moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

飲むのは家だが泡は立つ!ビールに極上の泡を提供する「SONIC HOUR(ソニックアワー)」

makki
2018-03-05
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事から帰ってきて疲れた時に、お風呂上りに、パーテイーで、「あっ、ビール飲みたい!」と思う瞬間は多いのではないでしょうか。
ビールを飲むときに大事なのは何と言っても、泡。
お店で飲むビールのような泡を家の缶ビールでも再現したい。そう思っている方も多いのではないでしょうか。
それなら出しましょう、プロ感。かもしましょう、お店感。

▲「SONIC HOUR(ソニックアワー)」をサクッと紹介する1分動画はこちら

泡を発生させる仕組み

このソニックアワー、どうやら超音波で泡を作る仕組みになっているとのことですが・・・
やり方は簡単。まず本体のトレイに水を入れて、

泡が立たないように注いだビールをセット。
7分目くらいまで注ぐのがちょうどいいです。
ここでポイントなのがグラスの形!底が分厚いものや底面の面積が小さいものだと泡が発生しないのでご注意を。

そしてスイッチを押すだけで・・・
なんということでしょう!!お店のように美しい泡が。
このソニックアワー、缶ビールにも瓶ビールにも発泡酒にも対応しているということで万能すぎますよね。
ただ、泡を立てすぎてしまうとせっかくの炭酸が抜けてしまいますのでお気をつけください。

アウトドアにも活用できる!

乾電池式になっているので充電不要、場所を選べずに使えます!
また、8色LEDライトによる光の演出も綺麗。
キャンプなどでこんなに綺麗に泡のたったビールを飲めるとしたら・・・くぅー、美味しそう!!!
メーカー側の説明によれば、1日10回の使用で、およそ10か月使用できるようで。
毎日10杯!?飲み過ぎには注意ですよ〜

姉妹商品も揃えて使い方を広げよう!

実はこのソニックアワー、ビールアワーシリーズの一つ。
他にも様々なラインナップが用意されているんです。
今回はその中から二つを紹介。

まず一つ目はこちらの「極泡ポータブル」
缶ビール本体にそのままセットすればあとは注ぐだけ。
超音波振動で缶から直接注ぐよりもパワーアップした、きめ細やかで極上の泡が作れます!!
ソニックアワーとは異なって、缶ビールのみに対応しています。
使い終わったら、ワンタッチ分解で簡単に洗うことができますよ。

続いてこちらの「極泡バーサーバー」
机の端に設置すれば、まるでお店にいる気分に。
注ぎスイッチと泡スイッチがそれぞれ別になっていて、オリジナル比率で泡を作れます。
こちらも缶ビールのみに対応。

詳細はこちらから

極上の泡が作れるビールアワーシリーズ、いかがだったでしょうか。
飲むのは家だが泡は立つ!立ちます!作れます!!

【仕様】
ビールアワー極泡ポータブル
商品サイズ W72×H65×D105(mm)
パッケージサイズ W110×H170×D75(mm)

ビールアワー 極泡バーサーバー
商品サイズ W72×H65×D105(mm)
パッケージサイズ W110×H170×D75(mm)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!