
👎サイクリングの際に外付けピンマイクにマイク用の風防を付けたら風切り音は消せたが、素の状態では風切り音を拾ってしまう。

手振れ補正に高評価

空間手ブレ補正に関して、ほぼ全てのレビューで高評価が見られました!
これは一度試してみる価値がありそうです。

液晶モニターがついていない点に注意

本体に液晶が付いていないのが不便と感じる人もみられましたが、スポーツ時に使用するなど、そもそも画面を見ながら撮影するような用途ではないと割り切っている人にとっては問題なく使用できそうです。

SONY HDR-AS300は、以前moovoo編集部でも実際に使用してみたので、詳しくはそちらの記事をご覧ください!

4.Insta360 ONE X

製品情報
レンズ F2.0 200度魚眼レンズ×2
静止画解析度 1800万画素
動画解析度 5.7K:30fps/4K:50fps
バッテリー 着脱式 1,220 mAh
寸法 48(W)×28(H)×115(D) mm
本体重量 115g(バッテリーあり)
連続撮影時間 最大60分

4位には、2018年10月20日に発売されたInsta360 ONE Xがランクイン!

名前の通り360度全方位カメラが搭載されています。
また縦幅は少し大きくなりますが、薄型であるのもinsta360 ONE Xの特徴のようです。

価格コムのレビュー評価
レビュー件数:4、5つ星中4.25
👍360度撮影は見る全ての人を魅了するインパクトがあり、SNSでのシェアも簡単。
👍GoProHERO7よりは音質が良い。
👍自撮り棒を使用してカメラが激しくブレても補正してくれる。
👎シャッタースピードが遅いと画質が極端に落ちるため、暗いところを歩きながら手持ち撮影は厳しい。
👎アプリで動画の編集をすると、出力時間がかなり長い。

手振れ補正が高評価

ジンバルなしでも手ブレ補正してくれる点を高く評価する声が見られました!

素人が扱うには持て余してしまいそうなほどの映像レベルですが、5.7K映像をアクションカメラで撮影できるのは魅力的と言えそうですね。

SNSでのシェアも簡単にできるようなので、360度カメラ撮影した動画で周りをあっと驚かせることができそうです!

現時点では発売して間もなく、レビュー件数が少ないのが懸念点ではあるので今後のレビューにも注目ですね。

編集部から

今回紹介した販売サイト上位の機種でも、見た目や価格、手ブレ、音質など、何を重視するのかによって選ぶ機種も変わってきます。

何を重視するのか、どんなシーンで使用するのかを考慮した上で、今回ピックアップしたレビュー情報をぜひ参考にしてみてください!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!