サンフランシスコ発・様々な材料で使える家庭用3Dプリンター「TRINUS」

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

サンフランシスコ発・様々な材料で使える家庭用3Dプリンター「TRINUS」

#3Dプリンター
toyocham, fukacham
2016-12-14
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「3Dプリンター」が話題となって数年。
最近では少しメディアで見る機会が減った気がします。

部品、銃、義手、臓器などが3Dプリンターで作れると言われてから、実際現在はどうなったのでしょうか。


今回、サンフランシスコのスタートアップが新たに様々な素材で使える家庭用3Dプリンターを開発。
低価格で高性能がウリの「TRINUS」です。

家庭で使える3Dプリンター「TRINUS」(出典:DISCOVER)

樹脂だけでなく、木材やアルミニウムも

一般的な家庭用3Dプリンターといえば、樹脂というイメージがありますが、樹脂はPLAやABSと呼ばれる種類があるそうです。2つの樹脂素材はもちろん、フレキシブルフィラメント・ポリカーボネート・木材・アルミニウムフィラメントなど、市場に出回る他の材料にも対応。

組み立てが簡単!

3Dプリンターのようなハイテク機器は、通常何百ものパーツからできています。
購入したユーザーはまず始めに、バラバラのパーツの状態で送られてきたプリンターを組み立てなければなりませんが、初心者でも30分で組み立てができるようです。

また、プリントの設計図となる3Dデータ作成のために、簡単に操作できるよう工夫された専用のソフト(Pango)が付属されています。

パーツはたったこれだけ!(出典:DISCOVER)
3Dデータ作成ソフトのイメージ。(出典:DISCOVER)
この精密さ!比較対象は5セント硬貨(直径約20mm)です。(出典:DISCOVER)

チーム名の由来は日本語の「Kodama」から。

Kodamaというチーム名は、小玉さんという3Dプリンター発明者に敬意を払って名付けたこと、
また「木霊」が幸運を運ぶ精霊という2つの意味が込められているそうです。

お値段は…


気になるTRINUS1台の価格は…¥49,000(税込)
PS4の最新型にソフト1本を足した価格と同じくらい。
他の家庭用3Dプリンターと比べても高くないですね。


ということで、初心者にもオススメの3Dプリンター「TRINUS」
これで、好きなパーツや小物作りに勤しめば、あなたもイカしたガジェット通!

製品概要(出典:DISCOVER)
  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!