moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

iPhone8/Xにおすすめなワイヤレス充電器6選!形状、充電速度...何を基準にして選ぶ?

kodai watanuki
2018-08-16
  • LINE友だち追加


iPhone8/Xでも使用できるようになったワイヤレス充電器。最近では形状や、充電速度、充電できる範囲まで様々な性能の製品がでてきています。
せっかく買うなら自分の生活スタイルにあったワイヤレス充電器を選びたいですよね。
何を基準にして選ぶべきなのか。そしてその基準にあったおすすめのワイヤレス充電器を紹介します!

ワイヤレス充電器は製品によって何が違うのか

そもそもワイヤレス充電器ってなに???どんな種類のスマホが使えるの???
という疑問を抱く方はこちらの記事をご覧ください。

さて、基本的な使い方や仕組みについてわかったところで、
今回の記事では「どのワイヤレス充電器が一番性能が良いのか」といった疑問を解消していきます。


まず、ワイヤレス充電器の性能を分けるポイントは大きく分けて3つ。

▶︎形状

▶︎出力電力数(W数)

▶︎コイルの数

この3つの組み合わせ+デザインがワイヤレス充電器を選ぶ際の判断基準となります。
今回は主に性能面からワイヤレス充電器の種類を紹介していきたいと思います。

ワイヤレス充電器の形状

ワイヤレス充電器の形にはパッド型スタンド型の2つのタイプがあります。
以前の記事で使用していたのは全てパッド型で、スタンド型のものはスマホを立てかけて充電できるものです。

パッド型のものと

スタンド型のもの。

それぞれのメリットを比較すると、

▽パッド型
・高さがないため邪魔にならない

▽スタンド型
・充電しながらでもスマホが使いやすい
・縦横どちらの向きでも充電することができる

使ってみたところこんな感じでしょうか。


充電中に全くスマホを触らない人であればパッド型の方でも良いかもしれませんが、みなさん充電中でもスマホを使うはず...
私個人としては、通知に気づきやすかったり、充電器とともにスマホを持つことも便利であるため、
形については圧倒的に『スタンド型』の方をおすすめします。

出力電力数

次は出力電力数について。

『充電器の出力電力(W)』と『スマホ側のどれくらいの電力に対応しているか』によって充電速度が変わります。

▶︎充電器5W ー スマホ7.5W対応 = 5Wの充電量

▶︎充電器7.5W ー スマホ5W対応 = 5Wの充電量

▶︎充電器10W ー スマホ7.5W対応 = 7.5Wの充電量

といった感じ。iPhoneの場合iOS11.2以降だと7.5W充電まで対応しています。 


通常の充電器は一般的に5Wの出力となっていますが、
ワイヤレス充電器は有線に比べて充電速度が相当遅いんです....
5Wのワイヤレス充電器では有線の倍以上も充電速度が遅くなってしまうこともあります...!


そのため、ワイヤレス充電器を選ぶ際はできる限り急速充電可(7.5W以上対応)のものをおすすめします!!!

ワイヤレス充電器のコイルの数

『寝る前に充電器の上に置いていたけど少しずれて充電されていなかった.....!』

『充電できる位置に置くのがめんどくさい!』

など、ワイヤレス充電器を使っていて必ず起きるこの悩み。
それを解決できるのが充電器の『コイルの数』

そもそもワイヤレス充電器の仕組みとしては、充電器の「送電側コイル」がスマホの「受電側コイル」に電磁誘導で電力を送っているという仕組み。
そのため、コイルの位置によって充電できる場所が決まっているのです。

充電器によってはコイルの数が2つ、3つのものがあり、1つのものに比べて圧倒的に充電しやすくなっているので、購入する際には選ぶ基準としてください。

性能の良いおすすめワイヤレス充電器6選

それではコスパがよく、性能が良いワイヤレス充電器6選の紹介です。
選んだ基準としては、私自身ワイヤレス充電器を使っていて不便だと感じたところ

『充電中にスマホを触れない』

『充電速度が遅い』

『充電範囲が狭く充電しにくい』

この3点を解消できる製品として、
上記で説明した、

●スタンド型

●7.5W以上対応

●コイルの数が2つ以上

のものを厳選して紹介いたします!

Seneo Qi充電器 折り畳み式ワイヤレス充電器

最大出力が10W、コイルの数が3つもついている充電器。
充電できる範囲も広いため、少し位置がずれたくらいでは充電が途切れません。

そして、この充電器の一番のポイントは折りたたみ式でパッド型、スタンド型どちらでも使えるという点。
持ち運びにも非常に便利な製品です。

Seneo Qi充電器 折り畳み式ワイヤレス充電器
形状 スタンド型/パッド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 3つ
値段 ¥2,200(税込)

RAVPower RP-PC069

最大出力が10W、コイルの数が2つのRAVPowerのワイヤレス充電器。

充電性能に評判のあるRAVPower。今まではAndroidまでしか急速充電に対応していなかったものがiPhoneでも可能となりました。
艶消しブラックがとてもかっこよく、シンプルなデザインとなっています。

     
RAVPower RP-PC069
形状 スタンド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 2つ
値段 ¥4,599(税込)

Anker PowerWave 7.5 Stand

Amazonランキング大賞2017のバッテリー・充電器部門で1~3位を独占したAnkerによるワイヤレス充電器です。
最大電力10W、コイルの数は2つ。

充電速度は申し分なく、内部の冷却ファンのおかげで耐熱も完備しています。
使用中にわずかにファンの音がするため、神経質な方は気になってしまうかも?

     
Anker PowerWave 7.5 Stand
形状 スタンド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 2つ
値段 ¥4,999(税込)

NANAMI Quick Charge 2.0

NANAMIの急速充電対応のワイヤレス充電器。
最大電力は10Wで、コイルの数は2つ。

スクエア型でLEDランプの幅も広く、非常にスタイリッシュなデザイン。
Amazonでの評価も高く、初めてのワイヤレス充電器として選ぶ方も多いみたいです。

NANAMI Quick Charge 2.0
形状 スタンド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 2つ
値段 ¥2,199(税込)

I.Luxワイヤレス充電器

こちらもseneoのものと同様、折りたたみ式かつコイルの数が3つの製品。
小さく、軽いため持ち運びには申し分なし。
丸みを帯びたデザインのため、インテリアとしてもおしゃれな印象。
しかし、スマホの形を考えると他のものよりも安定しにくいのかもしれません。

I.Luxワイヤレス充電器
形状 スタンド型/パッド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 3つ
値段 ¥2,399(税込)

Xingmeng QI急速ワイヤレス充電器

コイルが2つ、最大電力が10W。
台座部分と、スタンド部分が分かれているため安定性は抜群です。
足元には滑り止めもついているためずれる心配も無い。
値段も安いためかなりコスパの良い製品です。

Xingmeng QI急速ワイヤレス充電器
形状 スタンド型
最大電力(W) 10W
コイルの数 2つ
値段 ¥1,799(税込)

探してみた感想

ブランドごとに急速充電対応のものは出てきていましたが、それプラスで折りたたみ式や、冷却ファンなどの付加価値が付いている製品が多い模様。
今回、安い価格のものから高価なものまで様々なタイプのスタンド式急速充電器を紹介できたのではないかと思います。
値段による違いは製品の持ちの長さや素材、ブランドなどが関係しているようです。

長時間ワイヤレス充電器を探してみて、スタンド型の種類はあまり多くないんだなーと感じました。
しかし、まだまだ発展途上の市場で、iPhoneでも急速充電が搭載されたことによって多くのワイヤレス充電器が今後も発売されてくると思います。

この記事を参考にデザイン、性能ともにご自身にあったものを選んでみてください!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!